毎月の返済額が15万円から9万円に減額!

男性
30代男性 会社員
借入理由: 生活費補てん
手続き : 任意整理
ご相談前ご依頼後
借⾦総額 500万円 500万円
毎月の返済額 15万円 9万円
[事例 10]

背景

Aさんは給料が減少したため、その不足分を賄うため、消費者金融から借り始めました。さらに親を介護するときに発生する支出も借入れたため、気が付けば毎月の返済額が15万円にもなっていました。そのような折、インターネットで当事務所のホームページを見て無料相談ができることを知り、思い切って相談しようと思ったのでした。

弁護士対応 - 受任通知を発送、取引履歴を引き直し計算

まずは消費者金融へ受任通知を送りました。その後、取引履歴が届いたので、法定利率に基づき引き直し計算を行いました。

結果 - 毎月の返済額を6万円も減少させることに成功

全9社とも、法定利率内での取引だったため、債務額は減りませんでした。そこで、各社に依頼者の事情を説明した結果、長期分割払いでの和解契約締結に成功しました。そして、毎月の返済金額を6万円も減らすことができました。

弁護士からのコメント

毎月の返済額が15万円にもなっていたため、自己破産などの法的手続も検討しましたが、Aさんの強い希望で、任意整理で解決させた事例です。各社とも取引期間が長かったのと、介護費用での出費が多かった事情を各債権者に理解してもらい、長期分割払いでの和解契約を結ぶことができました。
借入理由は様々ですが、粘り強く交渉すれば、長期分割払いでの和解契約にも応じてくれる債権者もいるので、返済にお困りの際は、まずは当事務所へご相談ください。

解決事例一覧