借金を返せない!返済の滞納を続けた場合のサラ金の督促方法

借金

借金を返せない!返済の滞納を続けた場合のサラ金の督促方法

サラ金業者(闇金ではない正規の消費者金融)から借金をして、もし返せなくなったらどうなるのでしょう。

督促の電話が毎日かかってくる?自宅や給与が差し押さえられてしまう?親や兄弟・職場にも督促がいってしまうの?などなど、サラ金業者が何をしてくるのかと不安に思われる方もいらっしゃると思います。

ここでは、サラ金業者からの借金を返せなくなってしまったり、滞納してしまったりした場合に、一般的にサラ金業者がどのような対応をとってくるのかについて説明していきます。

1.書面や電話での督促

借金の返済が滞った場合、サラ金業者はまず、書面や電話で返済をするよう督促をしてきます。返済期限を1日でも過ぎたら連絡をしてきますが、少しの遅れであったり、もしくはこれまで何度も遅滞を繰り返しているというような場合でなければ、すぐに連絡がない場合もあります。

しかし、返済が滞ってから時間が経てばたつほど、業者の督促も厳しくなってきます。業者によっては毎日連絡がつくまで朝昼夜と電話をしてくるところもあるようですし、書面による督促も、回数を重ねると、最終的には「法的手段をとります」という内容の書面が送られてきてしまいます。

2.裁判所を通じての督促

書面や電話による督促を無視したり、なかなか借金を返せないでいたりすると、サラ金業者は、次の手段として法的手段をとってきます。
具体的には、裁判所を通じての支払督促または訴訟を提起するのが一般的です。

支払督促とは、簡単に言いますと、裁判所が債務者に金銭の支払いを命令するものです。訴訟と違って手続は簡易で、債権者(サラ金業者)が裁判所に支払督促の申立をすると、書類審査だけで裁判所が相手方(債務者)に金銭の支払命令を出します。

しかも、相手方が支払督促に対して2週間以内に異議を出さなければ、債権者の申立により仮執行宣言が付され、債権者は直ちに強制執行手続をとることができるようになります。

サラ金業者は多くの顧客に対して返済の請求をすることになるので、訴訟よりも簡易な支払督促の手続を利用することが多いと言えます。

(1) 対処方法

ただ、支払督促は、2週間以内に裁判所に異議を出せば、自動的に通常の訴訟に移行することになりますので、異議の申立をすれば、すぐに自宅や給与が差し押さえられるというようなことは避けられます。

支払督促が届いた場合には、そのまま放置せずに、まずは異議の申立をして、すぐに弁護士に債務整理の相談をしましょう。

3.訴訟

サラ金業者が訴訟を提起すると、裁判所から訴状が届きます。訴状には、決められた期日までに答弁書という書面を提出し、裁判期日に裁判所に出頭するようにという裁判所からの呼出状が同封されています。

答弁書を提出しなかったり、裁判期日に裁判所に出頭しなかったりすると、訴状に記載されたサラ金業者の主張を認める判決が出されてしまいますので、もし、分割で返済していきたいとか、財産や給与が差し押さえられる前に自己破産や個人再生の申立をしたいといったご希望があるのでしたら、答弁書を提出したり、裁判期日に出頭しなければなりません。

4.財産や給与の差し押さえ

支払督促に異議申立をしなかったり、サラ金業者の請求を認容する判決が出されてしまったりした場合、所有している不動産や銀行預金などの財産が差し押さえられてしまう危険性が出てきます。

また、サラ金業者に勤務先を知られていると給与が差し押さえられてしまうかもしれません。
こうなると、勤務先に借金がバレてしまうことになります。

このように、サラ金業者からの借金を返せない場合、サラ金業者が最終手段として行ってくるのが財産や給与などの差し押さえなのです。

裁判所から訴状が届いた段階で、慌てて弁護士にご相談にいらっしゃる方も少なくありませんが、債務整理のご相談をいただいても、すぐに業者との交渉や自己破産・個人再生の申立ができるとはかぎりませんので(弁護士費用を分割でお支払いいただく場合の費用の積立や必要書類の収集・書類の作成にお時間がかかります。)、差し押さえのリスク回避のためには少しでも早めにご相談いただくのがよろしいかと思います。

5.債務整理をすると

サラ金業者からの借金についての債務整理を弁護士にご依頼いただきますと、ご本人への業者からの書面や電話による督促が止まります。業者からの連絡はすべて弁護士にいきますので、ご依頼者様は業者からの頻繁な督促から解放され、まずは一安心していただけます。

ただ、弁護士にご依頼後も、業者が訴訟を提起したり、差し押さえの申立をしたりすることを止めることはできません。

業者から訴訟を起こされた場合は、判決が出て給与などの差し押さえがされる前に自己破産や個人再生の申立をすべく、できるかぎり早急に申立の準備を進めていく必要があると言えます。

6.借金のご相談は弁護士へ

サラ金業者からの借金を返せなかった場合に、業者がどのような対応をとってくるかについて、ご理解いただけましたでしょうか。

借金の返済が滞ると、サラ金業者は、書面や電話による督促から始まり、だんだんと厳しい対応をとってきます。
借金問題でお悩みの方は、まずは一度泉総合法律事務所にご相談ください。弁護士がお客様それぞれの借金の状況に応じた適切なアドバイスをいたします。

債務整理コラム一覧に戻る