債務整理後でも作れるデビットカードとブラックリストの関係

借金

債務整理後でも作れるデビットカードとブラックリストの関係

債務整理を行いブラックリストに載ってしまった結果、クレジットカードを作ることができなくなってしまった人でも、「デビットカード」なら作ることができます。

しかし、デビッドカードはクレジッドカードと全く同じというわけではなく、利用しにくい側面もあります。

そこで今回は、デビッドカードの概要から特徴、メリットとデメリットまでを解説します。

1.デビットカードの概要と種類

まずは、デビットカードの概要とその種類についてご説明します。

(1) デビッドカードとは

そもそも、デビットカードとはどんなカードのことを指すのでしょうか。

デビッドカードとは、カードの加盟店にて、カードで商品購入をすると、即時・自動的に口座から引き落としが行われる仕組みのカードを指します。

デビットカードは、チェックカードやチェックデビットカードという呼び名で呼ばれることもあります。これらはすべて同じ、即時決済型のカードです。

特徴としては、銀行残高からすぐに決済されること、そして、残高以上の買い物はできないということです。ここがクレジットカードとの大きな違いになります。

クレジットカードよりも、むしろキャッシュを入金して現金として利用できる電子マネーに近いかもしれません。

デビッドカードは、銀行口座さえあれば基本的には誰でも簡単に作ることができるため、現金派の方や信用情報に傷がある方でも安心して利用できる決済手段と言われています。

(2) デビッドカードの種類

では、デビッドカードはどのようにして作成されるのでしょうか。

デビットカードを取り扱っている金融機関は意外と多くあります。もっとも、基本的には2種類のカードに分けることができます。

1つは、J-Debitです。

これは、実は銀行のキャッシュカードのほとんどに付随している機能です。キャッシュカードを銀行で作るときに、デビットカードの機能をつけるかどうか確認されることがあるのですが、今は標準的に付いている場合もあります。

日本国内のお店で、J-Debit加入店であればどこでも使用できるため、本当に銀行口座さえあれば作れるカードということになります。申し込み方法も、銀行でキャッシュカードを申し込むだけです。今お持ちのキャッシュカードにも付いている可能性が高いので、カードを確認してみてください。

付いていない場合でも、銀行に申し込みをすることでデビットカードを手に入れることができます。

もう1つは、クレジット会社のデビットカードです。昔はVISA系列のものしかありませんでしたが、現在はJCB系列のカードもあります。

申し込み窓口は多くあり、クレジットカードのサービスを行っている会社であれば、大抵デビットカードも作成できます。デビットカードを利用すると、クレジットカードのようにポイントがつくカードもあります。

《参考デビットカード》
・ジャパンネット銀行デビットカード
・スルガVISAデビットカード
・りそなVISAデビットカード
・楽天銀行VISAデビットカード
・住信SBIネット銀行VISAデビットカード
・JNB VISAデビットカード
・セブン銀行デビットカード(JCB)

このように、デビットカードには、銀行発行型とクレジットカード会社発行型の2種類があります。

2.ブラックリストとデビッドカード

では、ブラックリスト入りしている人でも、デビットカードは持てるのでしょうか。ブラックリストの意味とデビットカード利用の可否についてご説明します。

(1) 「ブラックリスト」とは

「ブラックリストに載る」とは、信用情報機関の記録に金融事故が記載されている状態のことを指します。

金融事故とは、任意整理、個人再生、自己破産などの債務整理の情報はもちろん、支払い遅延・延滞などの情報も含まれます。

実際には、「ブラックリスト」という名称の冊子やデータがあるわけではなく、金融事故の総称として一般的に「ブラック」や「ブラックリストに載る」などと呼ばれています。

一度ブラックリスト入りしてしまうと、その記録を消すことは容易ではありません。

(2) 信用情報機関

では、そもそも信用情報機関とは一体何をしている機関なのでしょうか。

信用情報機関とは、正式には「個人情報信用機関」といい、金融機関と個人の健全な信用取引を実現するための機関です。銀行などの金融機関やクレジットカード会社などは、信用情報機関に登録し、個人の信用状態をチェックできるようにしています。

個人から受け取った申告情報だけでなく、この情報を閲覧することにより、ローン審査やクレジット審査などを行っているのです。

信用情報機関に事故情報が掲載される期間については、事故内容によって異なります。債務整理の場合は、最低でも5年間は削除されないと理解しておくべきでしょう。

このように、「ブラックリストに載る」ということは、信用情報機関に金融事故情報が掲載されていることを指します。自分自身の経済的信用状態が気になる方は、一度各信用情報機関に自分の信用情報の開示を請求してみましょう。

(3) ブラックリスト入りしていてもデビットカードは持てるか

では、ブラックリスト入りしている場合でも、デビットカードは持てるのでしょうか。

先述した通り、ブラックリスト入りしている場合、クレジットカードは持つことができません。しかし、デビットカードの場合は別です。

デビットカードは、ブラック情報が記載されている場合でも持つことができます。なぜなら、デビットカードは与信審査がないからです。

金融機関やクレジットカード会社は、カードの作成やローンを組むことの申し込みがあった場合、必ず信用情報機関のデータベースにアクセスし、その人の信用情報を確認します。これは、カードやローンの性質上、返済能力があるのかをチェックする必要があるからです。

しかし、デビットカードの場合は、実際に銀行口座に残っているお金しか利用できないからため、返済能力は必要ありません。

したがって、ブラックリストの内容が滞納はもちろん、自己破産であったとしても、デビットカードを作成することは可能なのです。

このように、ブラックリスト入りしていても、デビットカードを作成することは可能です。銀行口座内にある預金分のみの利用となりますが、クレジットカードを利用できない方にとっては便利な決済手段だといえます。

3.デビッドカードのメリットとデメリット

(1) デビットカードのメリット

デビットカードのメリットは何なのでしょうか。

まず、デビットカードは、クレジットカードのように利用できるため、現金が手元にない時もショッピングを楽しむことができます。そして、支払い能力を超えた使用はできないので、経済的な許容範囲内で買い物ができるという点もメリットでしょう。

さらに、口座残高が利用限度額となるため、身に覚えのない支払いや不正利用にも気づきやすくなります。

また、いちいち引き出さなくても、カードで支払いが可能になるので、ATM利用料の節約にもなります。

また、クレジットカード会社発行のデビットカードなら、ポイントがつく仕組みもあるため、この場合、現金使用よりお得に買い物ができます。

その他にも、海外旅行の際、換金も海外のATMでできるため、大変便利だという利点があります。

メリットまとめ

  • クレジットカードが利用できない人も作成可能
  • 現金がない時も買い物できる
  • 支払い能力を超えた買い物ができないため、家計管理にも最適
  • 不正利用に気づきやすい
  • ATM利用料の節約
  • ポイントがつくので現金よりお得
  • クレジットカード会社のデビットの場合、海外でも利用できる

(2) デビットカードのデメリット

では、デビットカードのデメリットはどのような点にあるのでしょうか。

まず、口座残高以上の買い物はできないということです。 与信審査がなくカードが作成しやすい反面、利用限度額は口座残高に限られてしまいます。

また、支払いオプションがないこともデメリットになります。

クレジットカードであれば、ボーナス一括払いや分割払いなどができますが、デビットカードでは即時引き落としのみなので、これらの支払いオプションは利用できません。

そして、利用できる店舗がクレジットカードよりは少ない点です。デビットカードは多くのお店で利用できますが、加盟店でない場合は利用できません。一部の高速道路やガソリンスタンドでは利用できないこともあるようです。

以上が、デビットカードのデメリットになります。

支払い方法が一括払いしかない点などは、不便かもしれません。しかし、裏を返せば、無駄使いを防止して、金銭管理を徹底できるということになります。

デメリットまとめ

  • 口座残高以上の利用ができない
  • ボーナス一括払いや分割払いはできない
  • 加盟店以外では利用できない
  • 一部の高速道路やガソリンスタンドでは使えない

4.デビッドカードの注意点

では、デビットカードを作成する上で、知っておくべきことはあるのでしょうか。以下で、注意すべき2点について解説します。

(1) 与信審査があるデビットカードもある

実は、デビットカードは絶対与信審査がないとは言い切れないのです。デビットカードを発行している会社によっては、与信審査が必要になるケースもあります。

もっとも、これは限られたケースですので、それほど心配する必要はありません。

与信審査が必要なカードは、立替え払いができるデビットカードのみです。「残高が足りないときに、10万円程度の少額を立替え払いできますよ」という機能が付いている場合は、与信審査が必要になります。

このようなカードの場合は、ブラックリスト入りしている方は作成できない可能性が高いということを覚えておきましょう。

具体例としては、イオンが発行する「イオン銀行デビットカード」があります。

(2) クレジットヒストリーがつかない

「デビットカードを利用し続けると、経済的信用も上がるのでは?」と思っている方もいるかもしれません。

しかし、信用情報機関の情報には、デビットカードの利用履歴などが一切記録されません。そのため、信用情報がよくなるといった効果は一切ありません。

デビットカードとクレジットヒストリーは別物ですので、デビットカードを使用することで信用情報がよくなるといった効果はないということを理解しておいてください。

このように、デビットカードを使用していても過去の事故情報が早く消えたり、経済的信用が回復したりするということはありません。

そのため、クレジットカードを作れるようになったときは、クレジットカードを申請し徐々にクレジットヒストリーを積み上げていくことで、信用を回復する必要があります。

ある程度のクレジットヒストリーがあれば、その後のローンの申請も通りやすくなるでしょう。

5.自己破産後でも、デビットカードは利用できる

ブラックリスト入りすると、もうクレジットカードは当分使えないと思い、私生活に不便が出ると落胆されている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、クレジットカードではなくとも、デビットカードなら代替品としてしっかり活躍してくれます。口座残高以上の買い物はできませんが、これも家計を見直すよい機会です。

泉総合法律事務所では、自己破産をはじめさまざまな債務整理方法について、一人ひとりに合ったご提案をさせていただきます。ブラックリストによるデメリットよりもメリットの方が遥かに大きいケースも多々ありますので、まずは一度、当事務所の弁護士にご相談ください。ご相談は何度でも無料となっております。

債務整理コラム一覧に戻る