任意整理に関する質問

長期間にわたって、返済せず放置している借金は、返さなくてはいけないですか?

貸金業者からの借金は、最後の支払日あるいは期限の利益喪失日から5年経過すると、また、個人からの借金であれば、10年経過すると、時効によって借金を消滅させることができます。
ただ、これらの期間が経過した後でも、貸主に対して、借金の一部を支払ったり、支払うことを約束してしまうと、借金を時効により消滅させることができなくなってしまいます。ですので、時効の可能性がある場合には、少しでも支払ってしまったり、支払う約束したりしてしまう前に、専門家である弁護士にご相談することをおすすめします。
また万が一、借金の一部を支払ったり支払う約束をしてしまったとしても、貸主が時効期間を大幅に経過した後に、悪質な手口で借主に支払いや支払い約束をさせた場合などは、時効を主張できることもあります。

[質問21]