闇金でお金を借りてしまった…。今すぐ弁護士にご相談ください。

借金

闇金でお金を借りてしまった…。今すぐ弁護士にご相談ください。

「借金の返済日が明日なのに手元にお金がない」「繋ぎ資金がどうしても必要」など、緊急にお金を用意しなければならないという場面に出くわすことがあるかもしれません。銀行や信用金庫から借入をするとなると、通常は審査に時間がかかり緊急事態には間に合わない恐れがあります。

消費者金融であれば審査なしで貸し付けを受けられることも多いので、消費者金融から借入をして当面の危機を乗り切れるかもしれません。しかし、消費者金融も融資可能な枠の限度に達していると、それ以上の借入は困難です。

「銀行・信用金庫もダメ、消費者金融もダメ」と途方に暮れたとき「無審査即日貸付可能」などと書かれたチラシや張り紙、ホームページを目にしてワラにもすがる思いで電話をしてみた……というケースがあります。

そして、そこには大変な落とし穴、いわゆる「闇金」が待ち構えていることが少なからずあります。

今回は「闇金(ヤミ金)」について、弁護士が詳しく説明します。

1.闇金の実態

そもそも「闇金(ヤミ金・闇金融)」とは何なのでしょうか。

闇金とは、出資法違反の高い利率(年利109.5%を超えるもの。貸金業者の場合は年利20%を超えるもの)で利息を設定して貸付をする者を言います。

銀行からお金を借りても通常は利息を付けて返済しますが、利息を取られたからといって「銀行は闇金だ」と考える人はいないはずです。

それは、法律で定められた範囲内であれば貸付に対して利息を取ることが認められていて、銀行や信用金庫などはその法定内の利息に留めているからです。

闇金のように、出資法を超える利率で貸付をする行為は、刑事罰の対象となっていますので、闇金は犯罪となります。

2.闇金の手口

貸金業を行う場合、国または都道府県知事へ登録手続を経ることが必要となります。

しかし、こうした登録を行う闇金は少数です。店舗なども持たず、チラシや貼り紙などで借入を誘うケースが多く見受けられます。

また、連絡先の電話番号が携帯電話であることもしばしば見受けられるケースです。

(1) 貸付時の交付要求

申込者が会社や個人事業主の場合、貸付の条件として手形・小切手を担保として預けることを要求されることや、印鑑登録証明書や白紙委任状と売掛金一覧・債権譲渡通知書の提供を要求されることがあります。

手形で不渡りが出たり、売掛金が勝手に処分されたりしてしまいますと、事業者としては経営存続の岐路に立たされてしまいます。

そのため、何とか闇金に返済をしようとして被害が拡大してしまうことが多く見受けられます。

(2) 貸付方法の多様化

チラシなどを見て電話を掛けてきた相手に貸付を行う方法が一般的な貸付の方法ですが、最近では手口が巧妙になってきています。中には「自分が闇金から借金している」と認識していないケースもあります。

その一例として車金融があります。

車金融の手口として多いのは、借入の申し込みにあたり、免許証、車検証、実印、印鑑登録証明書、住民票などを要求した上で買取か担保を選ぶことになります。

買取の場合さらに2パターンあり、①実際に買取る(名義を業者に移し、完済時に名義を元に戻す=買戻し特約付売買契約)パターンと②車リース(売買契約により名義は業者に移すが業者から借主へのリースという形をとり、引き続き借主が車を利用し続ける)のパターンです。

実際に買い取る場合、査定をわざと低く見積もり交付する金銭を少なくする一方、「査定費用」「名義変更料」などを名目に事実上の利息にあたる金銭を取得する出資法などを潜脱するやり方です。

車リースの場合はまさに、リース料の名目で借主から事実上の高金利の利息を受け取るやり方です。

また、担保提供のパターンの多くは、車を担保として業者に預けることになります。借主は車を業者に預けることになるため、業者から別の車を借り「代車料」を払うあるいは「車保管料」の名目で事実上の高金利の利息を支払うこととなります。

「利息」という言葉が出てこないことから見過ごされがちですが、過去の裁判例でも「実質的な金銭消費貸借契約」と判断しているものもあります。

3.闇金への対応

闇金対応の根幹は「闇金は犯罪なので支払いをしない」というものです。「借りたものは返す」という理屈は一般的には正論ですが、社会正義に反する存在と考えると話は別です。最高裁判所の判例でも元金を含めて一切返済する必要はないと判断が出されています。

もっとも、相手も犯罪行為だと分かっていながら貸付行為をしているわけですから、最高裁判例を持ち出してもあっさりと引き下がるとはかぎりません。

「支払わなければ家族や勤務先にも電話をする」と言って取り立てをやめない姿勢を見せる闇金も少なくありませんし、深夜の取り立てや時間帯を問わない過剰な回数の電話など、しつこい嫌がらせも横行しています。そうなると、個人ではどう対応していいのか途方に暮れてしまうはずです。

そのようなときは、「払って解決」を目指すのではなく、弁護士や警察へ相談してみてください。

4.闇金からの借入でお困りの方は泉総合法律事務所へ

泉総合法律事務所では、これまでに闇金を含めたさまざまな業者からの借入でお困りの方を多数、救済してまいりました。

闇金対応は経験値などによって結果が異なることもありますので、借金問題の対応に長けた弁護士へ相談することをおすすめします。

当事務所には、借金問題の解決実績が豊富にありますので、その点は安心してご相談いただければと思います。まずはお気軽にご連絡ください。

債務整理コラム一覧に戻る