借金返済 [公開日] [更新日]

ブラックリストとはそもそも何なのか?掲載されることの悪影響

ブラックリストとはそもそも何なのか?掲載されることの悪影響

ブラックリストに載る」という言葉をお聞きになったこと事がある方は多いと思います。

一方で、「ブラックリスト」とは何かということを聞かれたときに具体的にお答えできる方は多くないのではないでしょうか。

そこで、これから「ブラックリスト」について説明していきたいと思います。

1.ブラックリストとは

(1) ブラックリスト

まず、「ブラックリスト」という名前のリストは存在しません。

「ブラックリスト」に載るとは、信用情報機関に事故情報が登録され、新規の借入を申し込む際に審査が通りにくい状態の俗称です。

(2) ブラックリストに載るデメリット

ブラックリストに載ってしまうと以下のデメリットがあります。

①借入が出来なくなる

新たな借入を申し込んでも審査が通らず、また、今まで普通に使用出来ていたクレジットカードが使えなくなることもあります。

当然、住宅ローンや自動車ローンの審査も通りません。

②賃貸物件を借りる際の注意

住居を借りる際、保証会社が信販会社になっている場合ですが、信用情報を基に審査をしますので、賃貸借契約が結べないケースがあります。

③携帯電話を購入する際の注意

携帯電話機本体を購入する際、信用情報を基に審査をしますので、分割払いで携帯電話機本体を購入出来ないケースがあります。

2.信用情報機関とは

(1) 信用情報機関

信用情報機関とは、信用情報機関の会員になっている会社から登録される信用情報を管理・提供している機関です。

例えば、あなたがクレジットやローンなどを利用する際、会員会社はあなたの信用力を判断するために信用情報機関に登録されている信用情報を確認しています。

この確認を行うことで、会員会社はあなたに返済能力があるのか判断しているのです。

(2) 信用情報機関は3つある

現在、日本には「日本信用情報機構(JICC)」、「シー・アイ・シー(CIC)」、「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」の3つの信用情報機関があります。

この3つの機関は主な会員会社が異なります。例えば、JICCは消費者金融や信販会社、CICはクレジット会社や信販会社、JBAは銀行や銀行系のカード会社を主な会員としています。

もっとも、この3つの機関はネットワークにより情報共有を図っています。ですから、「消費者金融の返済が遅れてしまってブラックリストに載ってしまったけれど、銀行系での融資の審査は大丈夫」とはいかないので注意が必要です。

【参考】信用情報機関の違い(CIC・JICC・JBA)とブラックリストに掲載される影響

3.信用情報

(1) 信用情報とは

信用情報機関に登録される情報には以下のものがあります。これらの情報の総称が「信用情報」ということになります。

  • 氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先などの個人情報
  • 借入先の名称や契約日などの契約情報
  • 借金の残高や返済状況

このうち、支払いの延滞、債務整理の情報が「事故情報」と呼ばれる情報になります。

【参考】「信用情報」の基礎知識~自分の信用情報を調べる方法とその手順

4.ブラックリストに載ってしまうのはどんなときか

これまでのお話から「信用情報機関」に「事故情報」が登録された場合が「ブラックリストに載る」という状態であることはお分かりいただけたと思います。

では、「事故情報」が登録されるのはどのようなときでしょうか。

(1) クレジットカードやローンの支払が遅れたとき

おおよそですがクレジットカードやローンの支払が3か月以上遅れると事故情報として信用情報機関に登録されていまします。

また、延滞が3か月より短い期間であっても何度も延滞を繰り返すとこれも事故情報として登録されてしまいます。

(2) 債務整理をしたとき

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行った場合も事故情報として信用情報機関に登録されていまします。

(3) 強制解約されたとき

自分名義のクレジットカードを他人に使わせた場合や換金行為などクレジットカード契約の規約に違反して、契約を強制的に解約されてしまった場合も事故情報として信用情報機関に登録されることになります。

(4) 多重申込み

あまりに短期間に複数枚のクレジットカードを作ってしまうと、クレジットカードの不正使用が疑われ、これも事故情報として信用情報機関に登録される場合があるようです。

5.ブラックリストに載る期間はどれくらいか

各信用情報機関の事故情報保有期間については以下のようになっています。

(1) CICの場合

  • 延滞情報  5年
  • 債務整理  5年
  • 強制解約  5年
  • 多重申込み 6か月

(2) JICCの場合

  • 延滞情報  5年
  • 債務整理  5年
  • 強制解約  5年
  • 多重申込み 6か月

(3) JBAの場合

  • 延滞情報  5年
  • 債務整理  5年 官報情報10年
  • 強制解約  5年
  • 多重申込み 6か月

【参考】

6.ブラックリストに登録されている期間は短縮できる?

ブラックリストに載ってしまうと、新たな借入が難しくなるため、お困りの方も多いかと思います。

では、ブラックリストの登録期間を短縮することは可能なのでしょうか。

正直に申し上げて一旦事故情報が信用情報機関に登録されてしまった場合、その保有期間そのものを短縮することは難しいと言わざるを得ません。

そこで、考えられる対応としては2つあります。

(1) 事故情報にあたる行為をしない

当たり前かもしれませんが、自分の収入に見合った借入を心がけていれば基本的にブラックリストに載ることはありません。

事故情報に当たるような行為はしないのが一番です。

(2) 早めに弁護士に相談する

では、事故情報に当たる行為をしてしまった場合どうするか。

まずは専門家である弁護士に早い段階で相談することをおすすめします。仮に、クレジットカードやローンの返済が遅れがちになってしまったとしても、早い段階で弁護士に相談すれば、家計の見直しなどだけで収支が改善することも多くあります。

また、債務整理をする必要がある場合であっても、早い段階で手続を進めれば、早く始めた分だけ将来の早い段階でブラックリストから外れることにつながり人生のリスタートを早く切ることができるようになります。

7.債務の悩みは泉総合法律事務所へ

泉総合法律事務所の弁護士には、借金問題に関する豊富な経験があります。また、弁護士・スタッフ一同ご相談者様目線で親身になってお話を伺い、解決方法などの説明をさせていただくよう心がけております。

借金問題でお困りの方は、あまり難しく考えず、まずはお気軽に泉総合法律事務所までご連絡ください。借金問題に関する法律相談は、初回だけなく、何度でも無料相談が受けられます。

債務整理コラム一覧に戻る