借金返済 [公開日] [更新日]

イオン銀行カードローンが返せない時に必ず知っておくべき対処法とは

イオン銀行カードローンが返せない場合の対応策

イオン銀行カードローンでお金を借りている方必見です!

イオングループは、非常に有名で大手の流通・金融グループです。

全国にスーパーマーケットやショッピングモールを展開しており、銀行業やクレジットカードの発行・運営業も行っています。

そのイオンフィナンシャルグループの一員である「イオン銀行」で、カードローンを利用することができます。イオン銀行は、サラ金などとは異なり「銀行」ですし、名も知られているので、カードローンの利用時にも、安心感が強いでしょう。

しかし、イオン銀行カードローンを利用している場合でも、借りすぎると返済が難しくなってしまいます。

もしも、支払いができなくなったら、どうすればよいのでしょうか?

今回は、イオン銀行カードローンの特徴や借りすぎの危険性、万一返済ができなくなった場合の対処方法について、弁護士が解説します。

1.イオン銀行カードローンとイオンカード(クレジットカード)の違い

イオングループでお金を借りるとき、「イオン銀行カードローン」を利用する方法以外にも、イオンが発行する「クレジットカードでキャッシング」する方法があります。

この両者は混同されることがあるので、まずは違いを押さえておきましょう。

(1) イオン銀行カードローンについて

イオン銀行のカードローンは、イオン銀行が運営しているカードローンのサービスです。

貸主は「イオン銀行」であり、クレジットカードの発行は不要です。

また、クレジットカードではないので、ショッピングはできませんし、年会費などもありません。家族カードの発行もできません。

(2) イオンカードのキャッシングについて

これに対し、イオンカードのキャッシングは、クレジットカードである「イオンカード」を使った借金です。

お金の貸主は、イオン銀行ではなく「イオンクレジットサービス」というクレジットカード会社です。

イオン銀行もイオンクレジットサービスも、どちらもイオンフィナンシャルグループの一員ですが、会社としては別組織になっていますし、提供しているサービスも異なります。

イオンカードの場合、クレジットカードなので、ショッピング機能もついていますし、光熱費や携帯電話などの支払いに利用することもできます。家族カードの発行も可能です。

以上のように、「イオン銀行カードローン」は「イオン銀行からの借入(クレジットカードではない)」であり、イオンカードのキャッシングは「イオンのクレジットカードを使ったキャッシング(借入先はイオンクレジットサービス)」であることを、まずは押さえておきましょう。

(3) イオン銀行カードローンとイオンクレジットの両方を利用するパターン

イオンカード(クレジットカード)には、「イオンカードセレクト」と言って、イオン銀行キャッシュカードと一体型のものがあります。

このカードを利用している場合、イオンカードのキャッシングを利用することもできますし、同じATMやウェブ上サービスを使ってイオン銀行カードローンも利用できます。

このように、イオンカードのキャッシングとイオン銀行のカードローンを同時に利用すると、債務者は「イオンから借入をしている」ということだけしか考えておらず、どちらからどれだけ借金しているのか、分からなくなりがちです。

イオン銀行からの借入分と、イオンクレジットサービスからの借入分は、分けて計算する必要があるので、今後は注意して明細書などを確かめると良いでしょう。

自分ではよく分からない場合、弁護士がお調べすることもできるので、お気軽にご相談ください。

2.イオン銀行カードローンの特徴

今回主に取り上げるのは、上記のうち、イオン銀行カードローンの方であり、イオンカード(クレジットカード)のキャッシングとは異なります。

ただし、イオンカードのキャッシングの残高が増えすぎて返せない場合にも、同じ対応方法で解決できます。

以下ではまず、イオン銀行カードローンの特徴を見ていきましょう。

(1) イオン銀行とは

イオン銀行は、2007年に設立された、比較的新しい銀行です。

カードローンだけではなく、自動車ローンや住宅ローン、フリーローンや教育ローンなど、各種のローン事業を展開しています。

全国のイオンのショッピングセンターやスーパーマーケット内にATMが置いてあるので便利に利用できますし、店舗内に窓口が設置されている場所も多くあります。

通常の銀行は平日9時~15時までしか利用できませんが、イオン銀行の場合、土日祝日を含めて、9時~21時まで営業しているので、非常に利便性が高いです。

イオン銀行カードローンは、2017年3月から名称変更しています。以前は「イオン銀行カードローンBIG」でしたが、今は「イオン銀行カードローン」となり、サービス内容も多少変更されています。

(2) 金利と限度額

イオン銀行カードローンの金利は、3.8%~13.8%です。

借入限度額は、10万円から始まって最大800万円までとなっており、非常に幅広く、10万円ごとに設定可能です。

利用限度額 適用利率
10万円~90万円 11.8%~13.8%
100万円~190万円 8.8%~13.8%
200~290万円 5.8%~11.8%
300~390万円 4.8%~8.8%
400~490万円 3.8%~8.8%
500~590万円 3.8%~7.8%
600~790万円 3.8%~5.8%
800万円 3.8%

この条件は、大手のメガバンクにも決して劣らない好条件です。

利率はむしろ低い方ですし、限度額は高い方だからです。他の銀行では、最大利率が14%を超える例も多いですし、限度額も500万円ということなども一般的です。

ただ、イオン銀行の借入額の平均額は他社より低く、大きな限度額を与えてもらいにくい傾向があります。

また、返済は、月々1000円から可能です。

遅延利率は14.5%となっており、これも低い数値です。

他の銀行やクレジットカードなどの場合、18%や20%などとなっていることが多いので、イオン銀行は有利です。

以上からすると、イオン銀行は利率、限度額に関して非常に好条件の銀行カードローンと言えるでしょう。

(3) イオン銀行カードローンを利用できる人

イオン銀行を利用できるのは、満20歳以上満65歳未満の人です。収入要件としては、安定収入があることが必要ですが、厳しくはありません。パートやアルバイト、自営業者や年金生活者、専業主婦でも利用できます。ただし、無収入の人や学生は利用できません。

また、保証会社による保証を受けられることが必要です。イオン銀行カードローンの保証会社は、オリックスクレジットまたはイオンクレジットサービスです。

イオン銀行口座を開設しなくても、カードローンを利用することができます。

(4) 審査スピード

イオン銀行カードローンは、イオン銀行の口座を持っているかどうかにより、審査のスピードが大きく変わってきます。

すでに口座を持っている方の場合には、当日の昼14時までに申し込むと、即日で融資を受けられることがあります。ただし、翌日や翌々日になるケースもあります。

イオン銀行の口座がない場合には、即日融資は難しいです。

審査に通過すると、メールで連絡を受けられますが、通らなかった場合には、郵送で通知が送られてきますので、結果が分かるまでに数日かかります。

また、申込み方法によっても審査スピードが変わります。

ウェブ上で申し込むと、早めに借入できますが、窓口や郵送で申し込んだ場合には遅くなり、1ヵ月以上かかるケースもあります。

(5) 借入金の用途、借入と返済方法

イオン銀行カードローンの場合、限度額までであれば自由にお金を借りられますし、用途は自由です。

生活費はもちろん、旅行や娯楽費用、エステやジム、英会話、資格取得、子供の教育資金など、どのようなことにも利用できます。ただし、事業資金にすることはできません。

借入の方法は、専用のローンカードを使い、イオン銀行ATMや提携コンビニのATMで行うか、ネットバンキングを利用します。

ネットバンキングの場合、スマホからでも操作可能です。

返済についても基本的に同様で、各種のATMやネットバンキングに対応しています。返済日は、原則的に、毎月20日となっています。

(6) 旧イオン銀行カードローンBIGとの違い

イオン銀行カードローンは、2017年3月に名称変更していますが、そのときにサービス内容が少し変わっています。

まず、申込みの際、口座開設が不要になりました。銀行カードローンには、その銀行における口座開設が必須となることが多いので、この点では利便性が高くなったと言えます。

また、借入の最小限度額が30万円から10万円に下がりました

他の多くの銀行カードローンの最小単位が10万円となっていることに合わせたのでしょう、

(7) イオン銀行カードローンのメリットとリスク

イオン銀行カードローンのメリットは、金利が低いことと利便性です。

まず、借入金額が90万円以下の場合、年利は11.8%~13.8%です。この数字は、他の銀行カードローンやクレジットカードと比べると、非常に低いです。

他の銀行カードローンでも借入金額が小さい場合の最大金利が14~15%程度になることが多く、クレジットカードなどの場合には18%以上になることも多いからです。

また、イオン口座開設不要で、ウェブ上から簡単に申込みができる点も、利便性が高いです。ウェブ上だけで手続が完結するので、家族に秘密で利用することも簡単です。

しかし、いくら利率が低いとは言っても、借りすぎると返済が苦しくなります。

イオン銀行カードローンとイオンカードのキャッシングを両方使い、家計を圧迫してしまう例も多く見られます。

支払いができなくなると、イオン銀行や保証会社から督促を受けて、家族に借金がバレてしまうこともあり、注意が必要です。

3.イオン銀行カードローンを返せなくなったらどうなるのか?

イオン銀行カードローンを返せなくなったらどうなるのか?

もしもイオン銀行カードローンを利用して、その後返済ができなくなってしまったら、どうなるのでしょうか?

予定していた日までに入金ができない場合、まずは督促の電話がかかってくることが多いです。電話も無視していると、督促の郵便が届きます。

それも無視していると、しばらくしてイオン銀行から「一括請求書」が届きます。

一括請求書とは、そのときの借金の残金と利息、遅延損害金を一括払いするように、ということが書かれている内容証明郵便による請求書のことです。

これが届くと、ほどなくして、保証会社からの「代位弁済通知書」が届きます。

代位弁済とは、保証会社(保証人)が債権者に対し、債務者の代わりに借金を返済してしまうことです。

イオン銀行カードローンの場合、「オリックスクレジット」もしくは「イオンクレジットサービス」が保証会社として入っているので、このどちらかが代位弁済します。

代位弁済が起こると、代位弁済した保証会社が新たな債権者となり、債務者に対して借金支払いを請求してきます。

このとき請求される金額は、代位弁済した金額(借金残金の全額と利息、遅延損害金の合計)に、さらに遅延した日数分の遅延損害金を足したものとなります。

代位弁済後、日数が経過すればするほど、保証会社に対する債務が雪だるま式に膨らんでいきます。

最終的には保証会社から裁判をされて判決が降り、預貯金や給料などの差し押さえを受けることになります。

また、イオン銀行カードローンの返済を滞納してから2~3ヵ月程度が経過すると、個人信用情報に「事故情報」が登録されて、いわゆる「ブラックリスト状態」になります。

すると、住宅ローンや他のカードローン、キャッシング、クレジットカードの発行などがすべてできなくなってしまいます。

以上のように、イオン銀行カードローンを支払わないで放置していると、さまざまな大きな不利益が及びますので、このようなことになる前に、債務整理によって解決しておくことが重要です。

代位弁済については「借金返済が不可能に!?代位弁済をされたら弁護士に相談を」で詳しく解説しています。

4.イオン銀行カードローンの借金を任意整理で解決する方法

イオン銀行カードローンの返済ができなくなったとき、どのように対処したら良いのでしょうか?

(1) 任意整理とは

まず検討すべき方法は、任意整理です。

任意整理とは、借金返済が苦しくなったときに、債権者と交渉をして、借金の支払金額や支払い計画を見直す債務整理の方法です。

イオン銀行カードローンを任意整理するときには、保証会社であるオリックスクレジットまたはイオンクレジットサービスと話し合いをすることになります。

任意整理をすると、借金の「利息」がカットされるので、借金の総返済額を抑えられます。

返済期間は原則5年以内(60回払い)であり、月々の支払金額を小さくすることができます。

イオン銀行カードローンを長期滞納して保証会社が代位弁済した後であっても任意整理によって、分割払いの合意を取り付けることができます。

(2) イオン銀行カードローンの借金を任意整理で解決できた具体例

イオン銀行カードローンの借金を任意整理すると、具体的にどのくらい借金が減るのか、知りたい方が多いでしょう。

以下で、過去に当事務所において、イオン銀行カードローンを整理された方の事例をご紹介します。

Aさん(28歳 女性)は、主婦の方でしたが、夫の給料もそう高くはなく、子どもも小さくて自分は働けず、いろいろお金が必要だったため、ついつい、普段から利用しているイオン銀行のカードローンを利用してしまいました。

Aさんは、カードローンのことを夫にも言っていなかったのですが、足りないときに少しずつ借り増ししている間に徐々に残高が膨らみ、返済が厳しくなりました。

電話や郵便による督促状が届き、このままでは夫に知られると思い、怖くなって当事務所にご相談に来られました。

このとき、Aさんのイオン銀行カードローン残高は45万円でしたが、他のクレジットカードの残債もあり、借金が合計で100万円になっており、月々の返済額は、約6万円でした。

弁護士が介入して任意整理をしたところ、これらの借金については、5年払いとして、毎月1万7000円程度ずつ払っていく内容で和解ができました。

Aさんも、その程度であれば夫の給料の中から十分やりくりができるということで、安心されました。夫にも知られずに済んだようです。

今では、借金問題から解放されて、夫と子どもと3人で平和に暮らしておられます。

5.イオン銀行カードローンの借金を個人再生・自己破産する

イオン銀行カードローンの残債が増えすぎている場合や、収入が無い場合などには、任意整理をしても解決が難しくなります。

その場合には、個人再生や自己破産により、借金を整理しなければなりません。

以下で、それぞれの手続の概要をご紹介します。

(1) 個人再生

個人再生とは、裁判書に申立てをして、借金返済金額を大きく減額してもらう方法です。

個人再生をすると、特に財産を持ち合わせていない場合には、5分の1~10分の1までなど、大きく借金を減らしてもらえます。

減額された借金は、原則的に、手続後3年の間に分割返済していくことになりますが、場合によっては5年に延ばしてもらえることもあります。

個人再生は、カードローンで数百万円以上の多額の借金をしてしまった場合や、他の借金もあって、任意整理では整理仕切れないケースなどで、有効な方法です。

また、住宅ローンを組んでいる場合には、家を守りながら住宅ローン以外の借金だけを減額する特則が認められているので、家を手放したくない方にも向いています。

専業主婦の方などは収入がないので個人再生できませんが、定収のある正社員の方や自営業者、年金生活者やアルバイトの方などでも利用できます。

個人再生をしても、自己破産のように財産がなくなることはありませんし、家族に知られずに手続を進めることもできます。

裁判所を利用するので手続が複雑で難しい面はありますが、基本的にほとんどすべての手続を弁護士が代行しますので、ご本人にかかる負担は小さいです。

お困りの際には、是非とも一度、弁護士までご相談ください。

(2) 自己破産

個人再生をするためには、最低限の収入が必要です。手続後、確実に返済をしていかなければならないからです。

そこで、専業主婦の方や無職の方、収入の少ない方や不安定な方は、個人再生できないことが多いです。

そのような場合には、自己破産によってカードローンの借金問題を解決することができます。

自己破産とは、裁判所に申立をして、借金の返済義務を全部免除してもらう債務整理の方法です。

自己破産をすると、イオン銀行カードローンやその他の借金がどれだけ膨らんでいても、全額支払いが不要となりますし、借金以外の家賃や買掛金、住宅ローンなども支払う必要がなくなります。

ただし、自己破産をすると、生活に必要な最低限を超える財産はなくなります。一般的には、20万円を目安として、それを超える財産や債権がなくなると考えると良いです。(現金の場合、99万円までが目安)

反対に言うと、自己破産をしても20万円未満までの財産(現金なら99万円)ならば、没収されることはありません。自己破産後の給料なども取られることはありません。

もしも、今手持ちの財産が20万円未満(現金なら99万円以下)であれば、自己破産をしても特に資産が失われないことになるので、自己破産によって受ける不利益が非常に小さくなります。(注:裁判所によって運用が異なる場合あり)

どうしても自己破産したくないという方には、別の方法もご提案しますので、ご安心してご相談ください。

6.まとめ

イオン銀行カードローンの借金が膨らんでしまっても、債務整理することによって、仕切り直しができます。

カードローン以外にクレジットカードや他社からの借金、住宅ローンなどがある場合でも、状況に応じた適切な方法により、解決可能です。

ただ、債務整理をするときには、どういった方法が適切であるか、慎重に選択する必要がありますし、手続を進める際にも専門家によるサポートを受けることが重要です。

泉総合法律事務所では、イオン銀行カードローンを始めとした各種借金問題への対応を得意としておりますので、お困りの際には、是非とも一度、ご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る