借金返済 [公開日] [更新日]

大手消費者金融、街金、サラ金、闇金の違い。借金問題は弁護士へ!

大手消費者金融、街金、サラ金、闇金の違い。借金問題は弁護士へ!

【この記事を読んでわかる事】

  • 消費者金融とはどのような貸金業者のことをいうのか
  • 大手消費者金融、街金、サラ金、闇金(ヤミ金)の違い
  • 闇金の見分け方と解決方法(弁護士への相談で解決が可能)

 

借金をするときには、いろいろな借入先があります。銀行カードローンを利用する場合もありますし、クレジットカードでキャッシングをするときもあるでしょう。

その中でも、「消費者金融」を利用する方は非常に多いです。しかし、消費者金融については、知っているようで知らないことが多いのではないでしょうか?

今回は、消費者金融からの借金や、総量規制の問題について解説します。

銀行カードローンなどの他の借入先とは異なる、消費者金融ならではの特徴も押さえておきましょう。

また、「大手消費者金融」と「街金」の違いと合わせて、よく混同されがちな「サラ金」「闇金融」の違いも解説します。

1.消費者金融とは

まず、「消費者金融」とは何かについて解説します。

(1) 消費者金融の特徴

「消費者金融」とは、一般消費者を相手に無担保で小口融資をおこなう貸金業者のことを言います。

ここでいう無担保の小口融資とは、一般的に「カードローン」または「キャッシング」と呼ばれているものです。

個人に対する信用のみを担保に、個々人に対してあらかじめ限度額を定めて、その限度額までなら繰返し何度でも借入ができる、使途目的を問わないローンです。

カードローンを取り扱っている業者は、消費者金融以外にも銀行、信販会社がありますが、その中でもカードローンに特化しているのが消費者金融です。

特徴は、一般的な個人の消費者を対象としている点と、貸金業を専門にしていることです。

(2) 消費者金融とサラ金

消費者金融は、1970年代には主にサラリーマンを対象に融資をおこなっている業者が多かったため、「サラリーマン金融」、略して「サラ金」と呼ばれていました。

しかし、1980年代以降は、融資の対象が女性会社員や自営業者、アルバイト、パートなどに広がっていったことから「消費者金融」という呼称の方が多く使われるようになっています。

現在、「サラ金」という言葉に悪いイメージを持たれている方も多いです。

確かに、かつての消費者金融は高利で貸付け、返済できないとなれば厳しく取り立てるため「サラ金地獄」という言葉もあったぐらいですから、そのイメージが拭えないのも仕方ないかもしれません。

そのような悪いイメージを払拭する意味でも、近頃は「サラ金」という言葉はあまり使われなくなってきています。

2.貸金業法について

消費者金融・サラ金・闇金からの借金は何が違う?借入の注意点とは

消費者金融業をおこなうためには、国または都道府県知事へ「貸金業者」として登録をおこなわなければなりません。

そして「貸金業法」に基づいて業務を営むことが義務付けられています。

貸金業法とは、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社が貸金業を営む上で従うべき法律です(銀行は「銀行法」という別の法律に従います)。

かつては「貸金業規制法(貸金業の規制等に関する法律)」という名称でしたが、2007年(平成19年)に改正がおこなわれ「貸金業法」と呼ばれるようになりました。

この法改正により、先ほどお話した「サラ金」のイメージの元凶となっていた「高利でたくさん貸付ける」ことと、「返済できないときの厳しい取り立て」が禁止されました。

貸金業法で定められている事柄に関して、以下で詳しく解説します。

(1) 総量規制

貸金業者は、一人に対して年収の3分の1までしか貸してはいけません。

たとえば、年収が300万円の人には、100万円までしか貸してはいけないということです。

複数業者から借りる場合は、その合計が年収の3分の1までということになっています。

消費者金融は、ターゲットとしているのが一般的な消費者であるため、消費者金融での借入は比較的少額となります。

数万円の借入も可能ですし、多くは数十万円単位です。

消費者金融で数百万円、数千万円を借入れていることは、通常ありません。

(2) 上限金利

貸金業法により、貸金業者からの借入金利の上限が15%~20%に引き下げられました。

ちなみに、改正前までの上限は出資法で定められていた29.2%でした。

(3) 取り立ての行為規制の強化

早朝〜深夜の電話・訪問、自宅以外の職場などに電話やFAXを送るなど、社会問題にもなっていた厳しい取り立て行為が禁止されました。

3.大手消費者金融と街金の違い

消費者金融の概要が分かったところで、次に「大手消費者金融」と「街金」の違いについてみていきましょう。

大手消費者金融と街金はどちらも消費者金融業者であり、個人向けに無担保で小口融資をおこなっていることに変わりはありません。

「大手消費者金融」はその名の通り、「大手」として全国規模で事業展開をしている消費者金融業者です。

その中でも代表的なものに「アコム」、「アイフル」、「プロミス」、「モビット」などがあります。テレビCMやインターネット広告でよく見聞きする機会も多く、借り入れる上で安心感もあるのではないかと思います。

それに対して「街金」は、もっと小規模な、いわば地元の消費者を対象にした中小の消費者金融業者です。

街中のビルの一角に店舗を構えていることが多いことから、このように呼ばれるようになったと言われます。

次に、大手消費者金融、および街金を利用するメリットとデメリットについてみていきましょう。

(1) 大手消費者金融のメリット・デメリット

①メリット
  • 全国展開しているのでどこでも借りられる。
  • 大手の消費者金融は銀行と提携しているところもあるため、安心感がある
  • 新規の無利息サービスなど、返済負担を減らせるサービスがある
②デメリット
  • 申し込み審査が「街金」に比べると厳しい

(2) 街金のメリット・デメリット

①メリット
  • 審査が早い
  • 審査に通りやすい
  • 審査が早い分、即日融資が受けられるケースが多い
②デメリット
  • 金利が少し高い傾向がある
  • 貸出金額が少ない場合がある
  • 返済期間が短い場合がある
  • 借りやすいがために、借りすぎてしまう危険がある

街金は、大手消費者金融に比べると借りやすいのがメリットです。

なぜならば、街金を利用する人の多くは大手消費者金融の審査を通過できなかったため、街金では大手より審査基準を甘くして、お金を借りてもらいやすくしている傾向があります。

しかし、街金としても、審査を甘くした分のリスク回避をとらなければならなくなります。

そのリスク回避のために、たとえば、デメリットにあるような、金利を大手より高くしたり、そもそもの貸出しを少なくしたり、短期で回収できるようにするなどの工夫をしています。

利用者としても、街金は大手消費者金融より借りやすい分、リスクがあることを十分に認識しておく必要があります。

4.サラ金(街金)と闇金の違い

大手消費者金融、街金、サラ金、闇金は何が違う?悪徳業者に要注意!

次に、サラ金(消費者金融)と闇金(ヤミ金)の違いについても、確認しておきましょう。

多くの方が、「消費者金融」、「サラ金」、「街金」、「闇金」を混同しているようです。

ここまでお話してきましたとおり、そのイメージは別として、業態は消費者金融=サラ金=街金です。

しかし「闇金」はこれらとは全く別物になります。

(1) 闇金とは

「闇金(闇金融・ヤミ金)」とは、貸金業者として正式に登録することなく、個人に高金利で融資をおこなっている違法業者のことです。

①貸金業の登録をしていない

日本では、貸金業を営業として行う場合、「貸金業」の登録をしなければなりません。登録せずに勝手に営業すると、違法ですし、罰則も適用されます。

そのため、まともな消費者金融やサラ金、街金は、すべて貸金業登録をしています。

先に挙げたような業者(「アコム」、「アイフル」、「プロミス」、「モビット」など)は、すべて貸金業者です。

貸金業者には、貸金業者としての登録番号があります。そこで、プロミスやアコムなどのサイトをよく見ると、貸金業登録番号が書いてあります。

反対に言うと、登録番号がない業者は違法業者(闇金)ですので、利用してはいけません。

②利息制限法を守らない

消費者金融やサラ金は、利息制限法による制限利率を守っています。

利息制限法とは、お金を貸し付ける際につける利息の限度を規定している法律です。

貸金業者の場合の利息の限度は、以下の通りです。

  • 貸付金額が10万円未満…年率20%まで
  • 貸付金額が10万円~100万円未満…年率18%まで
  • 貸付金額が100万円以上…年率15%まで

上記を超えた利率の利息は無効となりますし、貸金業者が上記を超えて貸付をすると、出資法という法律により、罰則を適用されることになります。

そこで、まともな消費者金融やサラ金業者は、きちんと上記の基準内で貸付をしています。比較的利息が高いと言われている街金業者でも、貸金業登録をしている業者は、利息制限法の範囲内で利率を設定しているのです。

これに対し、闇金業者の場合、利息制限法に従いません。平気で10日で1割などの利息を設定してきます。

10日で1割というと、年利365%ですから、めちゃくちゃな金利だということが分かります。

また、最近は「ソフト闇金」という闇金が出現しており、インターネットで簡単に契約を申し込める他、比較的利息が低いなどと言われていますが、それでも年利40%などの例が普通にあります。

このように、闇金は違法に高い利息を請求してくるので、闇金を利用すると、すぐに返済ができなくなります。

③悪質な取り立て方法

サラ金と闇金は、取り立て方法も異なります。

サラ金はきちんと法律に従いますので、「貸金業法」を守ります。貸金業法は、貸金業者の登録や営業方法などについて定めた法律です。

貸金業法には、貸金業者が借金の取り立てをするときの規制方法を定められています。

いろいろとありますが、たとえば、以下のような規制があります。

  • 深夜や早朝の取り立てを禁止する
  • 正当な理由なく、職場に取り立て行為をしない
  • 家族などの支払い義務のない第三者に借金返済を求めてはいけない
  • 退去を求められているのに居座って請求してはいけない
  • 弁護士や司法書士が債務整理に介入したあとは、本人に請求してはいけない

このように、いろいろな規制があるため、今サラ金(消費者金融)を利用しても、さほど酷い取り立てを受けることはありません。

これに対し、闇金は取り立て規制を守らないので、どのような嫌がらせでもしてきます。

深夜・早朝無関係に、電話をかけ続けることもありますし、家族を脅迫することもあります。勤務先に電話してきたり、取り立てに来たりすることもあり、そうなると被害も瞬く間に拡大してしまいます。

ただ、弁護士が介入すると、闇金は逮捕される可能性があるので、あまり連絡してこなくなります。

(2) 闇金と街金の見分け方

いくら注意をしていても、お金に困っているときは冷静な判断ができない可能性は大いにあります。

しかも、大手消費者金融ならまだしも、「街金」か「闇金」か、名前を見ただけで判断することは難しいでしょう。

そこで、申込みをする前に正規に登録している貸金業者かどうか(闇金業者ではないか)しっかりと調べることをおすすめします。

登録貸金業者かどうかを調べる方法

金融庁のホームページに【登録貸金業者情報の検索】サービスが設置されています。

ここで検索して検索できなければ、正式に登録している貸金業者ではないことが分かります。

登録貸金業者情報検索入力ページ

闇金業者ではないか調べる方法

日本貸金業協会のホームページに、【悪質業者の検索】サービスが設置されています。

ここで検索してヒットすれば、闇金業者であるということがわかります。

悪質業者の検索 クイック検索

そもそも、闇金は、それ自体が犯罪です。無登録で貸金営業をすることも犯罪ですし、出資法を超えた金額で貸付をすることも犯罪です。

無登録営業の罰則は、10年以下の懲役若しくは3000円以下の罰金となっており、非常に重いです。

闇金は犯罪を犯している違法業者であるということを認識し、絶対に利用しないことが重要です。

サラ金であっても、利用すると返済ができなくなるリスクがあるので、できるだけ利用しない方がよいのですが、闇金はそれとは比較にならないほど危険だということを、しっかり認識しておきましょう。

4.消費者金融とその他借入機関との違い

最後に、消費者金融とその他の借入ができる業者の違いについて、説明をします。

消費者が借金できる業者としては、クレジットカード会社と銀行カードローンがありますので、以下でそれぞれについて、見てみましょう。

(1) 消費者金融とクレジットカード会社

消費者金融とその他借入機関との違い

まずは、消費者金融とクレジットカード会社の違いを見てみましょう。

①消費者金融もクレジットカード会社「貸金業者」

世間的なイメージとは異なるかもしれませんが、この2者は、意外とよく似ています。どちらも、貸金業法に基づいて貸金業登録をしている「貸金業者」です。

そして、適用している利率もほとんど同じです。クレジットカード会社の方が特に安いということもありません。

昔は、クレジットカード会社も消費者金融と同じように高い利率を適用していたので、クレジットカード会社に対しても、多額の過払い金が発生することがよくあります。

取り立て方法も、特に違いはありません。一概にサラ金の方が取り立てが厳しいということはなく、クレジットカード会社でも厳しい口調で電話をかけてくる業者もいます。

②クレジットカード会社の特徴は「ショッピング」のサービス

消費者金融とクレジットカード会社の大きな違いは、貸金以外の業務を行っているかどうかという点です。

消費者金融は、単純に「お金を貸し付けて、高い利息をつけて取り立てる」という業務しかしていません。

これに対し、クレジットカード会社は、商品やサービスの立替払いを行っています。

利用者が商品やサービスを購入するとき、クレジットカード会社が立替払いをして、利用者はクレジットカード会社に立替金を支払うのです。

このような、クレジットカード会社による立替払いのサービスのことを、「ショッピング」と言います。

1回払いや2回払いの場合、手数料はかからないので、借金を全くしていない人でも、クレジットカードの1回払いのショッピングを便利に利用しています。

これに対し、クレジットカード会社から借金する方法のことを、キャッシングと言います。

また、クレジットカードを利用すると、ポイントがついていろいろな特典が受けられることも多いです。

このように、クレジットカードを利用するときには、借金に直接つながらないことも多いので、一般的に、消費者金融よりクレジットカードの方が、イメージが良いのです。

しかし、クレジットカードでキャッシングをするときには、消費者金融と全く同じことになるので、きちんと理解しておきましょう。

クレジットカードでの借金については「クレジットカードを滞納するとどうなる?-各カード会社を徹底解説-」で詳しく解説しています。

(2) 消費者金融と銀行系カードローンの違い

銀行系カードローンと消費者金融の違いとは?債務整理する上の注意点

次に、消費者金融と銀行系カードローンの違いについて、説明をします。

銀行系カードローンは、銀行が預金を担保にして預金の利用者に貸付をする制度です。

通常は、その銀行で口座を開くと、銀行カードローンを利用することができます。

銀行カードローンと消費者金融にはいろいろと大きな違いがあるので、ご説明します。

①貸し付ける機関が異なる

1つ目は、貸し付ける機関の違いです。

消費者金融は、貸金業登録をしている貸金業者としての消費者金融会社です。

これに対し、銀行カードローンの貸付人である銀行は、貸金業者ではありません。銀行は、銀行法という法律によって認められている「銀行」という資格を持った機関です。

銀行として認められるためには、消費者金融より厳しい要件をいろいろクリアしなければなりません。

また、銀行が行っている業務は非常に幅広いです。消費者だけではなく法人や事業者にも貸付をしますし、消費者用ローンだけではなく、教育ローン、事業用ローン、住宅ローンなど多種多様な貸付をしています。

貸付業務だけではなく、外国為替取引や預金の業務、投資信託などの業務も行っています。

貸金業者ではないので、貸金業法ではなく銀行法による規制を受けます。

このように、銀行と消費者金融は、全く異なる機関であることを、まずは理解しておきましょう。

②総量規制の有無が異なる

次に重要なのは「借金の総量規制」です。

借金の総量規制というのは、年収の3分の1までしか借入ができないという規制です。

以前、消費者金融やクレジットカードで借金を重ねて自転車操業状態に陥る多重債務者が増えたことにより、総量規制が導入されました。

そこで、今は借金をしようとするとき、すでに年収の3分の1以上の金額の借入をしていると、借り増しすることができません。

ただ、総量規制を受けるのは、貸金業者のみです。銀行は、総量規制による影響を受けません。そこで、すでに多額の借入をしていても、銀行カードローンなら利用することができます。

なお、クレジットカード会社は貸金業者ですから、総量規制の適用を受けます。消費者金融とクレジットカードの合計が年収の3分の1を超えると、これらの業者からの追加借入ができなくなります。

③利率が異なる

銀行カードローンと消費者金融・サラ金では、適用される利率が異なることが普通です。基本的に、銀行カードローンの方が安くなります。

消費者金融の場合、年率は15%かそれ以上になることもありますが、銀行カードローンなら10~13%程度になることが多いです。

これは、銀行は母体が大きく経営体力があることや、次に説明するように保証会社がついていること、銀行は信用が高いので、優良顧客が利用すること、預金を利用するものにしかカードローンを使わせないこと(預金が担保になる)などが理由となっています。

そこで、同じ借金をするならば、消費者金融よりも銀行カードローンを利用した方が楽に返済できます。

④滞納したときの影響が異なる

消費者金融と銀行とでは、滞納したときの影響が異なります。

消費者金融の場合、滞納すると、借入先の消費者金融が電話や郵便によって督促をしてきます。

これに対し、銀行の場合、長期滞納すると、保証会社が代位弁済してしまいます。

銀行カードローンの保証会社になっているのは、アコムやプロミスなどのサラ金会社やカード会社、信販会社などの貸金業者です。そこで、代位弁済後は、こうした保証会社が債権者となって、督促してくることになります。

また、銀行カードローンを滞納すると、預金口座を凍結されてしまい、そこから取り立て(相殺)が行われる可能性があります。給与振込口座を止められたりすると、影響も大きいので注意が必要です。

このように、銀行カードローンとは言っても、滞納すると結局は消費者金融を滞納したのと同じ状況(あるいはもっと悪い)になってしまいますから、借入は計画的に行うことが重要です。

代位弁済については「借金返済が不可能に!?代位弁済をされたら弁護士に相談を」をご覧ください。

5.借金問題の解決は泉総合法律事務所へ

借金をして返せなくなったからといって、大手消費者金融、街金を問わず、安易に次の借入先を探すことはおすすめできません。もし借金問題でお困りであれば、私ども泉総合法律事務所にお早めにご相談ください。

借金を繰り返すことは問題が大きくなるだけで、根本的な解決策にはなりません。借金問題は金額が膨らんで身動きがとれなくなってしまう前に、早い段階で専門家に相談し、解決策を検討することが重要です。

当事務所では、大手消費者金融や街金以外にも、闇金被害でお困りの方からご相談を受け、数多くの案件を解決させてきました。闇金との対応をご自身で行うことは、精神的にも非常に大変なものです。

ですので、もし闇金などからの悪質な取り立て業者でお困りのケースでも、まずは当事務所までご連絡ください。ご相談は何度でも無料です。

債務整理コラム一覧に戻る