妻が旦那に内緒で借金を解決する手段とは?配偶者にバレずに債務整理

借金

妻が旦那に内緒で債務整理することは任意整理なら可能!

【この記事を読んでわかる事】

  • 妻が旦那に内緒で借金をしてしまうパターンとは?
  • 借金は何がきっかけでバレてしまうのか
  • 旦那に内緒で借金を解決する手段とは

 

借金が嵩んで返済が苦しいと債務整理を考えますが、旦那に黙って作った借金となれば言いだしにくいものです。

特にエステローンの負債や、ブランド物購入の借金などは、旦那には絶対に内緒にしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

はたして、配偶者にバレない債務整理方法はあるのでしょうか?

1. 旦那に内緒で借金をしている妻は多い

現在は専業主婦で収入がない場合、旦那に内緒で貸金業者から多額の借金をするのは難しくなっています。

なぜなら、2010年に貸金業法が改正されて以来、専業主婦がお金を借りる場合は、貸付上限は夫の年収の3分の1以下で、夫の収入証明や同意書の提出も必要とされるからです。

しかし、それでも旦那に内緒で借金をしている妻は多く、特に以下の2つのケースで借金を重ねがちです。

(1) ショッピングのリボ払い

妻が借金を抱えてしまう原因の1つには、ショッピングのリボ払いがあげられます。お買い物で一括払いにせず、ついついリボ払いを選択している人は要注意です。

リボ払いは分割払いよりも利息の負担が大きく、終わるあてのないリボ払いで借金地獄に陥っている人は少なくありません。

リボ払いについては「クレジットカードのリボ払い〜手数料・利息の罠で借金地獄!?」「リボ払いの借金はどれくらい膨らむのか?数字を使い分かりやすく解説」で詳しく解説しています。

(2) 総量規制外のカードローン

銀行系のカードローンは貸金業法の総量規制の対象外なので、専業主婦でも借金をすることは可能です。

妻は夫から家計管理を一任されているケースも多いので、毎月のやりくりで足りない分をカードローンで補うことも少なくありません。少しずつの借金でも積み重なれば大きな負担となります。

夫に言えないままずるずるその状態を続け、借金が雪だるま式に増えていくケースも多いのです。

しかしいくら旦那に内緒にしていても、永久にこうした状態でいるのは不可能です。

2. 借金がバレるきっかけ

旦那に内緒で作った借金も、ある時を境にバレることは少なくありません。

旦那に借金が分かってしまうきっかけは以下の2つです。

(1) 督促の手紙・電話

借金の返済が滞ると業者から督促の手紙が郵送されます。

また、自宅に督促電話がかかってくることもあるので、それがきっかけとなって旦那にバレてしまいます。

(2) 内容証明郵便

借金の返済を放置していると、当然の話ですが、借金の督促が始まります。それに応じないでいると、強制執行を行う旨が記された内容証明郵便が裁判所から届きます。

普通の日常生活の中で、内容証明郵便が送られてくることは珍しいので、そうした郵便が届くことで旦那が異常事態に気が付き、借金の存在がバレてしまいます。

3. 旦那にバレにくい債務整理は?

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産があります。

もし今現在、旦那に借金をカミングアウトできず返済に困っているのであれば、債務整理手続がおすすめです。

特に夫にバレないようにするには、債務整理の中でも任意整理を検討してみましょう。

(1) 任意整理

任意整理は借金を減額する制度です。内容は利息の引き直し計算および将来利息のカットで借金額を減らし、残額を原則3年(例外5年)で返済する制度です。

任意整理をするには、債権者との和解後に残額を返済ができることが前提となりますが、旦那にバレずに借金を整理する方法としてはおすすめです。

任意整理が旦那にバレにくいのは以下の理由があります。

①弁護士が受任通知を送付すると督促が止まる

任意整理で弁護士に依頼をすると、弁護士が債権者に対して受任通知を送付します。

その後は、貸金業者は督促をストップさせなければなりません。以後は自宅に督促状が届くこともなければ、督促電話に悩まされることもなくなります。

②債権者との交渉は弁護士にお任せ

任意整理で弁護士を立てれば、債権者との交渉は全て弁護士に任せることができます。その後は債権者の対応に怯えるようなこともないので、精神的にもかなり楽になります。

また、業者からの書類は弁護士のところに届けられるようにもできるので、旦那にバレたくない人も安心です。

③弁護士には守秘義務があり、他人に漏れることがない

弁護士には職業上「守秘義務」があるので、任意整理を依頼したことやその内容が第三者に伝わることはありません。

もちろん、旦那であっても情報が洩れることはありません。

④裁判所を通さないから必要書類が少ない

任意整理は債権者と債務者の2者間で交渉を行います。その過程で裁判所を通すことはないので、個人再生や自己破産に比べて必要書類も少ないです。

家族に関する書類の提出もないので、旦那に内緒で手続を行うことができます。

⑤官報に名前が載らない

任意整理は官報に名前が載ることもありません。

個人再生や自己破産では認可されると一定期間官報に氏名、住所が掲載されますが、任意整理はそうした心配は無用です。

官報を日常的に目にしている人は少ないですが、公開される以上は誰かにバレる可能性はあります。第三者から旦那に情報が伝わる可能性もゼロではありません。

その点でも、任意整理は安心です。

⑥過払い金があればブラックリストに載らない

任意整理は過払い金が発生していればブラックリストに載ることもありません。

しかし、過払い金が発生していなければ、もしくは過払い金で残債務を全額相殺できなければ、ブラックリストに載ります。その場合は5年ほど新たに借入ができなくなります。

しかし、本人がブラックリストに載ったとしても、旦那のローンやクレジットの審査には影響しません。

専業主婦の場合は業者の借入可能額も少ないので、任意整理でブラックリストに載ったとしても極端に困ることは少ないでしょう。

唯一心配の点は、任意整理後も減額後の借金は返済する必要があります。その返済途中に何らかのアクシデントが発生した場合、そのタイミングで旦那にバレてしまう可能性はあります。

そうしたことが起こらないように、任意整理後はしっかりと計画通りに返済していくことが肝心です。

(2) 個人再生・自己破産の場合

債務整理は任意整理の他に個人再生と自己破産があります。

旦那に内緒で債務整理をする場合、個人再生と自己破産はあまり得策ではありません。その理由は以下の通りです。

①裁判所への提出書類が多い

個人再生と自己破産は裁判所の認可を必要とします。そのため裁判所に対して多くの書類を提出しなければなりません。

その中には旦那の収入証明書や通帳、旦那本人に関する書類も含まれ、その書類を用意する過程で旦那にバレる可能性が高いです。

②官報に名前が載ってしまう

個人再生と自己破産は官報に氏名・住所の個人情報が掲載されます。

官報に情報が掲載されたことで旦那にバレる可能性は低いとはいえ、少なくとも任意整理よりはバレる可能性は高いと言えます。

③住宅が共有名義なら自己破産はできない

もし住宅が旦那との共有名義の場合は、自己破産を選択することは厳禁です。

所有権が夫婦共有であれば、自己破産の際に自宅売却を余儀なくされる可能性が生じます。

確かに自己破産の場合は借金が全額免除となるので、任意整理のように返済途中で旦那にバレるという心配はなくなります。

しかし、自己破産に至るまでにバレる可能性は高いので、やはり旦那に内緒で債務整理をするなら任意整理を選択することをおすすめします。

4.家族に内緒の借金も泉総合法律事務所へ

このように、旦那(配偶者)にバレないように債務整理をすることは、手段によっては可能です。

そのためには、まずは信頼できる弁護士を探すことが必須でしょう。借金問題でお困りの方は、まずは泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。

当事務所では、任意整理はもちろん、個人再生や自己破産での解決実績が豊富にあります。それぞれの手続にはメリット・デメリットがございますので、ご相談いただければその点について詳しくご説明いたします。

債務整理コラム一覧に戻る