110万円あった借金が全てなくなり、さらには過払い金200万円までも!

男性
60代男性 年金受給者
借入理由: 生活費補てん
手続き : 任意整理・過払い金返還請求
ご相談前ご依頼後
借⾦総額 110万円 0円
毎月の返済額 2万円 0円
過払い金の回収額- 200万円
[事例 1]

背景

Aさんは、20年前から生活費を補うため、信販会社からお金を借りていました。借り始めた当初は、1か月に5万円ほどを借入れては、翌月に完済していました。
しかし、次第に借入額が増えていき、翌月に完済することもできなくなり、ついには利息分を支払うだけでも厳しい状態になりました。
収入が定年退職後の年金のみで、今後の生活に不安を覚えたAさんは当事務所へご相談にいらっしゃいました。

弁護士対応 - 受任通知の発送、引き直し計算

まずは信販会社(以下、N社と呼ぶ)へ受任通知を送付しました。その後、N社から届いた取引履歴開示書面をもとに法定利率に引き直す計算をしました。

結果 - 借金がゼロに!さらに過払い金200万円を回収

ご依頼いただいた時のN社の借金額は110万円でしたが、引き直し計算をした結果、借金がゼロになりました。しかもそれだけでなく、過払い金が200万円も発生していることが分かりました。その後、訴訟することなく、交渉だけで過払い金を回収できました。

弁護士からのコメント

Aさんは年金生活だったため、月々の返済が厳しく、借金が減らなくて苦しいと悩んでいらっしゃいました。しかし、利息を支払っていた期間が相当長かったため、私はかなりの過払い金が発生しているだろうと予測し、「まずは過払い金調査をしてみましょう」とアドバイスしました。
Aさんからのご依頼後、N社と交渉を進めていったところ、発生している過払い金についてN社の主張額と当事務所の主張額に差がありました。しかし、何度も交渉を重ねた結果、和解を成立させました。
今回のケースと同様、高い利息で長期間の支払いを継続してきた方は、多額の過払い金を回収できる可能性があります。心当たりのある方は、是非とも泉総合にご相談ください。

解決事例一覧