個人再生に関する質問

住宅ローン自体に滞納があっても、住宅を残したまま個人再生はできるのでしょうか?

滞納が続き、保証会社が代位弁済してから6か月が経過していなければ、利用できる可能性が十分にあります。この条件を満たしているのであれば、たとえば申し立て前に滞納を解消する、もしくは住宅ローンの債権者の協力を得て、滞納分を今後の返済に繰り越ししてもらうことで個人再生を進めるという事例は多いです。ただし、個人再生とは、以降も債権者に対して一定程度の金額を支払い続ける手続です。
住宅を残して個人再生をするということは、今後は再生による債権者への月額の支払いと、住宅ローンの月額の支払いをどちらも行っていくことになるため、手続前の今住宅ローンが払えないということは、個人再生しても住宅ローンを払いつつ月々の支払いもできるのか?と裁判所に疑問を持たれてしまう原因にもなるので、本当に今後の支払いが可能なのか、慎重に検討することが必要です。

[質問58]