債務整理を分かりやすく解説!弁護士に相談するメリット~超入門編~

債務整理弁護士

債務整理を分かりやすく解説!弁護士に相談するメリット~超入門編~

「債務整理」とは「借金が返しきれなくなり、取り立てに日々追われ続けて疲れ切った人がとる最終的な手段」と思っている人も多いかもしれませんが、それだけではありません。
「ずっと返済を続けているし今後も払えなくはないけれど、なかなか完済できない」「このままだと生活が不安」というような人が、今の生活を楽にする手段として債務整理を利用することも多いのです。

生活のため、事業のためなど、人によって借金の理由はそれぞれ違います。それと同じように、人によって最適な債務整理の方法も違います。
今回はその「債務整理」について、詳しく解説していきます。

1.債務整理とは

そもそも「債務整理」とは、今抱えている借金をさまざまな方法で減額したり、支払期日を延ばしたり、場合によっては支払義務を免除したりする手続のことです。裁判所を通して行う手続もあれば、通さない手続もあります。

法律事務所で取り扱っている債務整理には大きく分けて

・自己破産
・個人再生
・任意整理

の3種類です。
それぞれについて詳細を見てみましょう。

1-1.自己破産

自分の財産を換価して債権者に配当し、それでも残った分は支払免除にする」という裁判上の手続のことで、手続後、借金の支払義務はなくなります。

手続の中で所有している財産を処分してお金に換える必要がありますが、「無一文になり住むところもなくなる」などというわけではありません。預貯金や生命保険、車なども、評価額によっては手元に残しておくことができます。(※残せる財産の基準は裁判所によって異なります)

1-2.個人再生

「裁判所を通じて借金を大幅に減額する」という裁判上の手続のことです。大きな特徴として、

・マイホームなどの財産を手放さなくても手続ができる可能性がある

という点が挙げられます。

条件によっては住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮することができるため、「借金は減らしたいが、せっかく手に入れた自宅は手放したくない」という人がよく利用する手続です。

1-3.任意整理

裁判所を通さず、直接債権者とやりとりをして減額などの交渉をする手続です。将来利息のカットや毎月の支払額の調整など、細かいところまで交渉を行います。

自己破産や個人再生はすべての債権者が対象となり「この債権者だけは返していきたい」ということはできません。しかし、任意整理は自分で選択した債権者のみが対象となるため、「残債の大きな金融機関だけ減額交渉をしたい」「保証人が付いている金融機関以外を整理したい」などといった調整が可能になります。

2.Q&A

債務整理はどれも専門的な手続ですから、弁護士などの専門家に依頼して行うほうがよいでしょう。

しかし「債務整理」という物々しい言葉に加えて「弁護士」「法律事務所」などという言葉を見るとさらに尻込みしてしまうかもしれません。そんな方が抱えているお悩みに一つずつお答えします。

2-1.自分ではできないのか

債務整理はご自身でもできなくはありません。しかし、弁護士に相談・依頼したほうが得られるメリットが明らかに大きいのです。
そのメリットとは

  • 「その方にあったベストな債務整理方法」を検討できる
  • 面倒な手続はすべて弁護士が代理で行ってくれる
  • 依頼した後は債権者からの取り立てや督促が止まり、支払いも不要になる

という3点です。

メリット1:専門家のアドバイス

債務整理の方向性は借金の金額だけで決まるのではありません。借入先との関係、保証人の有無、自身の収入や財産の状況などによって取りうる手段は変わってきます。 弁護士は相談において状況を多方面から検討し、ご本人の希望なども伺った上で、どの方法が最適かを専門的な視点から判断します。

財産の処分のタイミングなどについても適宜指示をしますので、自分自身で売却処分をしてしまってあとから問題が発生する…というようなことも考えにくく、手続がスムーズに進みます。

メリット2:手続の負担減

債務整理手続は、どれも非常に専門的かつ煩雑です。書類の準備のみならず債権者や裁判所からの問い合わせにも都度対応する必要がありますが、手続に慣れていない一般の方がこれを行うのは正直なところ非常に困難です。

債務整理を弁護士へ依頼するとそのすべてを弁護士が代わりに行いますから、通常の日常生活を送りながら債務整理の手続を進めることができます。

メリット3:督促が来なくなる

債権者からの電話に日々おびえている、という人も少なくないでしょう。

弁護士は債務整理を受任すると「受任通知(介入通知)」を各債権者へ発送します。この通知を受け取った債権者は本人に直接連絡をしてはいけないことになっていますから、債権者からの取り立てはピタリと止まります。電話もかかってこなくなりますし、督促の手紙も来なくなります。

また、その後弁護士から指示があるまで債権者への支払も不要になります。特に日々借金のことを考えて追いつめられてしまっている人にとって、これは非常に大きなメリットです。

2-2.弁護士費用が払えない

弁護士への相談や依頼を検討するときに気になるのはやはり「弁護士費用」のことでしょう。結論から言うと「費用を気にして相談や依頼を躊躇するのはもったいない」です。

まず、最近は「債務整理の相談は無料」という法律事務所が増えています。相談だけであれば費用の負担をすることなく現状を相談でき、方向性も示してもらえますから、少しでも借金に悩んでいるのであれば一度相談だけでも受けることをおすすめします。

また、依頼した場合の実際の弁護士費用ですが、今は分割支払いを受け付けている事務所が殆んどです。弁護士へ債務整理を依頼したあとは債権者への支払をストップできますから、その分を弁護士費用の積み立てに充てることもできます。 無理のない範囲での分割を設定できますから、その点についても相談時に弁護士に聞いてみるとよいでしょう。

また、収入の状況によっては「法テラス」という立替払の制度を利用できることもあります。こちらも弁護士に確認してみてください。

2-3.周りに知られず債務整理したい

弁護士に債務整理を依頼していることを周りに知られたくない、という人は多くいます。弁護士や法律事務所の職員には守秘義務がありますから、依頼をした先から情報が漏れるということはありません。この点はご安心ください。

「家族や勤務先に知られたくないからかならず携帯に連絡が欲しい」「電話に出ることができる時間帯はここだけ」「自宅に書類は送らないで欲しい」など、細かい希望があれば相談時にお知らせください。可能な限り対応いたします。

3.まずは一度相談を!

多くの人が思っているよりも「法律事務所」は身近な存在で、「債務整理」も怖いものではありません。新しい人生をスタートさせるための有効な手段です。

泉総合法律事務所は、何度でも無料相談が可能で、弁護士費用の分割払い・法テラスの利用も可能です。少しでも借金のことが気になっている方は、一人で悩まずにぜひ一度相談へお越しください。経験豊富な当事務所の弁護士に相談することで、いままでは見えてこなかった解決への道筋が必ず見えてくるはずです。

あなたの新しい人生のスタートを、是非お手伝いさせてください。

債務整理コラム一覧に戻る