アイフルからの借入が返せない場合に必ず知っておくべき対処法とは?

借金

アイフルからの借入が返せない場合の対応策

アイフルからお金を借りている方必見です!

借金は誰しもが「返せる」と思って借りるものです。

しかし、会社の都合で給料が減ったり、リストラされたり、病気やケガで働けなくなることもあります。また、家族の介護などで予定外の支出が続いてしまうこともあるでしょう。

今回は、アイフルからの借金を返せなくなったときの対応方法について解説します。借金の問題は早く対応することが何よりも大切です。

1.アイフルの特徴

アイフルは、大手の消費者金融です。過去には犬を起用したテレビCMが話題となったことがありますが、メディアでの露出も多いので、ご存じの方も多いでしょう。

近年は、銀行資本の傘下となる消費者金融が増えていますが、アイフルは銀行傘下に入っていない消費者金融であることが最大の特徴です。

(1) アイフルの利用条件

アイフルのローンは、満20歳から69歳までの人で「定期的な収入」と「返済能力」のある人が申し込むことができます。

なお、取引中に70歳を迎えたときには、その時点で新規の融資が停止されます。

(2) 審査について

アイフルのような消費者金融や銀行のカードローンの融資を申し込む際には、必ず審査があります。審査の方法は、次のものがあります。

  • 本人確認
  • 属性審査
  • 信用情報の調査
  • 在籍確認

属性調査は、スコアリングと呼ばれる、契約申込者の職業や収入、財産状況(持家の有無)などを定型的に点数化する方法で行われます。

また、融資は、契約申込者の信用状況に応じて判断されるため、信用情報機関のデータベースに登録されている信用情報を調査します。

たとえば、過去に「債務整理」、「延滞」、「審査落ち」などのいわゆる「ブラック情報」があると融資を受けることは難しくなります。

属性調査と信用調査をクリアすると、在籍確認が行われます。在籍確認は、勤務先への電話で行われるのが一般的ですが、アイフルは「職場への電話なし」で在籍確認することをいち早く始めた消費者金融としてよく知られています。

なお、融資の際に顧客の支払い能力を調査することは貸金業法で定められる貸金業者の義務です。「電話連絡なし=在籍確認なし」というわけではありません。

電話連絡の代わりに、必要書類(会社発行の社会保険証や給与明細)の提出が必要です。ただし、書類審査の結果やはり電話確認が必要という場合もあるので、注意が必要です。

アイフルは即日融資にも対応しています。夜間であっても、平日は22時、休日は21時まで店舗で手続を済ませれば即日融資を受けることができます。

また、「てまいらず」や「配達時間えらべーる」のサービスを使えば、家族などに知られることなくアイフルのカードを受け取ることも可能です。

(3) アイフルから借金したときの金利

アイフルから融資を受けた場合の実質金利は、年4.5%~18%です。年18%の利率は、50万円の借金の上限利率です。

なお、返済を遅延した場合の遅延損害金は、法律が定める上限利率の年20.0%(実質年率)が適用されます。

(4) 融資限度額

アイフルをはじめとする消費者金融からの借金は「好きな金額」を借りられるわけではありません。

貸金業者からの借金には、貸金業法が定める「総量規制」が適用されます。総量規制は、「年収の1/3を超える借金の契約」を禁止する規制です。

したがって、たとえば、年収450万円の人であれば、150万円を超える借金の申込みをすることは、原則としてできません(事業用融資や住宅ローンのような有担保ローンは総量規制の適用対象外です)。

なお、極度額の変更もウェブの会員ページや店舗などで可能ですが、その際にも審査があります。

ところで、50万円を超える限度額の申込みをするときや、申込み額と他社の借金額の合計が100万円を超えているときには、申込み時に「収入を証明する書類」を下記のうちから1点提出しなければなりません。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

(5) 返済方法

アイフルの返済方式は、「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」です。借金の返済方法としては、最もスタンダードな方法ですが、名称が長いので、一般の方には少し分かりづらいと思います。

簡単に説明すれば、「支払い額を元金と利息に振り分ける方式(元利方式)」と「毎月の返済額が一定額(定額リボルビング方式)」とを組み合わせたものと理解すればよいでしょう。

この定額部分の金額が、借入後の残高に応じて変動する(借入後残高スライド)という仕組みです。

実際の返済額は、下の表のとおりです。

借入後残高 最低返済額
35日サイクル制 約定日(毎月)払い
1円~10万円 5,000円 4,000円
10万円超~20万円 9,000円 8,000円
20万円超~30万円 13,000円 11,000円
30万円超~50万円 15,000円 13,000円
90万円超~100万円 30,000円 26,000円

返済方法は、振り込み、口座振替、店頭返済、ATM(自社および提携)、コンビニ端末から選択できます。

(6) そのほかの特徴

以上のほか、アイフルには、30日間の利息無料サービス(初回限定)や、女性専用窓口、24時間対応の会話ロボット相談窓口(ルフィア)といったサービスがあります。

2.アイフルの借金を返せないとどうなる?

アイフルの借金が返せなくなるとどうなってしまうのでしょうか。

(1) 最初は電話での督促から

最初の督促は電話で行われます。返済期日に支払いができないと翌日には、アイフルから電話がかかってきます。

督促の電話は、契約時に登録した電話番号(携帯)にかかってきます。

この段階で「いつまでに支払える」と連絡できれば、約束の期日まで督促がかかってくることはありません。

延滞後に債務者が支払期日を告げたときには、それを待たなければならないと金融庁のガイドラインで定められているからです。

なお、携帯への督促電話を無視すると勤務先や自宅に電話がかかってきます。

家族や勤務先に知られないためにも、督促の電話を無視することは絶対にいけません。

延滞することが確実な場合には、事前にこちらからアイフルに連絡をするようにしましょう。

(2) 電話督促を無視すると督促状が届く

電話の無視を続けた場合や、さらに延滞が続いたときには、アイフルから「督促状」が届きます。

場合によっては、アイフルの担当者が自宅に訪問してくることもあるかもしれません。

(3) 「期限の利益を失う」

借金の延滞が数ヶ月続くと、「期限の利益を喪失」します。「期限の利益」とは「分割で借金を返済できる権利」のことです。

アイフルだけでなく、借金の契約(金銭消費貸借契約)には、必ず「返済を延滞したら期限の利益を失う」という条項が入っています。

アイフルの借金は、2ヶ月の延滞で期限の利益を失う場合があります。期限の利益を失うと、アイフルから「期限の利益喪失通知」もしくは「一括請求書」が送付されてきます。

この場合には、アイフルではなく、「アストライ債権回収」という会社から通知が届く場合もあります。

「アストライ債権回収」は、アイフルが出資して設立した「債権回収業者(サービサー)」です。

アイフルは延滞のある債権をアストライ債権回収に譲渡することで、アイフルとしての処理を終えます。

サービサーから請求されたときには「聞き覚えのない会社からの請求」ということで、無視してしまう方がいます。

しかし、「アストライ債権回収」からの請求は詐欺の類いではないので、無視してはいけません。

(4) 「延滞」の信用情報が登録される

61日以上の延滞、もしくは3ヶ月以上の延滞となると、「信用上の事故」として取り扱われます。

債権がサービサーに譲渡された場合や一括請求通知が届いた際には、「事故情報」が信用情報に登録されます。

事故情報が登録されている間は、他社からの融資やクレジットカードの新規発行ができなくなります。

(5) 一括請求に応じられなければ訴えられる

アイフル(アストライ債権回収)から一括返済を求められても、実際に返済できる人はほとんどいないと思われます。

返済できない状態が続けば、アイフルは裁判などの手段によって、融資額の回収を行います。

アイフルが貸金返還請求訴訟を提起すると、裁判所から「訴状」が送達されます。

訴訟を提起されたときには、「どうせ返せないから」と無視してはいけません。訴訟を起こされたときに、「答弁書も出さずに口頭弁論を欠席」すると、原告の主張通りの判決が言い渡されてしまうからです。

さらに言い渡された判決を放置しておけば、判決が確定してしまいます。

応訴することで和解の可能性がひらける場合もあります。アイフルから提訴されたというときには、できるだけ早く弁護士に相談されることをおすすめします。

なお、訴訟ではなく「支払督促」という方法がとられる場合もあります。支払督促の場合も裁判所から「支払督促」が送達されます。

支払督促を2週間放置すると、裁判で敗訴した場合と同じ状態になってしまいます。

支払督促に異議を述べれば、通常訴訟に移行します。支払督促が送達されたときも、できるだけ早く弁護士にご相談ください。

(6) 判決や支払督促の後は強制執行が待っている

判決や支払督促の後も支払いができなければ、強制執行を申立てられます。この場合の強制執行は、「給料の差押え」であることがほとんどでしょう。

給料を差し押さえるときには、給料の支払者(勤務先)に裁判所から「債権差押命令」が必ず送達されます。

債権差押命令には債権者名も記載されるので、「借金を滞納による給料の差押え」であることが知られてしまいます。

給料の差押えは、支給額の1/4までに限定されますが、借金(および遅延損害金と裁判費用)の完済まで続きます。

差押えが長期間続けば、勤務先との関係がこじれることもあるかもしれません。

借金の問題は、給料の差押えになる前に解決することが大切です。

給料の差押えについては「借金・税金滞納で給与差し押さえ!解除・回避のための手続き」でも詳しく解説しています。

3.お金を工面して何とか支払う方法

アイフルからの借金の返済に行き詰まってしまったときの解決方法について説明します。

(1) 負担の少ない借金で借り換える

消費者金融からの借金は、「利息の負担が重い」ために行き詰まってしまうことが少なくありません。

特にアイフルの利息は、消費者金融の中でも高いと言えます。

労働組合のある会社にお勤めの場合には、ろうきんの融資を利用できれば、アイフルよりも安い金利のローンに借り換えることも可能です。

また、アイフル以外にも借金があるときには、「借金を1本化」することで、返済日を管理しやすくなり、借金がより深刻になることを防止することもできます。

ろうきんや公庫の融資を受けられないときには、銀行が提供している「おまとめローン」を利用するのも1つの方法です。

なお、アイフルにも「おまとめMAX」(貸金業法に基づくおまとめローン)という商品があります。

しかし、おまとめローンの金利は必ずしも安いわけではありません。現状より見た目の金利が安くなるのは、1つの金融機関からの融資額が増えたからです。

また、おまとめローンで借り換えれば、返済期間がこれまでよりも長くなることが一般的です。

返済期間が延びたことで、金利は安くなっても支払総額が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

実際のケースでは、おまとめローンよりも債務整理で解決した方が良いケースもあります。

借金の返済にお困りの時には、まず弁護士に相談してみるのが良いでしょう。

(2) 家族や親戚の援助を受ける

家族に資力の余裕があるときには、借金の返済への援助をお願いすることも解決策の1つです。

家族や親戚の援助が得られれば、おまとめローンのように金利を支払うことなく、借金の問題を解決することも可能となります。

しかし、家族や親戚に借金を肩代わりしてもらっても「返済義務」がなくなったわけではありません。家族や親戚だからこそ、きちんと返すべきでしょう。

返済の当てがないときには、債務整理によって解決することをおすすめします。

4.債務整理で解決する方法

債務整理で解決する方法

アイフルの借金を借換えや援助で解決できないときには、債務整理で解決することになります。

債務整理には、「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、「自己破産」の4つの方法があります。

このうち、特定調停は実際に利用されることはあまりないので、任意整理、個人再生、自己破産について解説します。

(1) 任意整理

任意整理は、最も一般的な債務整理の方法です。債権者と個別に「借金を返済しやすくするための交渉」をします。

任意整理では、毎回の支払い額を減らすために「利息と遅延損害金の免除」および「返済回数の見直し」の交渉をします。

アイフルへの支払いは利息の負担が小さくありません。

たとえば、50万円借りているときの最低返済額は15,000円です(約定(毎月)払いの場合)。このうち利息の支払いが7,500円を占めています。

最低返済額で50万円の借金を完済したときの支払利息の総額は25万円にもなるので、かなりの金額と言えます。

さらに、任意整理では、利息の免除に加えて返済期間を見直す(返済回数を増やす)ので、毎月の負担を大幅に軽減することが可能です。

36~60回の返済回数に再設定するのが一般的です。

(2) 個人再生

借金が多額すぎるときには、利息を免除してもらっても返済が難しいこともあります。そのときには、裁判所に個人再生を申立てることを検討します。

個人再生が認められると、借金の一部を減額してもらうことができます。

借金の減額率は、民事再生法という法律であらかじめ定められています。具体的には、最低弁済基準額と清算価値の高い方の金額を3年の分割払いで返済します。

最低弁済基準額は、借金の金額ごとに定められる返済額で、清算価値は、申立人債務者が保有する財産の価額で定まる基準です。

住宅ローンがない(あるいはアンダーローンの)不動産や20万円を超える価値のある自動車などの価額の合計が最低弁済基準額を超えなければ、最低弁済基準額を3年の分割で支払うことになります。

たとえば、300万円の借金の最低弁済基準額は100万円、900万円の借金の最低弁済基準額は180万円となっているので、多額な借金でも大幅な減額を認めてもらえます。

なお、分割返済後に残った借金の残額は免除されます。

ところで、消費者金融や銀行のカードローンに加えて住宅ローンの支払いもあるために、借金の返済が難しいという人は少なくありません。

この場合には、個人再生の中で、「住宅資金特別条項(住宅ローン特則)」を利用すれば、マイホームを手放すことなくカードローンの借金の減免を受けることができます。

「マイホームを手放したくないから債務整理はできない」と諦めずに、まずは弁護士にご相談ください。

(3) 自己破産

突然のリストラや病気で収入が全くなくなってしまった場合や、借金がかなり膨らんでしまって「もはや返済は不可能」というときには、裁判所に自己破産を申立てることで、借金の問題を解決します。

自己破産は、借金を強制清算するための裁判所の手続です。

自己破産しても返済できない借金は、免責を得ることで返済義務がなくなります。いわば、法律に基づく「借金の帳消し制度」が自己破産です。

「自己破産すると大きな不利益を受けるのではないか」と不安に感じる方もいらっしゃると思います。

たしかに、自己破産では一定の財産を拠出しなければならず、一部の職業や資格に制限が生じることがあります。

しかし、生活に必要な財産まで失うことはありません。

たとえば、99万円までの現金や20万円未満の預貯金は手元に残すことができますし、テレビや冷蔵庫などの家財道具を失うこともありません。

また、職業や資格の制限もごく一部の職業について、破産手続開始から免責確定までの数ヶ月に限定されるので、影響のない方の方が多いです。

さらに、浪費による場合などのように借金の原因に問題があるときでも裁判所の裁量で免責を得ることができます。

弁護士にご依頼いただければ、免責を得られるように全面的にサポートさせていただきます。

自己破産は怖いと感じている人は少なくないと思います。しかし、自己破産では手続開始後の収入をすべて自由にできるという大きなメリットもあります。

自己破産は「生活をやり直すための救済手段」です。多額な借金を抱えても諦めずに、弁護士までご相談ください。

5.アイフルを債務整理すると生じるデメリット

アイフルを債務整理すると次のようなデメリットが生じます。

  • 債務整理すると信用情報機関のデータベースに事故情報が登録される
  • 事故情報が登録されている間(5~10年)は、新規の借金やクレジットカードの新規発行ができない
  • 現在保有しているクレジットカードも解約されたり更新できない場合がある
  • アイフルグループ(ライフカードやビジネクスト)とは今後一切取引できなくなる
  • アイフルやアストライ債権回収が保証会社となっている金融機関での審査に通らなくなる

クレジットカードを失うから債務整理はしたくない」と考えている人は少なくありません。

しかし、借金の問題を解決して、今後も借金に不安を感じることなく生活をしていく上では、「クレジットカードがない」ということは決して悪いことではありません。

いまでは、デビットカードなどのクレジットカードに代わる決済手段も増えているので、クレジットカードがなくても生活で困る場面は実際にはあまりないと言えます。

6.まとめ

アイフルの借金で悩んでいる人には、他の借金の返済も行き詰まっている人もいるかと思います。

度重なる返済の督促電話で精神的に追い詰められると借金の状況はさらに深刻化する危険性もあります。

弁護士に債務整理を依頼すれば、債権者からの督促は一切なくなります。また債務整理が決着するまで返済も一時的に停止されます。債務整理を依頼すれば、静かな生活を取り戻すことができるのです。

債務整理は収入と借金の状況に応じてベストの方法を選択することがとても大切です。

選択肢を多く残すためにも、借金でお困りのときには、できるだけ早く泉総合法律事務所までご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る