借金の一本化と債務整理、メリット・デメリット

借金

借金の一本化と債務整理、メリット・デメリット

皆さんも、「おまとめローンで借金を一本化」といったテレビコマーシャルを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

テレビコマーシャルで取り上げられる程に流行りのおまとめローンには、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。ここでは、おまとめローンについて債務整理と比較しつつご説明します。

1.おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の金融業者からの借金を、借り換えにより一本化する方法のことです。

たとえば、A社、B社、C社の3社から合わせて200万円の借金をし、月々5万円の返済をしているとします。その状況で、金利の低い銀行などのD社からおまとめローンとして、新たに200万円を月々4万円の返済の契約で借り入れ、A社、B社、C社に対する200万円の借金を完済します。

その後は、D社のみに対して200万円を月々4万円で返済していきます。

このように、おまとめローンにより借入先を一本化するとともに、金利を低くし、月々の返済額を抑えることができるわけです。

2.メリット

2-1.返済計画の簡略化

おまとめローンで複数あった借入先を一本化することにより、それまでばらばらに複数あった返済日が月1回になることや、借金の残高や完済までの年数などが把握しやすくなることなどから返済の管理がしやすくなり、返済計画が立てやすくなります。

2-2.金利を下げる

現状の借金より低金利でおまとめローンを組めば、現状より金利を下げることができます。

また、利息制限法には、借金の額に応じて、10万円未満は年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年15%という上限金利の定めがあります。

・金利が下がる例

たとえば、A社から金利を年18%として50万円、B社から金利を17%として60万円借り入れている場合に、C社とおまとめローンを組むことで、C社に対する110万円の借金として一本化することができますが、この場合、利息制限法により、C社に対する110万円の借金の金利は年15%が上限となります。

2-3.月々の返済額が減る

多くの金融業者はそれぞれ月々の最低返済額を定めていますが、複数ある借金を一本化することで、月々返済するのは、一本化したあとの金融業者の最低返済額のみでよいことになります。

たとえば、A社、B社、C社の3社に対し借金をしている場合に、その3社それぞれの最低弁済額が1万円だったとします。すると、少なくとも月々3万円の返済が必要ということになります。しかし、D社とおまとめローンを組み借金を一本化すると、たとえばD社の最低返済額が月々1万円の場合、月々1万円の返済をすればよいことになります。

3.デメリット

3-1.金利があまり下がらない

おまとめローンを組んだとしても、期待しているほど金利が下がらないこともあります。

貸金業法改正以後は、ほとんどの金融業者が利息制限法の上限金利内で貸付けを行っているということもあり、金利が下がったとしても3%程度ということも少なくありません。

また、おまとめローンを組んだとしても、金利がなくなるわけではありませんし、金融機関にとって、多重債務の状態にある人への貸付けは貸し倒れリスクが高いと判断されるものですから、結局のところ金利は高くなる傾向があるといえます。

3-2.支払う利息の総額が増える

おまとめローンにより、現状よりも月々の返済額が下がる可能性があることはすでにご説明しましたが、借金を一本化する一方で、月々の返済額が下がることで、それだけ返済期間は長引くことになります。

そのため、おまとめローンによって金利が下がったとしても、返済期間が長引いた分、支払う利息の総額が増えてしまうということになります。

3-3.より状況が悪化してしまう可能性

おまとめローンを組む際に、保証人を要求されたり、公正証書を作成されたり、不動産を担保に入れられてしまうことがありえます。

そのため、おまとめローンを組むことで、状況が悪化する可能性があることに注意する必要があります。

3-4.再び借金をしてしまう危険

借金を一本化したとしても、他の金融業者から再度借金をすることは可能です。そのため、誘惑に負けてしまい、再度借金をし、結局借金の総額を増やしてしまい完済できなくなるということもありえます。

おまとめローンを組んだあとでも、再び借金を増やしてしまう危険があることを理解しておく必要があります。

4.抜本的な解決

これまでの説明でおまとめローンのメリットとデメリットについてご理解いただけたと思いますが、借金問題を抜本的に解決するとなると、やはり、債務整理の方法によることをおすすめします。

債務整理には、主に、任意整理、個人再生、個人破産による方法があります。

任意整理は、今後発生する利息を全てカットすることができます。個人再生は、借金を圧縮し、圧縮後の金額を返済していくことができます。個人破産は、全ての借金の支払い義務を免除してもらうことができます。

たしかに、債務整理をすると、ブラックリスト入りするため、しばらく新たな借金ができなくなりますが、あえてそういった状況にしつつ借金を減らしていくというのも、借金問題の解決の方法のひとつです。

5.借金の相談は泉総合法律事務所へ

おまとめローンで借金を一本化するということがどういうことかご理解いただけましたでしょうか。

借金の状況は人それぞれです。おまとめローンによる場合でも、債務整理による場合でも、一度専門家にご相談されることをおすすめします。

泉総合法律事務所にご相談いただければ、弁護士がお客様それぞれの借金の状況に応じた適切なアドバイスをいたします。確実に借金問題を解決したい方は、是非とも債務整理の実績豊富な泉総合法律事務所にご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る