債権回収業者(サービサー)とは?無視したらどうなる?対応策は?

借金返済

インターホン

【この記事を読んでわかる事】

  • 債権回収業者(サービサー)とは、元の債権者から債権を譲り受けて債権回収を行う会社
  • サービサーから書面が届いたら、早めに借金問題に詳しい弁護士に相談すべき
  • 裁判所から書面が届いたら、決して無視をしてはならない

 

身に覚えのない業者からいきなり通知書が届いたり、裁判所から書面が届いたりしたことはありませんか?

なぜ、このような書面がいきなり届くのか、届いた場合どうすればよいか、説明していきます。

1.「身に覚えのない業者」の正体

金融業者が一般の個人に対して債権を持っていても、その個人の連絡先が変わっていて新しい連絡先が分からなかったり、債権取得時から長時間が経過しているなどの理由から、業者がその債権の回収を困難だと判断して、断念する場合があります。

そして、そのような元の債権者が回収を断念した債権を譲り受けて、債権回収を専門的に業務として行っている会社が世の中には存在します。

この会社を、債権回収業者と言い、「サービサー」という呼び方でも知られています。

サービサーは、国から債権回収の業務をしてもよいですよという認定を必ず受けなければならないので、闇金とは違い、ちゃんとした会社です。

また、最近ではサービサーを名乗って請求書を送ってくる詐欺も多くなっていますので、まずは請求書に記載されているサービサーがちゃんと存在しているかどうかをインターネットなどで調べてみる必要があります。

法務省「債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧

2.なぜ書面がいきなり届くのか

このように債権者が回収を断念した債権を譲り受けたサービサーは、この債権を行使すべく、書面で請求したり、裁判所に支払督促の申立を行ったりします。

このような行動をサービサーが取ると、債務者のもとに請求書などの書面が届くことになるのです。

突然のことのように感じるのは、債権者が回収を断念するのに時間がかかったり、サービサーに譲渡する手続に時間がかかっていたり、サービサーが請求するために準備をしていたりするのに時間を要しているためかもしれません。

そして、届いた書面をよく見ると、ほとんどのケースにおいて過去に自分が借金をしたことがある、身に覚えのある業者名が書いてあるはずです。

3.書面が届いた場合どうすればよいのか

大きく分けて、サービサーから直接書面が届く場合と裁判所から届く場合に分けて説明していきます。

(1) サービサーからの書面の場合

サービサーから書面が届く場合は、早めに借金問題に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。

と言うのも、今後、支払督促の申立をされたりする可能性がありますので、これらが届いた段階で適切に対処することが必要だと言えるからです。

(2) 裁判所からの書面の場合

①放置は厳禁

支払督促の場合は受領してから2週間以内に異議申立をしなければ、その後、給料や預貯金などの差し押さえを受ける可能性があります。

訴状の場合は、第1回期日までに答弁書を提出するか、その期日に裁判所に行かなければ、敗訴判決が出され、その後、同様に給料や預貯金の差し押さえを受けるリスクがあります。

②取るべき対応策

まず、裁判所からの書類を受領し、書かれている内容を把握する必要があります。

受領せずに放置していた場合でも、これらの書類が送達されたものとみなされてしまい、最悪給料などの差し押さえを受ける可能性があります。

次に、これらの書類を受領しても、適切に対応できなければ意味がありませんので、適切に対応するためには、受領したらすぐに借金問題に詳しい弁護士に相談した方がよいでしょう。

4.まとめ

いきなり身に覚えのない業者から書面が届くとびっくりしてしまうのは当然です。

ですが、それを放っておいてしまうと給料などの差し押さえを受ける可能性もあります。

「あの時、きちんと対応していれば」と後悔しないためにも、このような書面が届いた場合は、借金問題に詳しい弁護士にご相談される(無料相談を行っている法律事務所も多数ございます)ことをおすすめいたします。

泉総合法律事務所では、借金問題のご相談が多く寄せられます。その中にはサービサーから突然届いた書面に驚いてご相談される方も多くいらっしゃいます。

もし、そのような突然の書面が届いたことでお困りの方は、当事務所までご連絡ください。今後の対応策について、具体的にアドバイスさせていただきます。

債務整理コラム一覧に戻る