借金返済 [公開日][更新日]

学生が借金を返せなくなったときの解決方法

最近は、学生の人でも借金で悩んでいる人が少なくありません。

学生向けのクレジットカードも広く普及しているため、「クレジットカードの支払い」で毎月首が回らないという人が多いです。また、パチンコやソーシャルゲーム依存から、多額の借金を抱えてしまう若い人も多く見られるようになりました。

返せなくなった借金は、債務整理で解決するのが最も確実です。

しかし、債務整理をすると、「就職に悪影響がでるのではないか?」、「親に知られるのではないか?」、「学生だから弁護士に依頼できる費用がない」といったさまざまな不安もあろうかと思います。

そこで、今回は、学生が債務整理する際の方法や、基本的な注意点について解説していきます。

1.学生の借金の実態

大学生になると、「学生カード(クレジットカード)」を持ったり、新しい習い事や遊びを覚えたりして、ついお金を使いすぎてしまうことがあります。

特に、クレジットカードの利用には注意が必要です。「毎月の返済額が少ない(一定)だから」とリボ払いを多用すれば、利用総額が膨らんでしまうことがあるからです。
リボ払いは、1回払い完済される場合でも手数料が発生するので、かなり不利な取引です。

[参考記事]

債務整理・自己破産でリボ払いの借金地獄から抜け出す!

また、「友人に誘われてパチスロ・パチンコなどにはまってしまった」、「交友関係が広がった」、「彼氏・彼女ができてデート代が必要になった」、「課金ガチャにはまってしまった」、「1人暮らしを始めた」ことから、毎月の生活費が高止まりになってしまうこともあります。

遊びだけでなく、将来に備えてダブルスクールの学費を工面するために、借金してしまう場合もあるかもしれません。

さらに、いわゆる「学生ローン」は、よく知られたアコム、プロミスといった消費者金融よりも審査が甘いことでよく知られています。

2.学生でも債務整理は可能

学生は、社会人に比べて毎月の収入が少ないことが多いでしょう。

当然のことですが、毎月の収入が少なければ、自力で返済できる借金額も少なくなります。
「完済が厳しい」、「毎月生活がギリギリで大変」、「借金(カード利用)残額がなかなか減らない」と感じたときには、できるだけ早く、弁護士・司法書士に債務整理の相談をすることが大切です。 

(1) 「学生」でも債務整理はできる

「借金を延滞してないから」、「学生で働いていないから」、債務整理できないということはありません。

実際には、借金問題は「返しきれない」と感じたときには延滞する前に債務整理することが大切です。

債務整理をしても学校に知られることはありませんし、退学処分になるということもありません。
また、債務整理にかかる費用の工面も、上手く対処していけるケースがほとんどです(債務整理の費用については、最後のQ&Aで詳しく解説しています)。

(2) 債務整理の3つの方法

債務整理というと「自己破産」を思い浮かべる人が多いかもしれません。

たしかに、自己破産であれば、収入が少ない人であっても借金問題を解決することができます。
しかし、学生が自己破産以外の「任意整理」、「個人再生」で借金を解決することは不可能ではありません。

任意整理・個人再生と自己破産との一番の違いは、「借金を分割で返済するかしないか」にあります。

①任意整理

任意整理は、利息を除いた借金の残額を3年から5年の分割で返済します。

「分割返済では今と変わらない」と思う人もいるかもしれませんが、今後の利息を免除してもらえるというところに、大きなメリットがあります。

  • 50万円を年18%の利息で借り入れたときには、毎月7,500円の利息が発生していますので、利息がなくなれば返済総額は大幅に減らすことができます。
  • 90万円の借金が返せないときでも、「5年の分割払い」という条件で任意整理がまとまれば、「毎月15,000円ずつ」の返済で借金を解決できます。

②個人再生

個人再生は、任意整理と自己破産の中間のような手続きです。

たとえば、毎月17,000円~28,000円ずつの分割払いができる方ならば、500万円までの借金なら自己破産せずに解決できる可能性があります。

個人再生では、借金の総額により「最低限弁済しなければならない金額」が決まっており、100万円以上500万円までの借金であれば、100万円を返済することで残額が免除される可能性があるからです。

しかし、学生の場合には、個人再生の利用を勧められるケースはあまり多くないかもしれません。費用が高額な個人再生は、100万円をちょっと超える程度の借金では、任意整理や自己破産よりも費用の負担が大きくなる場合が多いからです。

また、個人再生を利用するためには継続的な収入が見込めることが要件となりますので,短期間や不定期のアルバイトしかしていないような場合は,そもそも個人再生は難しいといえます。

③自己破産

「就職活動がありアルバイトが全くできない」というような場合には、分割払いの債務整理は利用できないので、自己破産で解決することになります。借金が多額すぎるために収入が追いつかない場合も同様です。

自己破産したとしても、「財産をすべて失う」ということはありません。学生の人であれば、自己破産しても「何も財産を失わない」ケースも珍しくありません。
差し押さえる財産がないケースでは、裁判所に納める費用も数万円程度で済む場合があります。

3.未成年の借金の場合

未成年の学生が「親に内緒でした借金」を返せなくなったときには、注意が必要です。

現在の民法では、20歳を成年と定めていて(民法4条)、未成年者は、法定代理人(通常は両親)の同意を得ずに、単独で借金申込みなどの契約をすることができないからです。

同様に、未成年の人は、債務整理する際にも親の同意が必要となります。

(1) 未成年がした借金はどうなるか

未成年の学生が親の許可なく借金してしまった場合には、「借金の申込みをする前の状態」に戻すことができます(民法5条2項)。

借金する前の状態に戻すわけですから、借りたお金は返金する必要があります。ただし、現存利益(現在残っている利益)の範囲で返金すれば良いというのが基本的な考え方です。

(2) 借金を取り消せない場合

未成年の借金であっても、親の許可の下でした借金は取り消すことはできません。たとえば、学生カードの利用分(ショッピング・キャッシング)を取り消すのは難しいといえます。カード申込みの際に親の同意を得ているからです。

また、親の同意がない場合であっても、次の事情に該当するときには取り消すことができません。

  • 婚姻している人の借金
  • 未成年者が法定代理人から独立して営業行為をしているとき
  • 「20歳以上である」と偽って借金をした場合
  • 債権者から「催告権」を行使され返答しなかった場合

最近では、学生起業する人も増えてきています。たとえば、未成年の大学生が興した事業で作った負債を取り消すことはできません。

また、借入時に身分証明書などを偽装して、年齢を偽って借金をした場合にも、取り消すことはできません。

これに対し「催告権」というのは、取り消される側に認められた権利です。簡単にいえば「法定代理人に対して該当行為(借金)を『取り消すのか、取り消さないのか決めて欲しい』と返答を求める権利」のことをいいます。
債権者が設定した1ヶ月以上の期間内に返答がないときには、法定代理人が借金を追認したことになり取り消すことができません(民法20条)。

4.学生の債務整理で知っておきたい4つのポイント

多くの人にとって、債務整理は「初めての経験」です。そのため、さまざまな点に不安を感じてなかなか踏み切れないという人も多いと思います。

そこで最後に、当事務所によせられる実際の相談の中から、よく話題になることを紹介します。

Q.債務整理をしたら就職に影響はありませんか?

A.債務整理をしても就職に影響することはほとんどありません。

債務整理をすると、信用情報に「事故情報」が登録されます。しかし、信用情報を一般の企業が照会することはできません。また、採用の際に信用情報の提供を求められることもないでしょう。

しかし、自己破産すると、一定の資格取得に支障が出る場合があります。たとえば、宅地建物取引士のような資格は、自己破産から復権までの間は新規登録することができないからです。
自己破産後に免責を受ければ、これらの資格も問題なく登録できます。

Q.パチスロや浪費の借金は自己破産できない場合があるときいたのですが?

A.裁判所にきちんと協力すれば自己破産(免責)可能です。

パチスロや浪費を理由に多額の借金を作り自己破産したときには、「免責不許可」となる可能性があるのは事実です。とはいえ、ほとんどのケースで「裁判所の裁量による免責」が認められています。

最終的に免責不許可となるケースは、ギャンブル等の原因に加え、「財産隠し」や「期日の無断欠席」がある場合がほとんどです。

しかし、裁量免責を受けるためには、破産管財人による調査を経る必要があります。そのため、財産が全くない人の場合でも「20万円以上の予納金」を納める必要があります(東京地方裁判所では予納金の分納も認めてくれます)。

Q.親に知られずに債務整理はできますか?

A.誰にも知られずに債務整理することは不可能ではありません。

アルバイトなどの自分自身の収入だけで任意整理可能な場合であれば、誰にも知られずに借金問題を解決することも可能です。弁護士・事務所スタッフには守秘義務があり、ご依頼人のプライバシー保護には最善を尽くします。

ただし、家族が連帯保証人になっている借金があるときには、債務整理によって連帯保証人である家族に債権者から連絡がいきます。
また、個人再生・自己破産するときには、同居の家族の収入証明書を提出する必要があるので、秘密にしておくのは難しいこともあります。

とはいえ、実際に家族に借金を知られてしまうのは、債務整理した場合ではなく「延滞による取立て」を受けたときです。誰にも知られずに借金問題を解決するには、任意整理で解決できる金額のうちに弁護士に相談することが最も良いでしょう。

Q.学生なので、アルバイト代だけで弁護士費用が払えるか心配です

A.分割払いが可能な弁護士事務所がほとんどです(当事務所も対応しています)。

任意整理(個人再生)の場合に「分割払いが2つになる」ことを心配する人もいるかもしれませんが、その点も大丈夫です。

弁護士が債務整理に着手すると、手続きが終わるまでの間借金返済は一時的にストップとなります。債務整理には数ヶ月以上かかるので、この間に弁護士費用については先に分割でお払いいただくことになります。

また、1人暮らしの学生さんであれば、法テラスの民事法律扶助で債務整理費用(弁護士費用分も含まれます)を立て替えてもらえる可能性もあります。法テラスに立て替えたもらった場合には、毎月1万円(もしくは5,000円ずつ)の分割返済となります。

泉総合法律事務所の安心明瞭な弁護士費用につきましては、以下のページをご覧ください。
泉総合法律事務所の債務整理費用について

5.まとめ

借金返済に少しでも不安があるときには、できるだけ早く弁護士に相談することをお勧めします。借金問題は、「延滞したとき」にはすでにかなり深刻な場合が少なくないからです。

借金が増えすぎれば、任意整理が難しくなり、債務整理の費用が高くなります。また、借金が深刻になれば、「延滞による取立て」で予期せぬタイミングで家族に知られてしまうこともあるでしょう。

泉総合法律事務所の債務整理の相談は、初回無料でご利用いただけます。また、学生ローン業者との交渉実績も豊富にありますので、借金の返済が苦しいと感じている方は、当事務所までお早めにご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る