債務整理 [公開日][更新日]

債務整理中の制限。旅行、引越し、借入等はできないのか?

債務整理中の制限。旅行、引越し、借入等はできないのか?

債務整理をすると、借金問題を解決することができます。しかし「債務整理中や債務整理後には、様々なことができなくなるのでは?」と心配される方も少なくないと思います。

確かに、債務整理をすることで旅行や引っ越しに制限がかかったり、新たな借入ができなくなったりすることはあります。
しかし、制限されるのは一定期間ですし、裁判所に許可を得れば行えることもあります。

今回は、債務整理の手続きにおける様々な制限について、弁護士が解説します。

1.債務整理の種類

債務整理は、借金を整理するための法的な手続の総称です。
任意整理、個人再生、自己破産の3種類があり、その方の借金状況に応じた適切な方法を選択することで、大半の借金問題を解決することができます。

一般的に、任意整理→個人再生→自己破産の順に、支払わなくて済む借金の金額が少なくなるので、その分、制限される度合いも強まります。

以下では、それぞれの債務整理手続において、手続中にできないこと、やってはいけないことを確認していきます。

2.任意整理手続中の制限

任意整理は、債権者と直接交渉し、利息をカットする私的な解決方法なので、他の裁判所をはさむ債務整理手続と比べて、比較的制限は少ないです。

ただし、任意整理の手続き中や手続終了後には、「ブラックリスト」に載ってしまうので、一定期間、金融機関や貸金業者から新たな借金ができなくなります。
また、以下のことも難しくなります。

  • クレジットカードを発行できない
  • 住宅ローンを組むことができない
  • 車のローンや教育ローンなどの各種ローンを利用できない
  • 他人の借金の保証人になれない
  • ショッピングローンを利用できない

ブラックリストについて、詳しくは以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

信用情報機関の違い(CIC・JICC・JBA)とブラックリストに掲載される影響

3.個人再生手続中の制限

個人再生の手続中や手続後には、個人信用情報に事故情報が登録されてしまうため(ブラックリスト入り)、ローンやクレジットカードの利用ができなくなります。

任意整理と異なり、個人再生の場合、特に銀行や信用金庫などの金融機関におけるブラックリスト状態が長くなり、手続のあと最長10年間は、金融機関のローンを利用できなくなります。

4.自己破産手続中の制限

(1) 制限の内容

①借入

自己破産手続きでも、他の債務整理手続と同様に、ブラックリスト状態となります。
また、自己破産の場合にも(個人再生と同様)、ブラックリストの掲載期間が長くなります。

特に、金融機関におけるブラックリスト期間が最長10年ほどになるので、自己破産をすると、約10年間は住宅ローンなどを利用できません。

融資を受けることもできないということなので、収入に見合った生活をすることを覚悟しなければなりません。

②資格制限

これは、特定の職業に就くことが制限されたり、後見人などの一部の職務ができなくなったりすることです。

詳しくは以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

自己破産と仕事の関係。職業・資格制限とは?職場にバレたら解雇?

しかし、後に説明する「復権」を得さえすれば、その後の就業・就職に制限ありません。

③引っ越し等の制限

自己破産をすると、一定期間、引っ越しをするのに裁判所の許可が必要になるなど居住場所の制限を受けることがあります。
つまり、破産手続開始決定時の住所から、自由に移動することができなくなります。

また、長期旅行することなどにも制限が課されます。破産者が逃亡したり、財産を隠したりすることを防ぐための制限です

詳しくは以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

就職、選挙権、旅行、引越し…自己破産後に生じるリスクの噂は本当?

(2) 制限の解除

このように、自己破産をすると、資格制限や居住場所の制限など、いろいろな制限を受けますが、これが一生続くわけではありません。

自己破産では、最終的に「免責許可決定」が得られれば、これによって借金返済義務がなくなります。この免責許可決定が確定したら、資格制限や居住場所の制限は解除されます。

このことを、「復権」と言います。

つまり、自己破産をしても、無事に免責が下りたら、手続後には自由に職に就くこともできますし、引っ越しや海外旅行も自由にできます。

自己破産にかかる期間はだいたい3ヶ月~半年くらいなので、その間だけ我慢すれば済むことになります。

復権について、詳しくは以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

自己破産における破産者の復権とは?

5.まとめ

以上のように、債務整理中や債務整理後には、いろいろとできなくなることがあります。
ただ、多くの場合、債務整理が終わってしまったら、「ブラックリスト状態であるがゆえにローンやクレジットカードの利用ができなくなる」程度の制限しか残りません。

債務整理をするときに、制限を恐れて躊躇(ちゅうちょ)しすぎる必要はないのです。

多くの方にとって債務整理は初めてのご経験であり、不安に思うことがたくさんあるかと思いますが、専門家である泉総合法律事務所の弁護士が一人ひとり丁寧にアドバイスいたしますので、それに従いながら適切な方法で債務整理を進めていきましょう。

ご相談は何度でも無料となりますので、困ったら是非とも泉総合法律事務所にご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る