債務整理の弁護士費用はいくら?相場と規律

借金

債務整理の弁護士費用はいくら?相場と規律

【この記事を読んでわかる事】

  • 債務整理における弁護士費用の種類(内訳)
  • 任意整理、個人再生、自己破産における弁護士費用の相場
  • 泉総合法律事務所の安心明瞭な弁護士費用について

 

「実際に債務整理が必要なのに、弁護士に払うお金なんてない……」

皆さんは、債務整理に必要な弁護士費用はいくらかご存知ですか?

今回は、債務整理をしたいのに弁護士費用の面で不安があるという方のために、債務整理を弁護士に頼んだ場合の費用について詳しくお話します。

1. 弁護士費用の考え方

(1) 債務整理において弁護士費用の心配は無用

債務整理をする際には色々な不安はつきものですが、中でも弁護士費用の支払いについて心配している人は多いと思います。

一般的に弁護士費用は高いというイメージもあり、法律事務所に相談に行くことを躊躇(ちゅうちょ)し、その間に事態が悪化してしまうことはよくあることです。

しかし、最近では弁護士費用の立替制度などもあり、初期費用がなくても依頼できる法律事務所も多いので、費用のことを心配して足踏みする必要はありません。

原則、弁護士費用には基準がないので、弁護士は依頼者と自由に報酬額を決定することが可能です。

ただ、自由に決定して良いといっても、報酬額の相場は存在します。

特に債務整理と過払い金請求については報酬上限が決められているので、制度面でも弁護士費用が高額にならないように規制がされているのです。

(2) 報酬額の規律

日本弁護士連合会(日弁連)では、債務整理および過払い金請求事件については「債務整理事件処理の規律を定める規定」を制定し、不当に高額の報酬を請求することができないようにしています。

日弁連の規定は弁護士に対しては強い拘束力があるので、各事務所はこの規定に沿って報酬を定めています。

債務整理事件における弁護士報酬については、解決報酬金、減額報酬金、過払い金報酬金があり、それぞれ上限が設定されています。

債務整理事件処理の規律を定める規定については「弁護士選びの基準とは?債務整理事件処理の規律を定める規程」で詳しく解説していますn。

2. 弁護士費用の内訳

(1) 着手金

正式に弁護士に依頼をすることを決めて、債務整理の委任契約書を交わすときに支払うお金です。

着手金は、債務整理の成功の有無に関わらず発生します。後から返ってくることはありません。

(2) 報酬金

報酬金は債務整理事件の成功の程度に応じて払うお金です。

(3) 過払い金返還報酬金

債権者から支払われた過払い金を基に算出した額を報酬とするものです。

(4) 手数料

債務整理に関わる事務手続費用です。

(5) 相談料

相談料の相場は1時間5,000円~10,000円ですが、現在は無料の法律事務所が多いので、初期費用が心配な人は、相談料無料の事務所を選択することをおすすめします。

泉総合法律事務所も、債務整理のご相談は何度でも無料とさせていただいております。

3. 任意整理

任意整理をする場合の着手金と基本報酬、減額報酬は以下の通りです。

着手金…債権者1社につき3~5万円
減額報酬…減額された債務額の10~20%程度が相場

仮に50万円の減額に成功した場合は、減額報酬は5~10万円です。減額報酬は借金の減額幅が大きいほど報酬額が大きくなります。

4. 個人再生

個人再生の着手金と減額報酬は以下の通りです。

着手金:30万円程度
減額報酬…減額された債務額の10~20%程度

個人再生も任意整理同様に、減額報酬は減額の10~20%程度ですが、着手金は比較的高額になります。

住宅を手元に残すための住宅ローン特則がついている場合は、弁護士費用が5~10万円ほど上乗せされることもあります。

5. 自己破産

自己破産の着手金と報酬金は以下の通りです。

着手金…20~50万円程度(債権者が提訴した場合は裁判費用が別途発生)
報酬金…免責された場合に発生

報酬金は免責された場合のみ発生しますが、同時廃止事件の場合は請求しない事務所も多いようです。

6. 過払い金返還請求

過払い金請求の着手金と成功報酬は以下の通りです。

着手金…債権者1社につき5~10万円程度
成功報酬:減額された金額の10~20%程度

過払い金請求の成功報酬は、利息制限法を基にした引き直し計算によって過払い金が発生したときに支払われます。

報酬のパーセンテージは回収金額によって決めている事務所もありますが、相場は10~20%の間です。

7. 弁護士費用は分割払いや法テラスの利用も検討

弁護士費用の相場は前述にて紹介した通りですが、債務整理をしようとしている人にとっては決して小さな金額ではありません。

しかし、債務整理考えているのであれば、一刻も早く弁護士に相談をした方が良いので、お金のことが心配な人は分割払いや法テラスの利用も検討してみましょう。

現在は弁護士事務所によっては分割払いOKというところも増えているので、初回相談のときに支払い方法についても相談してみましょう。

また法テラスを利用すると弁護士費用を立て替えて貰うことができます。弁護士費用は後で法テラスに分割払いで返済していくので、現状手持ちの費用がない人でも弁護士に依頼をすることが可能となります。

8.泉総合法律事務所は相談無料で分割払可能

以上は、一般的な弁護士費用で、個別の案件の難易度により異なる場合があります。

泉総合法律事務所では、債務整理のご相談は何度でも無料で行っております。ですので、借金のことでお困りの方は、相談料の心配をすることなく、安心してご相談いただけます。

また、その他の費用につきましても、安心明瞭でリーズナブルに設定しており、分割払いにも対応しております。詳しくは「費用について」のページをご覧ください。

借金問題は時間が経過すればするほど深刻化するものです。「弁護士費用の支払いが心配で相談しようか迷ってしまう」という方は、まずはお気軽に当事務所へご連絡いただけたらと思います。専門家と一緒に、借金問題を解決していきましょう。

債務整理コラム一覧に戻る