パチンコで膨らんだ借金を個人再生手続で解決

男性
30代男性 公務員
借入理由: パチンコと小遣いの補填
手続き : 小規模個人再生(住宅特例有)
ご相談前ご依頼後
借⾦総額 約1670万円 約300万円
毎月の返済額 約20万円 約5万円
[事例 31]

背景

Aさんは奥様と結婚してから小遣い制となってしまい、小遣いを増やそうとパチンコへ頻繁に通っていました。そしてAさんは小遣いを増やすどころか、借金をしてパチンコに通うようになり、Aさんが相談に来られた時には借金の総額が約1670万円にまで膨らんでいました。
公務員であったAさんは、住宅を購入して家族で住んでいました。Aさんは住宅を残したいと希望され、借金を整理する方法として個人再生手続をご提案しました。

弁護士対応 - ボーナスを活用した家計収支のやり繰りをご提案

公務員であるAさんの収入は安定していましたが、借金の総額が高額だったため、元金を減らす効果が得られない任意整手続での解決は困難でした。そのため、借金を整理しても家を残すことができる個人再生手続がAさんには有効であると判断しました。
しかし、実際の収支を確認すると月の生活費は収入とほぼ変わらない支出でした。そこで、ボーナスも安定して支給されていることから、ボーナスを活用すれば、月の生活費を賄うことができると指導させていただきました。

結果 - 月の収入ではなく年間の世帯収支を裁判所にアピール!1670万円の借金が300万円に減額

裁判所に対して、月の収入ではなく年間の世帯の収支を報告し、年間の収支から算出される余剰金で十分に返済が可能であることをアピールしました。
その結果、裁判所でもAさんの返済能力が認められ、無事に個人再生手続が認可されました。
今回の個人再生手続によって、Aさんの借金は約1670万円から約300万円にまで減額され、これを5年間で返済することになりました。その結果、月々の返済は約5万円となり、Aさんでも十分に支払い可能な金額に抑えることができました。

弁護士からのコメント

Aさんのように月の収支ではなく、見方を変えて年間の収支で見ると余剰が発生する場合もあります。
このように、当事務所では様々な視点から総合的にご依頼者様に合った手続の方針や解決策を導き出します。まずは一度、当事務所へご相談ください。

解決事例一覧