借金返済 [公開日][更新日]

風俗で働いても借金返済はできない?!その理由とおすすめの解決法

女性が手っ取り早く稼げる仕事と言えば「夜のお仕事」を連想する人も多いのではないでしょうか。
特に風俗は高時給で、お金遣いも派手なイメージがあるかもしれません。

しかし、実際は借金返済のために働いている人が多いです。

風俗で働かずに問題解決する方法はないのでしょうか?

1.風俗で働いても実は稼げない?

高時給で大きく稼ぐことができそうな風俗店。人気が出て大きく稼いでいる人もいますが、期待したほどは稼げない人も多いようです。

一体なぜなのでしょうか?

(1) 収入が増えた分使ってしまう

風俗で働くことで、それまで見たことのない大金を手に入れると、大抵は金銭感覚が狂ってきます。

稼ぐことができれば、欲しかったブランドのバッグや靴、洋服、アクセサリーを手に入れ、行きたかった海外旅行に行くだけの収入を手にすることも可能です。

そうなると、好むと好まざるとに関わらず、入店前に比べてお金遣いは荒くなりがちです。

あれほど稼いだのに、気がつくと手元にはさほどお金が残っておらず、風俗をリタイヤしたときには貯金がゼロ、ということも多いのです。

(2) 年齢とともに収入が下がる

風俗嬢は年齢が若く、美貌があり、プロポーションが良いほど待遇が良くなります。
しかし、年齢が上がるにつれ、若い時に比べると待遇は下がります。

実際に風俗店で働く女性を支援する団体「Grow As People」の調査によると、年代別に得られる収入は以下の通りです。(カッコ内は月の平均勤務日数)

  • 18~22歳…81万9200円(16日)
  • 23~27歳…55万8000円(12日)
  • 28~32歳…49万9200円(13日)
  • 33~37歳…39万5850円(13日)
  • 38~42歳…26万6000円(10日)
  • 43歳以上…18万2000円(7日)

ご覧のとおり、風俗店で働くと20歳前後では80万円を超える月収を手に入れることも可能ですが、43歳を超えると平均で20万円も稼げません。

風俗店での仕事は「40歳の壁」が存在し、そこで事実上キャリアが終わるのが現実です。
若いうちはこうした将来も想像できず、目先の収入の良さに安心をしてしまい、長期的なキャリア構築も考えられません。

そうこうするうちに時間が経ち、いざ転職をしようにも、スキルもなく、履歴書の職歴欄を埋めるに埋められないという現実に直面します。

最初は借金返済のためという理由でも、高収入故に止められなくなり、年齢とともに収入が減り、他の仕事にも就けなくなり、最終的に生活に困って生活保護を受ける。これは実際によくある話なのです。

(3) 精神的・肉体的に病んでしまう

風俗店の仕事は非常に過酷です。不特定多数の人に対して性的なサービスをすることは、肉体的なリスクが高く、性病の心配は常につきまといます。

さらに、精神的なストレスも大きく、うつ病を発症するケースは少なくありません。

また、風俗店勤務ということを隠している人が多く、悩みがあっても誰にも相談できず、様々な問題が生じても一人で抱え、精神的に一層追い込まれます。

2.風俗で働かなくても借金問題は解決できる

風俗店での仕事は、最初は稼げても、時間の経過とともにデメリットが生じることがお分かり頂けたと思います。

とはいえ、今現在、返済で追い詰められ、「風俗で働かないと借金が返せない!」という人にとっては、将来のことより目先のお金が大事かもしれません。

ですが、どうしても借金が返せないのであれば、法律的に借金を整理する「債務整理」という制度を利用することを検討してみましょう。

債務整理をすれば、借金を減額したり、全額免除したりしてもらうことができます。
債務整理は主に以下の3種類で、状況に応じて自分にあった制度を選ぶことができます。

(1) 任意整理

任意整理は借金を減額することができる制度で、交渉がまとまれば、これから先の利息を免除してもらうことができます。

ほとんどの場合、元本まで減らすことはできませんが、利息の返済だけでも毎月何万円も払っている人は、任意整理でも随分楽になります。

任意整理とは?

(2) 個人再生

個人再生は借金を大幅に減額できる制度です。債務総額や資産額にもよりますが、およそ1/5まで借金を減らすことができるので、借金額が多い人におすすめです。

個人再生後は3~5年以内に減額後の借金を分割で返済します。
申立てが認められるためには、個人再生後の返済ができる収入があることが条件となります。

個人再生とは?

(3) 自己破産

自己破産をすると借金を全額免除してもらうことができます。破産と聞くと破滅的なイメージがありますが、実はそうでもありません。

自己破産のデメリットは借金を免除する代わりに、財産が没収されることです。
しかし、当面の生活費となる一定の現金は手元に残せます。

自己破産とは?

3.まとめ

借りたお金は返すというのは正しい考えですが、風俗で働いてまで借金払いに奔走する必要はありません。
仮に一時的に稼げたとしても、借金を返せたとしても、身体や精神を病んでしまっては元も子もないからです。

もし今、借金返済のために風俗で働いている、または、これから働こうと思っている人は、どうか一度立ち止まってみてください。

債務整理は借金問題を解決するためのセーフティーネットです。返済で困っていたら、体を張って働くのではなく、こうした制度を上手に利用して生活の再建を目指しましょう。

泉総合法律事務所は、債務整理に強い弁護士が多く在籍し、解決の実績も豊富です。ご相談下されば徹底してプライバシーを守り、それぞれの方の立場に立って親身に対応させて頂きます。

債務整理の相談は無料ですので、お困りのことがあれば、どうぞお気軽にお越し下さい。お金のことは1人で悩まずに専門家と一緒に解決していきましょう。

債務整理コラム一覧に戻る