オリコカード(クレジットカード)での借金解決策を解説

借金返済

オリコカードをお持ちの方必見です!

ショッピングクレジットとオートリースで業界トップシェアを誇る会社がオリエントコーポレーション(オリコ)です。そのオリコが発行する「オリコカード」は、信頼できるクレジットカードですが、計画的な利用をしなければ支払いに困ってしまうこともあります。

ここでは、オリコカードで借金してしまい、返済が難しくなったときの対処法について説明します。

1.オリコカードの特徴

(1) オリコカード・ザ・ポイントが人気

オリコカードは、信販大手のオリコが発行するクレジットカードです。主力ブランドである「オリコカード・ザ・ポイント」は、ポイント還元率の高いカードとして人気です。

オリコカード・ザ・ポイントの基本のポイント還元率は1%と高くなっていますが、オリコモール経由のショッピングでは2~16.5%とさらに高還元率となります。

特に、Amazonでの買い物で常に2%のポイント還元が受けられるため、Amazonをよく利用する人にはおすすめのカードです。

オリコカード・ザ・ポイントには、「iD」と「QUICKPay」の2つの電子マネーがダブルで搭載されています。これらの電子マネーはポストペイ方式で事前チャージは不要となっており、クレジット代金と一緒に支払いができます。

コンビニなどでのちょっとしたお買い物には電子マネーを利用できるので、小銭いらずのスマート決済が可能になります。

(2) キャッシングにも便利

オリコカードの中には、キャッシング機能が付いているものがあり、カードを使ってお金を借りることができます。

オリコカードのキャッシングは1万円単位で利用ができるようになっており、利用可能枠の範囲内であればATMを利用して何度でも借入ができます。

ゆうちょ銀行のほか、すべての都市銀行のATM、コンビニATMで借入が可能となっており、急にお金が必要になったときには頼りになるカードです。

オリコカードによるキャッシングの貸付利率は15.0~18.0%、返済方法は翌月一括払いまたはリボ払いになります。リボ払いの毎月の返済額は入会時に設定されますが、1000円単位での増額も可能なので、返済額を増やすことで返済期間を短縮することができます。

(3) オリコではカードローンの利用も可能

オリコでは、カードローン「CREST」も提供しています。CRESTの金利(実質年率)は、4.5~18.0%となっており、最高500万円までの借入が可能となっています

。CRESTは年会費無料で、満20歳以上で安定した収入(200万円前後が目安)があれば申し込みができます。なお、オリコのカードローンには総量規制の適用があるため、専業主婦は申し込みができません。

オリコのカードローンCRESTは、審査が速いのも特徴です。インターネットからの申し込みの場合、最短25分で審査が完了します。契約時はカードが届くまでに1週間程度かかりますが、契約後はeオリコサービスを利用して即日振込による借入も可能となっています。

キャッシング専用の利用をしたい場合には、オリコカードよりもカードローンCRESTの方が利用しやすくなっています。

2.オリコカードの借金を任意整理する

(1) 任意整理で借金の減額や支払期限の延長が可能

任意整理とは、債務整理の方法の1つで、債権者であるカード会社と交渉をして借金の減額支払期限の延長について合意する手続きになります。任意整理は裁判所を通さずにできるので、スピーディーに手続きをとることができます。

オリコカードのキャッシングやオリコのカードローンで借金した後、返済が困難になった場合には、任意整理をすることで解決できる場合があります。

任意整理では、債権者に将来の利息をカットしてもらい、元本を分割払いで支払う旨の同意を得ます。毎月の支払額については、無理のない返済額を改めて設定することができますから、支払いが楽になります。

オリコの場合には、通常、5年以内での分割返済ができれば任意整理が可能です。5年を超えてしまいそうな場合にも柔軟な対応をしてもらえますから、任意整理で解決できるケースが多くなっています。

(2) 過払い金があれば借金を大幅に減らせる可能性

オリコでは2007年3月頃まで、利息制限法の上限を超える違法な金利で貸付を行っていたため、それ以前からオリコと契約して取引を続けている人であれば、払い過ぎの利息(過払い金)が発生している可能性があります。

任意整理では、過払い金がある場合には、過払い金を使って残りの借金を返済する形をとります。

その結果、借金が大幅に減額するか、場合によっては借金が完済になることもあります。

債務整理にはいくつかの方法がありますが、手続きを通じて過払い金の回収ができるのは任意整理だけとなっています。債務整理をしたいけれど過払い金が発生しているかもしれないという場合には、任意整理を検討してみましょう。

(3) 任意整理すれば督促が止まる

任意整理をするときには、カード会社との交渉が必要になりますから、弁護士に依頼するのがおすすめです。

弁護士が任意整理の依頼を受けたときには、まず、カード会社に受任通知を送ります。貸金業法の規制により、カード会社は弁護士からの受任通知を受け取った後、カード会員に直接取立てすることができません

任意整理を弁護士に依頼するだけで、督促が止まることになりますから、安心して手続きを進められます。

(4) 任意整理は手続きする会社を選べる

任意整理はすべての借金を対象とするわけではなく、債権者ごとに手続きをすることになります。債務整理する会社を選べるというのも、任意整理のメリットです。

たとえば、借金の連帯保証人がいる場合、債務整理をすれば連帯保証人に迷惑がかかることがあります。任意整理なら、連帯保証人の付いている借金は整理しないということも可能です。

3. クレジットカードの借金を個人再生・自己破産する

(1) 自己破産

債務整理には、自己破産という方法もあります。自己破産すれば、オリコの借金だけでなく、すべての借金(※税金などは除く)について支払いを免除されます。

ただし、不動産や自動車などの財産を持っている場合には、換金して返済に充てなければなりませんから、財産を失ってしまうことになります。

自己破産するときには、裁判所に申し立てをし、破産手続き開始決定を出してもらった上で免責許可決定を得ます。

免責許可が得られれば、債務は全て免除になります。免責不許可の場合には債務を免除してもらうことはできませんから、個人再生など他の債務整理方法を検討する必要があります。

たとえば、浪費やギャンブルを理由とした借金の場合には、免責不許可事由に該当するとされ、免責が得られない可能性があります。

しかし、実際には裁判官の裁量により免責となるケースが多いため、自己破産の手続きをすれば債務がなくなることがほとんどです。

(2) 個人再生

個人再生とは、裁判所に申し立てをし、借金を大幅に減額してもらう手続きです。

個人再生では、裁判所に再生計画案を提出して認可を受けた後、再生計画どおりに原則3年(最長5年)支払うことで、残りの債務を免除してもらうことができます。個人再生に成功すると、借金は原則5分の1に圧縮されます。

個人再生では、住宅ローンの特則を利用することにより、住宅ローンを除いた借金のみを整理することが可能です。住宅を手放したくないという場合には、自己破産ではなく個人再生を選ぶことにメリットがあります。

4.まとめ

オリコカードで借金をして支払いに困るようになったなら、債務整理を考えましょう。

自己破産や個人再生を考えているときには、弁護士に依頼するのが最もおすすめの方法です。弁護士に債務整理を依頼した段階で、弁護士から債権者宛受任通知が送られますから、督促がストップすることになります。

弁護士には裁判所に提出する書類の作成から提出まですべて任せることができます。裁判所からの連絡も弁護士を通すことになりますから、自宅に裁判所から書類が届いたり、電話がかかってきたりすることもありません。落ち着いて手続きを進めることができます。

弁護士に相談すれば、どの債務整理方法が適切かを考えた上で手続きすることができます。自己破産しか方法がないと思っていても、個人再生ができるケースもありますから、財産を失わずにすむこともあります。弁護士に相談することにより、最善の方法を用いて生活の立て直しを図ることが可能になります。

法律知識をもった弁護士に相談すれば、適切な債務整理方法を選択した上でスムーズに借金問題を解決できますので、借金問題は是非一度泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る