費用について


安心明瞭な費用設定
 
ご相談は何度でも無料です

債務整理費用


安心明瞭な費用設定

相談は何度でも無料です!

債務整理のお悩みはお気軽にご相談ください。

自己破産の弁護士費用
個人再生の弁護士費用
任意整理の弁護士費用
過払い金返還請求の弁護士費用
会社破産の弁護士費用

分割払いについて

  • ご依頼後、弁護士が介入すると取り立てなどの督促が止まり、債権者への返済(支払)が不要となります。これにより債権者への返済分を弁護士費用の分割払いに充てられるため、無理なく弁護士費用をお支払いただくことが可能となります。

自己破産

  • 別途、実費2.5万円をいただきます。
  • 管財事件の場合、管財人費用として別途20万円~(東京地裁の場合)が必要です。なお、裁判所や事案内容により管財人費用は変動します。

個人再生

  • 別途、実費3万円をいただきます。
  • 再生委員が選任される場合、再生委員報酬として別途15~20万円(裁判所により異なる)が必要です。

任意整理

  • 別途、郵便切手代などの実費をいただきます。
  • 依頼業者が1社のみである場合は、最低費用額6万円(税抜)となります。
  • 時効援用は、1社につき3万円(別途実費)となります。なお、減額報酬はいただきません。

過払い金返還請求

  • 過払い金返還請求の成功報酬は回収した金額に対しての20%(税抜)となります。
  • 回収した過払い金は、一旦弊所の口座に入金されます。その後、業者毎あるいは最後にまとめて報酬金と実費を精算の上、お客様指定の口座に入金いたします。

会社破産

  • 別途、実費3万円をいただきます。(原則)
  • 管財人費用として別途20万円以上が必要となります。管財人費用は裁判所や事案内容(債務額、債権者数、会社規模、業務内容、休眠会社か否か)に応じて変動します。
  • 会社破産と同時に代表者や代表者のご家族などの破産もご依頼いただく場合には、1名につき弁護士費用として32万円(税抜)、実費として2.5万円(原則)の追加となります。
  • 休眠会社でも残務整理など処理がある場合、または営業中でも資産がない場合など、状況に応じて費用をご提案します。