クレジットカードのリボ払い〜手数料・利息の罠で借金地獄!?

借金

クレジットカードのリボ払い〜手数料・利息の罠で借金地獄!?

クレジットカードのリボルビング払い(通称「リボ払い」)は、毎月の支払額が一定であることに特徴があります。そのため、計画的な返済ができ、一見便利そうに見えます。カード会社も様々なメリットを伝えてリボ払いへの変更を促してきますが、リボ払いには見過ごせないデメリットがあるため、安易な利用は非常に危険で、注意が必要です。

以下では、リボ払いが危険とされる理由と合わせて、リボ払いの場合の債務整理についても解説していきます。

1.分割払いとリボ払い

通常の分割払いでは、分割回数に応じて元本と金利手数料を支払うことになります。つまり、支払いの終期は明確であり、着実に支払えば元本も減っていきます。

これに対してリボ払いは、分割回数を定めずに、利息と合わせて定額の支払いを続けていく方法になります。契約内容によって異なりますが、毎月の支払額が定額であることが大きな特徴です(元利定額リボルビング払いでは、金利手数料を含めて毎月一定額を支払うことになり、元金定額リボルビング払いでは、毎月一定額の元本に金利手数料を加えて支払うことになります)。

もし分割払いであれば、返済の時期によって、毎月の支払い負担額が多くなることもありますが、リボ払いであればその心配がなく、無理なく計画的に返済できるとされています。

2.デメリット

リボ払いの怖い点は、

  1. 支払い続けてもなかなか元本が減らないこと
  2. 金利が高いこと
  3. 知らず知らずのうちに借金が膨らみ続けること

にあります。

元利定額リボルビング払いでは、毎月利息を含めて定額の支払いをすることになりますが、借入残高が増えるにつれ利息が膨らんでいけば、支払い額のうち利息が占める割合も膨らんでいきます。その結果、元本の返済がまったく進んでいないという事態に陥ります。

2-1.リボ払いの金利

また、リボ払いは一般的に、分割払いと比べて金利手数料が高く設定されており、信販会社の多くは年率15%に設定しています。

そのため、返済が進まないうちに利息だけ積み重なっていくといったリスクがあります。

それにもかかわらず、毎月の支払額が定額であるため、いくらクレジットカードを使ったか、あとどのくらい借金が残っているのかが分かりにくい状況になります。特に銀行口座から自動引き落としになっている場合は、債務が膨れ上がったことに無自覚な方もいます。

それゆえに、クレジットカードを安易に使い続け、気付けば債務が膨らんでしまい、返済が困難になっていた……という事態が生じるのです。

リボ払いには、人を無自覚の内に「借金地獄」へと陥らせてしまう危険性がありますので、利用するにしても慎重に行う必要があります。

3.任意整理

リボ払いについては上記のようなデメリットがあるため、元本が一向に減らず、いつになったら返済が終わるのかと途方に暮れる方が多くいらっしゃいます。

リボ払いについても、業者によって対応が分かれるとは言え、任意整理での解決を図ることが可能です。

任意整理をした場合には、①支払い終期が明確になる(一般的には3~5年の間)、②将来生じる利息をカットできるといったメリットが得られます。

元本が減らず支払いがいつ終わるのかわからないまま、高い金利に悩まされている方にとっては、これらのメリットは大きいはずです。

4.自己破産・個人再生

リボ払いは借金というイメージが薄いため、安易に利用してしまう方もいますが、キャッシングよりも負担が大きいケースもあります。そのため、気付いた時には思っていたよりも借金が膨らんでおり、どうすることもできないという方もたくさんいらっしゃいます。

任意整理では将来の利息をカットできる可能性があるため、借金が多額になった時点で、手遅れになる前に早めに対処すべきです。

もっとも、実際に任意整理が可能かは状況次第です。債務の額や月々の支払いの原資によっては任意整理が困難なケースもあります。その場合は、自己破産や個人再生も視野に入れて検討する必要があります。

最適な方法を検討するためにも、リボ払いの返済に窮している方は、まずは弁護士と相談することをおすすめします。

5.過払い金返還請求

リボ払いであっても、法定利息を超える利息を支払っていた場合には、過払い金の返還請求は可能です。なお、債務の残額を超える過払い金がなくとも債務を減額させることは可能です。

ただし、過払い金が生じるのは、ショッピングではなく、キャッシングを利用している場合に限られます。なお、過払い金が生じているのは、平成19年以前からの借入であるケースが大半です。

リボ払いは、比較的長期にわたって返済を続けている方が多いため、過払い金が高額になっていたり、10年の消滅時効の問題をクリアしていたりするケースも想定できます。長期にわたって支払いを続けている方であれば、一度過払い金の有無を調査してみることをおすすめします。

6.借金問題の解決は泉総合へ

泉総合法律事務所では、これまでにリボ払いを利用していた方の任意整理による解決実績が豊富にあります。弁護士に依頼して少しでも毎月の返済金額を抑えたい方は、是非泉総合法律事務所にご相談ください。

借金に関するご相談は何回でも無料です。

債務整理コラム一覧に戻る