違法な闇金業者の実態と被害対策。090金融とは?

借金返済

街中の電柱や自動販売機に「即日融資」の広告が貼られているのを見たことはありませんか?

もしその連絡先が携帯番号だった場合、いわゆる090金融と呼ばれる闇金業者である可能性が高いです。

090金融は非常に危険とされていますが、一体どんな問題があるのでしょうか?また、関係を持ってしまった場合、どんな対処をすれば良いのでしょうか?

今回は、違法な貸金業者である090金融について、詳しく解説します。

1.090金融とは

090金融は、固定電話を持たず、携帯電話で違法な貸付を行う闇金業者のことです。

金融業者には固定電話の設置義務があるので、連絡先が携帯番号である場合、一目で登録業者でないことが分かります。

しかし、最近では090金融であることを巧妙に隠す業者も存在するため、その勧誘手口には十分注意しなければなりません。

2.090金融の手口

危険な闇金の090金融。一体どのような手口で違法な貸付を行っているのでしょうか?

(1) 完済させずに利息をとりつづける

090金融は、債務者に完済させず、利息を払い続けさせようとします。一般的には貸金業者は完済したしたほうが喜ぶのでは?と思いがちですが、完済されると利息収入がなくなるので、業者は長く貸していたほうが得をするのです。

しかし、まともな業者が完済を妨害するということはありません。これは闇金業者には多い手口です。

よくあるケースは、返済前に事前連絡を課すというパターンです。指示された期日に返済の連絡をすると、指定時間を過ぎていると言われたり、担当者不在で連絡をとれないことにされたりして、返済させずに利息を増やします。

悪質な例では、返済口座を教えない違う口座番号を教えるといったケースもあり、その場合は振り込みができないので返済は不可能です。それなのに、090金融は後日滞納を理由に利息を要求してきます。

(2) 借金に見合わない担保をとる

090金融は50万円以下の融資をしていることが多く、多額のお金を融資することは稀です。実際には3~5万円程度の少額融資を専門的に扱っている業者が多いようです。

しかし、貸付の際は自宅や車、生命保険など、およそ借金額に見合わない担保をとり、返済が遅れると担保を没収するので注意が必要です。

(3) 利息を差し引いて融資

090金融は、利息を差し引いた金額を融資するところが多いのも特徴です。利息の相場は、大抵は法外で10日で50%というケースもあり、その場合仮に10万円借りても半額の5万円しか振り込まれず、10日後には10万円を支払わなくてはなりません。

期日に返済できない場合は、いわゆる「ジャンプ」して、利息だけ払って元金は据え置かれ、元金の支払いはさらに10日後になります。

しかし、冷静に考えてみれば、数万円のお金に事欠いている人が、10日後に10万円返済するのは非常に難しいことです。

業者はその弱みに付け込んで、少額の融資で、延々と高額な利息を支払わせるのです。

(4) 押し貸し

090金融は、頼んでもいないのに勝手に振り込む「押し貸し」をしてくることもあります。特に、以前に闇金で一度でも借りたことがある人は被害を受けやすいので要注意です。

闇金は業者に登録されている口座情報をもとに、勝手に振り込みを行います。もし、身の覚えのないお金が振り込まれた場合は、090金融の押し貸しの疑いがあるので、そのまま放置せず、闇金被害に強い弁護士に相談をして下さい。

予防策は口座解約、電話番号変更で対処するしかありません。

過去に一度でも闇金業者と関係を持った人は、個人情報の変更をおすすめします。

(5) 貸付詐欺

090金融に連絡をすると、貸付詐欺被害にあうケースもあります。

被害内容はカラ貸しです。業者にコンタクトをとっただけで、実際には借りていないのに返済の請求をされるので要注意です。一種の振り込め詐欺のようなものなので、その場合は警察や弁護士に相談をして下さい。

間違っても090金融に連絡することはやめましょう。

3.090金融が危険な理由

次に、090金融のリスクについて解説します。

(1) 違法な金利(相場は10日で30~50%)

090金融を含む闇金の最大の問題点は「違法な金利」です。一般的な貸金業者は利息制限法で定められている金利(貸付額の15~20%)を超えて利息を課すことはできません。

特に平成22年の貸金業法改正以降、利息制限法を超える利息を課すと行政処分の対象、年利20%を超える利息は刑事罰の対象となるので、各社法律に則った貸付をしています。

しかし、090金融を含む闇金業者の金利相場は10日で30~50%です。仮に10万円を10日で50%の利息で借りた場合の利息は以下の通りです。

100,000万円(借金額)×0.5(金利)×10(借りた日数)÷10日=50,000円(利息)

貸金業法の規制を受けている正規業者から、年利20%で借りた場合の利息は以下の通りです。

100,000万円(借金額)×0.2(金利)×10(借りた日数)÷365日=約548円(利息)

闇金の利息が如何に法外かお分かり頂けると思います。

(2) 完済できない

090金融は利息法外なだけでなく、あの手この手で完済させないように仕掛けてきます。

手を出したが最後、支払いが終わることはなく、違法な金利を請求され続けるのです。

(3) 執拗な取り立て

090金融は取り立ても執拗です。昼夜を問わず執拗に電話がかかってきます。

貸金業法では取り立て方法や頻度まで細かく規制されていますが、闇金業者は違法行為を平然と行います。

(4) 家族・職場への脅迫

取り立ては家族にも及びます。返済がない場合は、身内を調べ上げて督促を行います。

また、職場にも電話をかけてくるので、そのまま働き続けるのが難しくなるケースも少なくありません。

4.090金融の見分け方

非常に危険な090金融と正規の業者は、どのように見分ければよいのでしょうか?

(1) 広告に携帯番号が掲載されている

最も分かりやすいのは、広告に090から始まる電話番号が掲載されているケースです。

正規の金融業者は必ず固定電話が連絡先になっていますが、090金融は営業所を持たないので固定電話もなく、金融庁の登録もありません。

ちなみに、090金融には店舗や事務所もないので、融資はファミレスなどで待ち合わせをして行われます。

(2) 090*-***-****の表示に要注意

090金融は、連絡先が一見携帯番号に見えない記載をすることがあります。特に090*-***-****の冒頭4桁での表示には十分注意してください。

携帯電話=090=冒頭3桁というイメージが強いので、最初に4桁で「090*」と記載されると、固定電話と思ってしまいがちです。

実際に九州・沖縄の市外局番は092*~099*なので、同地域からの入電と勘違いしてもおかしくありません。

090は携帯番号専用で、仮に冒頭4桁で記載されていても国内で市外局番が090とはないので、闇金業者の電話番号は最初の3桁によく注目して下さい。

(3) 電話代行業者を利用していることもある

090金融の中には電話代行業者を利用して営業していることもあります。こうした業者は、パッと見では闇金であることは分かりません。

しかし、取り立ての電話が090・080・070からかかってきた場合は間違いなく違法業者です。運悪くこうした業者に関わってしまった場合は、要求に応じることなく、弁護士に相談をして下さい。

5.090金融の広告がある場所

(1) チラシ

090金融の広告は街中に貼ってあります。電柱ガードレール電話ボックスなど、人目につきやすい場所に掲示されています。

そのチラシの連絡先が携帯番号だった場合は、090金融だと思って間違いありません。

(2) ダイレクトメール

090金融はダイレクトメールでも宣伝しています。宛先の住所・氏名など個人情報は主に「官報」で手に入れています。

自己破産や個人再生といった債務整理をすると、住所氏名が官報に掲載されます。官報は誰でも閲覧できるので、闇金業者はこの情報を利用します。

090金融の餌食になるのは、どこでもお金を借りられない人、つまり滞納や債務整理でブラックリストにのっている人なので、そのような人は恰好のターゲットなのです。

そのため、債務整理後は特に090金融を含む闇金には十分に注意してください。どうしてもお金がないときの対処法は後程お伝えします。

(3) ネット広告

最近は大手の消費者金融を真似て、ネット広告で宣伝している090金融も存在します。

ネット申込をすると、指定口座に振込が行われますが、その辺りも最近のカードローンのWeb完結型の融資に似ています。ネットの場合、相手の業者の正体や電話番号を確認せずに手続きしがちなので、十分に注意をして下さい。

6.090金融で借りてしまったら?

既に090金融で借りてしまった!という人は、どうしたらよいのでしょうか。

(1) 警察に被害届を出す

090金融で借入をして、違法な利息の取立被害を受けている場合は、警察に相談しましょう。警察に行く前には、業者の名前、電話番号、支払い履歴、振込先の口座といった情報やチラシ、DMなどの広告、いやがらせの張り紙など、証拠となりそうなものは全て提出しましょう。

また、可能であれば脅迫は録音をします。最近は通話を録音できる無料アプリもあるので、スマホにインストールしておくと便利です。

もちろん、ICレコーダーなどでも大丈夫です。迷惑行為があれば動画撮影しておくと強力な証拠となります。こうした証拠により被害が確認できれば、警察から闇金に通告がいきます。

ただし、警察は危害を加えられた場合でなければ強くは動かないのが現状です。警察からの通告で取り立てが止むこともあれば、そうでないこともあるので、警察への相談と同時に以下の対策もとりましょう。

(2) 闇金に強い弁護士に相談する

090金融被害は弁護士に相談することをおすすめします。違法な請求を止めさせるには法的に対処するのが最も効果的だからです。

特に闇金トラブルに強い弁護士に相談すると解決もスピーディーです。

(3) 要求には応じない

090金融でお金を借りてしまった場合、基本的に支払いをする必要はありません。法律上は違法な貸し付けは無効なので、返済義務もないからです。

しかし、激しい取立があると無視することもできないので、一刻も早く警察署や弁護士に相談してください。闇金は警察・弁護士から連絡がくるだけで、そのまま姿を消すことも多いです。

7.090金融で借りる前にできること

090金融は借り入れができない人を狙って営業をしてきます。

お金に困っているときは、違法な闇金業者の誘いにのってしまいがちです。もし借入ができずにどうしても困っている場合は、090金融で借りる前に以下の方法で対処しましょう。

(1) 生活福祉資金貸付制度を利用する

社会福祉協議会には生活福祉資金貸付制度があり、生活に困っている人に対し、一時的にお金を貸与しています。

基本的に無利子で借りられ、家賃や税金の支払い、食費にも事欠くほど困窮している場合は、融資を受けられる可能性は高いです。

生活福祉資金の申し込みについては、最寄りの社会福祉協議会に相談してください。

ただし、生活福祉資金貸付制度には審査があり、返済の見込みがないときには貸してもらえません。病気、失業等の事情がある場合は、生活保護の案内がなされます。

(2) 生活保護

闇金に手を出すほど困っていて、収入を得る手立てもない場合は、生活保護申請をすることも検討しましょう。

生活保護は収入がなく、働けない、財産がない、援助する親族がいない場合に、他の法律上の制度を全て活用しても生活できないときに支給されます。

生活保護は生活費の援助に加え、医療扶助、介護扶助、教育扶助など生活扶助が充実しているので、実際は額面以上の恩恵があります。

生活保護は最後のセーフティーネットです。事情があって生活できないほど困窮している場合は、090金融に連絡をする前に、市役所の相談窓口に行くことをおすすめします。

(3) ブラック期間中は浪費しない

090金融は借入できない人=ブラックリストにのっている人をターゲットにしています。

そのため、ブラックリスト入りしている人は、期間中は絶対に浪費をしないよう心がけて下さい。なぜなら、ブラック期間中は突発的な出費も現金で対処しなければなりません。

普段は問題なく過ごせても、突然の事故や病気、冠婚葬祭などでまとまったお金が必要なこともあるかもしれません。

借入ができないけれどもお金が必要……それは最も闇金被害にあいやすいタイミングです。何があっても大丈夫なように、できるだけ現金を手元に置いておきましょう。

(4) 借金があれば債務整理

もし、借金の返済に追われている場合は、090金融に手を出すのではなく、債務整理することをおすすめします。

債務整理は法律的に借金を整理できる制度で、申立が認められれば借金は減額、または全額免除してもらうことができます。

債務整理には主に以下の3つがあります。

  • 任意整理…将来利息をカットすることで借金を減額。裁判所を介さずに手続きできる
  • 個人再生…借金を大幅に減額。借金を1/5程度まで減額することが可能
  • 自己破産…借金は全額免除。その代わりに一定額以上の財産は没収

債務整理は制度ごとに一長一短あり、手続き後はブラックリストに登録され、一定期間新たな借り入れはできなくなります。

しかし、その後は借金の督促は止み、返済も楽になるので、闇金で借りる必要もなくなります。

8.まとめ

090金融は非常に危険な闇金です。街中で広告を見かけても絶対に連絡を取らないようにして下さい。

万が一、すでに借り入れをしてしまった場合は、すぐに弁護士に相談をして下さい。泉総合法律事務所は、闇金トラブルに強い弁護士も在籍しており、取り立てを直ちにストップさせるノウハウも豊富です。

違法な業者に個人で対処するのは限界があります。相談は無料で行っておりますので、090金融の被害に遭われている方は是非一度ご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る