この噂、本当ですか?債務整理の疑問・噂について弁護士が答えます!

借金返済

この噂、本当ですか?債務整理の疑問・噂について弁護士が答えます!

ここでは、借金の整理に関して、相談者様からよく聞かれる疑問やインターネットでよくある噂について弁護士が回答いたします。

債務整理を検討している方は、弁護士へご相談いただく前に、一度ご確認いただくとよろしいかもしれません。

1.債務整理を弁護士に依頼するとブラックリストに載るのか?

⇒はい、載ります。これだけはどうしようもないです。

2.ブラックリストに載ると、どのようなデメリットがあるのか?

ブラックリストとは金融機関の信用情報のことです。これに載ると、新たに、借金(キャッシング)をしたり、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

また、他の人の連帯保証人にもなることができません。

3.ブラックリストに載っても家族に影響はないのか?

⇒基本的に債務整理をする本人以外の家族に影響はありません。家族名義のクレジットカードの利用が止まるなどといったこともありません。

もっとも、家族が本人の連帯保証人になっている場合には注意が必要です。この場合には、家族にも請求が行くことになります。

ブラックリストについて、詳しくは「ブラックリストとは」をご覧ください。

4.勤務先に知られずに債務整理をすることはできるのか?

⇒勤務先からの借金がなければ、勤務先に知られずに債務整理をすることは可能です。

自己破産や個人再生の場合、裁判所に提出する申立書に勤務先も記載しなければならないのですが、裁判所から勤務先に連絡が行くことはありませんので、ご安心ください。

5.家族に知られずに借金整理をすることはできるのか?

⇒一応は可能です。しかし、家族に内緒のまま債務整理を進めるというのは、正直あまりオススメはできません。

なぜかと言うと、自己破産や個人再生の場合、裁判所から、同居の家族の収入を示す資料(給与明細書など)の提出を求められることがあるからです。このような場合、家族に内緒にしたまま債務整理手続を進めるのは難しいでしょう。

4、5の疑問について、詳しくは「誰にもバレずに債務整理!家族・会社・近所に内緒にするなら弁護士へ」をご覧ください。

6.自己破産や個人再生の申立をすると、戸籍や住民票に載ってしまうのか?

⇒載りませんので、ご安心ください。
もっとも、政府が発行する官報には載ってしまうのですが、官報というのは普通の人が目にするものではありません。

7.弁護士に自己破産や個人再生を依頼した場合であっても、本人が裁判所に行かないといけないのか?

⇒申立をする裁判所によりますが、個人再生の場合は、本人が裁判所に行くことはあまりありません。自己破産の場合は、1~2回ほど裁判所に行く必要があります。

もっとも、その場合、弁護士も一緒に行きますので、ご安心ください。

8.浪費やギャンブルで作った借金の場合、自己破産は認められないというのは本当か?

⇒浪費やギャンブルが原因の借金でも、自己破産は認められることが多いです。

金額などにもよりますが、浪費やギャンブルのことを正直に弁護士や裁判所に申告し、浪費やギャンブルを止めていることを説明すれば、自己破産は認められる可能性が高いと思われます。

したがって、このような浪費やギャンブルによる借金であっても諦めないでください。

詳しくは「ギャンブルが原因の借金も免除される!?裁量免責で自己破産」をご覧ください。

9.自己破産すると財産を全て没収されてしまうのか?

⇒全て没収されてしまうわけではありません。

現金であれば99万円まで、それ以外の資産であれば概ね20万円までは、破産者の自由財産として没収の対象にはなりません。

詳しくは「自己破産と自由財産」をご覧ください。

10.自己破産すると新たに銀行口座を作ったり保険に入ったりすることもできなくなってしまうのか?

⇒自己破産しても、新たに、銀行口座を作ったり保険に入ったりすることは可能ですので、ご安心ください。

11.個人再生をすると、ローンを組んだ自宅が残せるという話を聞いたが、同じようにローンが残っている車を残すこともできるのか?

⇒いいえ、車を残すことはできません。個人再生をした場合に残せるのは自宅である不動産のみです。

債務整理をしても車を残したいという方は「車を残したい!債務整理をしても自家用車を残す方法はあるのか」をご覧ください。

12.債務整理の相談は泉総合法律事務所へ

いかがでしたでしょうか?皆様の疑問は解決したでしょうか?

泉総合法律事務所は借金問題における多くの解決実績があり、それらの解決方法に関する豊富な知識を有しております。
ご相談いただければそれぞれのお悩みに合った最適な解決方法をご提案させていただきますので、債務整理手続をしようと考えている方は、泉総合法律事務所にまずはご連絡ください。もちろん、ご相談は無料です。

債務整理コラム一覧に戻る