ソフト闇金とは?その実態とリスクについて解説

借金返済


闇金と聞くと「絶対に手を出してはいけない危険な業者」であることは分かりますが、最近ネットで目にするソフト闇金は安全なのでしょうか?

ソフトという言葉からは、闇金よりも利息が安く対応が優しいイメージもしますが、実態はどうなのでしょうか?

ここではソフト闇金の実態とそのリスク、実際に借りてしまったときの対処法について解説します。

1.ソフト闇金とは?

近年、行政から闇金業者への取り締まりが厳しくなり、違法業者も以前のように露骨に悪事を働くことは少なくなりました。

しかし、その代わりに新たにソフト闇金なる業者が登場しています。

ネットで検索するとソフト闇金であることを堂々と標榜して営業している会社も多く、その様子からあまり違法性は感じられません。

しかし、よく見ると利息は違法で、対応も普通の業者とは異なる点が多々あります。

ソフト闇金の特徴は以下の通りです。

(1) 一見親切に対応してくれる

ソフト闇金は一見親切に対応してくれるとことに特徴があります。

近年、闇金に対しては警察の対応も厳しくなっているため、摘発から逃れるために敢えて利用者には親切に接します。

(2) 返済が遅れても少しなら融通してくれる

ソフト闇金は返済が遅れても、少しの期間であれば待ってもらえます。長い場合は1ヶ月待ってくれることもあります。

この点は従来の闇金と異なりますが、長い期間貸して高い金利を取ろうとする点は同じです。

(3) 闇金ほどの厳しい取り立てはない

闇金であれば返済の遅れがあると脅しをかけるなど、厳しい取り立てを行いますが、ソフト闇金は最初の段階ではそうした行為にはでません。

(4) 審査に通らない人でも借りられる

ソフト闇金はブラックリスト期間中の人、総量規制を超えている人、専業主婦など通常の貸金業者では審査に通りにくい条件の人にも積極的に貸し付けを行います。

(5) 利用者と信頼関係を築こうとする

ソフト闇金は利用者に親切な対応をして、信頼関係を築こうとします。中にはプライベートな悩みまで聞いてくれて、借金の相談にも親身になり、中には就職先の斡旋までする業者も存在します。

しかし、信頼関係を築く目的は警察に通報させないためです。また、信用させてどんどん借りさせて延々と利息を取りたいという下心もあります。

相手の懐に飛び込んで利益を上げようとするやり方は、正規の業者やいわゆる闇金とも大きく異なる点です。

2.ソフト闇金と闇金の違い

ソフト闇金と闇金はどちらも闇金であることに変わりありませんが、利息、所在、返済までの期間、宣伝方法が異なります。

(1) 利息

①闇金

トイチと呼ばれる利息が有名で、トイチの場合は10日で1割の利息が発生します。

10日で1割の利息は年利(複利)にすると3142%。その場合1年後の利息は100,000×3142=3,142,000円で、わずか10万円の借金でも闇金で借りると1年後には314万円以上の利息が発生してしまうのです。

ちなみに、一般的な消費者金融から10万円借りた場合、利息制限法の上限金利は年0.18%なので、1年後の利息は100,000円×0.18=18,000 円です。

この数字を比較しただけでも、闇金で横行しているトイチは、如何に無理な数字であるかお分かり頂けると思います。

②ソフト闇金

ソフト闇金の金利は、2週間~1ヶ月で3割が相場です。闇金と比較すると利息周期が長いので良心的ですが、利息制限法の上限と比較すると、あり得ないほどの高額です。

ソフト闇金は、闇金よりは少しマシなだけで、利息の点だけとっても闇金であることには変わりないのです。

(2) 所在

①闇金

無登録で行われ、所在地も電話番号も不明確です。

事務所の所在地がないので固定電話もなく、営業は携帯電話で行われることが多いのが特徴で、別名090金融とも呼ばれています。

【参考】違法な闇金業者の実態と被害対策。090金融とは?

②ソフト闇金

ネットで宣伝している業者は所在も電話番号も明記されています。

しかし、その情報がデタラメである場合も多いので要注意です。偽情報で優良業者に見せかけお金を貸す業者もあるのです。

(3) 返済までの期間

①闇金

借入から返済までは10日程度です。

②ソフト闇金

借入から返済までは2週間程度です。繰り返し利用し、計画通り返済できている場合は返済期間が1ヶ月程度まで延ばされることもあります。

返済までの期間が長いとまとまったお金を用意しやすくなるので、借金返済をしやすくなります。

その点でソフト闇金の方が条件は緩いですが、一般的な業者に比べれば返済期間は相当短いです。

(4) 宣伝

①闇金

借入から電柱の張り紙、ダイレクトメール、ネット広告などで宣伝することが多いです。

違法性が高い分、比較的目立たないように宣伝する傾向があります。

②ソフト闇金

貸金業者のようにホームページを持って宣伝します。

ソフト闇金であることを堂々と標榜するケースが多いのが特徴です。

3.ソフト闇金の危険性

ソフト闇金は闇金と比較すると優良業者のように見えてしまいますが、目先の対応が柔軟になっただけで、本質的な部分は闇金と大差ありません。また、ソフト闇金は独特の危険性も孕んでいます。

一体、どんなリスクがあるのでしょうか?

(1) ソフト闇金のリスク

①違法な利息

お金の貸し借りをする際、利息制限法の上限を超える利息は違法です。利息制限法の上限は以下の通りです。

  • 元本100,000万円未満…年利20%
  • 元本100,000円~1,000,000円未満…年利18%
  • 元本1,000,000万円以上…年利15%

ソフト闇金は2週間~1ヶ月で30%の利息が相場なので、利息制限法の上限は軽く超えています。

政府も闇金等の無登録業者、高利貸し業者に対する罰則を強化していますが、ソフト闇金については利用者側のニーズも高いことから、闇金に比べると被害通報も少なく、新しい業者が次々と出てきているのが現状です。

②返済できないときは手のひら返し

ソフト闇金は闇金に比べると取り立ても穏やかですが、それも最初のうちだけです。

いよいよ返済できなくなったときはその態度が一変。闇金並みの激しい取り立てが行われることもあるので、ソフト闇金だからと言って決して安心はできません。

③知り合いはグルーピング

ソフト闇金は知り合いを紹介させ、知り合い同士をグルーピングして連帯責任を負わせるところもあります。

相互責任を負わせる目的は返済のプレッシャーをかけるためです。

返済に行き詰ったときでも、友達から利息だけでも払うように説得され、友達には迷惑をかけられないと思い、どこにも相談せず延々と利息をとられることになります。

④別のソフト闇金からの借入を強要

ソフト闇金から借入をして返せなくなったときには、別のソフト闇金からの借り入れを強要されることもあります。

業者同士は横のつながりがあり、お互いに便宜を図って利益を得ています。

⑤家族・職場へ連絡が入る

ソフト闇金は緊急連絡先と称して、家族や友人、職場など、頻繁に連絡をとっている人の電話番号の情報も必要とします。

しかし、借金するのに緊急連絡先が必要というのも変な話で、これは返済が遅れたときに、本人以外にも督促電話を入れるためです。

ソフト闇金の嫌がらせ電話により、離婚、離職に追い込まれる例もあり、借り入れに際しては十分な注意が必要です。

⑥口座買取が条件になることも

ソフト闇金では、貸し付け条件に口座情報、通帳、クレジットカードを要求してくるところもあります。

これは、自分のところの営業口座にするためで、振り込み口座をたくさん持つことで身元を分かりにくくします。また、反社会勢力に口座を転売することもあります。

口座売買はほぼ犯罪に使われるので、絶対に情報を渡さないようにしましょう。

⑦実は詐欺集団のことも

ソフト闇金の中には金融業者を装った詐欺集団も存在します。

いわゆるオレオレ詐欺で、これから10万円の融資をするが、あなたを信用するために5万円を最初に指定口座に振り込んで欲しい、と要求し、その通りにしたらそのまま連絡が取れなくなったというケースです。

(2) ソフト闇金が摘発されない理由

これほど問題のあるソフト闇金がインターネット上で大々的に営業できるのは、不思議に思う人も多いと思います。

ほとんどのソフト闇金の利息は違法で、利息制限法だけでなく出資法の上限も超えており、摘発されれば刑事処分の対象となるほどの内容です。

しかし、警察には民事不介入の原則があり、個人間のやりとりに積極的に介入はしません

お互いが合意の下でお金の貸し借りを行い、特に被害者もいないという場合は警察としても動きにくいのが実情です。

4.ソフト闇金の見分け方

ソフト闇金の見分け方をお伝えします。ソフト闇金の中には堂々とソフト闇金であることを掲げている業者もあればそうでない業者も存在します。

パッと見は普通の業者に見えても、以下の要素があれば要注意です。

(1) ブラックリストでもOK

正規の貸金業者は信用情報機関に加盟しているので、ブラックリストに載っている人にお金を貸してくれることはありません。

ブラックリストでもOKと謳っているのは、信用情報機関にも加盟していない無登録業者です。ソフト闇金は正規の業者で借りられない人をターゲットにしているので、ブラック入りし

ている人の呼び込みには力を入れています。

(2) 貸付額は利息を引いた額

正規の業者から借りると「借入額=貸付額」で、利息は返済時に支払います。

しかし、ソフト闇金は「借入額=貸付額−利息」で借入時に利息が引かれるパターンが多く見られます。

(3) 短い返済期間に対して高金利

ソフト闇金は2週間~1ヶ月で利息3割はザラです。

インターネットで大々的に宣伝し、一見クリーンな印象の業者でも、一般の業者に比べると返済期間は短く高金利です。

そのイメージとは裏腹にやっていることは完全に違法です。

(4) 取引が携帯電話

ソフト闇金は固定電話を持っている業者もいますが、実際の取引は携帯電話で行っているところも多いです。

固定電話の情報自体が偽情報のこともあるので、融資に関して携帯電話からアクセスがあった場合はソフト闇金、または闇金だと思って間違いありません。

5.ソフト闇金に手をだしたときの対処法

ソフト闇金に手をだしたときは、警察と弁護士に相談をして下さい。

ソフト闇金は日ごろから顧客の相談に乗ったりしているので、精神的なつながりから、警察や弁護士などに相談できないような関係にもっていきます。

しかし、返済できずに追い込まれたときは、そうしたしがらみは断ち切って行動を起こしましょう。

(1) 警察に通報

ソフト闇金から借り入れをして、違法な取り立てや口座買取、詐欺などの被害がある場合は、最初に警察に通報をしましょう。何らかの被害があれば、警察は動いてくれます。

相手の業者の情報を持って最寄りの警察署に相談に行きましょう。

(2) 弁護士に相談

ソフト闇金に手を出し、返済ができない場合は弁護士に相談して下さい。弁護士からソフト闇金に対して連絡をしてもらうと、取り立てがストップします。

闇金業界では弁護士に相談をした人のことをブラックと言うほどで、違法な営業をしていることが分かっているだけに弁護士の介入を恐れています。

また、ソフト闇金の支払いができない人は、他の借金も返せていないことが多いので、その場合は債務整理することをおすすめします。

債務整理はソフト闇金の件と同時に弁護士に相談可能です。

債務整理には、任意整理個人再生自己破産の3つがあります。

①任意整理

利息をカットすることで借金を減額する制度です。手続後は減額後の残債=残りの元金を原則3年(例外5年)で返済していきます。

利息の支払いだけで火の車だけど、それがなくなれば支払い可能という人にはおすすめです。

裁判所も関わらないので家族にも内緒で手続きすることも可能です。

②個人再生

個人再生は高額の借金を抱えている人に適した制度で、認可されれば負債をおよそ1/5まで減らすことが可能です。

減額後の残債は任意整理同様、原則3年例外5年以内に返済します。

個人再生はマイホームを手放さずに手続きすることができるので、これまでの生活を手放すことなく経済的に再建することができます。自宅をもっている人にとってはまたとない制度です。

③自己破産

自己破産は借金を全額免除する制度です。免責決定となれば、以後は借金返済をする必要がありません。

その代わりに20万円以上の財産は没収されますが、自宅や車以外で20万以上の資産価値のある財産を持っている人は少ないので、自己破産をしても実際に持っていかれるものはそう多くはありません。

また、身の回り品などは差押え禁止財産であり、99万円までの現金も手元に残すことが可能です。

賃貸であればそのまま住み続けることもできるので、自宅がない人にはメリットの大きい制度と言えます。

債務整理はいずれの制度も一長一短あるので、自分に適した制度を選ぶことが肝心です。

どの制度が良いかも含めて、専門家と一緒に決めていくことをおすすめします。

6.まとめ

ソフト闇金も違法な業者なので借入することはおすすめできません。

短い周期で高利貸しするのは闇金と同じです。一見優しそうでも返済できなかったときは闇金と同じ対応になるので、十分注意しておく必要があります。

もし、すでにソフト闇金に手を出してしまった場合は、専門家に相談をしましょう。

泉総合法律事務所は、闇金関連や債務整理に強い弁護士が多く在籍し、実績も豊富にございます。お困りの状況を話して頂ければ、ベストの解決法を提案させて頂きます。
相談は何度でも無料ですので、お気軽にご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る