家族に内緒の借金が返せない…誰にも知られずに債務整理はできる?

債務整理

家族に内緒の借金が返せない…誰にも知られずに債務整理はできる?

借金が返せない・払えないのでどうにかしたいけれど、家族(妻・夫)には内緒の借金なので、家族には知られたくない、会社にも知られたくない、という方は、少なくありません。

ここでは、そのような方に対して、どのように借金に対処すべきか解説していきたいと思います。

1.債務整理の種類

一般的に、債務整理は①任意整理、②個人再生、③自己破産のいずれかで行うことが殆んどです。この3つの中には、家族に秘密にしたままでも行いやすいものもあれば、難しいものもあります。

そこで、最も秘密にしたままで行いやすい任意整理について、まずはご説明します。

2.任意整理

任意整理とは、弁護士に依頼することで、弁護士がそれぞれの債権者と任意で交渉して、きちんと返済できるように返済条件を決め直し、その後、ご依頼者様が決まった返済条件にしたがって返済していくというものです。

(1) オススメ理由

①督促がストップ

これまで、業者から電話や郵便で督促が届くたびに、「家族に知られてしまわないか」と不安な思いをしていませんでしたか?

弁護士に依頼すれば、弁護士が業者に依頼を受けたことを連絡します。具体的に言うと、受任通知という書面を各業者宛てに送ります。

この連絡があると、業者からの郵便も電話も全て、弁護士の事務所宛てになされますので、これまでのような不安な思いをする必要は一切なくなります。

②業者を選別できる

任意整理では、対象業者を選別することができます。全ての業者を対象にしなければいけないというものではありません。

たとえば、業者は、弁護士に依頼したことが分かると、保証人に対して請求する場合があります。そのため、借入れる際に、保証人になってもらっていた人がいる場合は、その保証人の方には知られてしまいます。

そこで、弁護士に依頼する際に、その保証人のいる業者については任意整理の対象から外して欲しいときちんと弁護士に伝えておけば、その業者は任意整理の対象から外してもらえます。

その代わり、外した業者に対しては、今まで通りの条件でご自身が返済を続けなければいけません。

③業者との交渉も弁護士にお任せ

弁護士は交渉のプロであり、業者と返済可能な程度に減額交渉してくれますので、基本的には弁護士に全てお任せで大丈夫です。もっとも、減額には限度があります。

弁護士から交渉の経過を随時報告してもらえるので、弁護士とやり取りするだけでよくなります。そのやり取りも、家族に知られたくないと弁護士に伝えておけば、きちんと配慮してもらえますので安心です。

④早く終わることが多い

弁護士の交渉は、通常、それほど長引きません。数か月で今後の返済条件を決めた書面を交わします。

弁護士に間に入ってもらっている期間も短いため、返済条件が決まったあとは、これまでよりも良い条件でこれまでと同じように誰にも知られずに返済することができます。

⑤内緒で用意できる金額

家族に内緒の借金である場合、通常はそれほど多くの業者から借りていることはないはずです。
弁護士費用も、通常、1社あたり数万円程度で依頼することができるので、費用の負担もそれほどありません。

さらに、弁護士費用の分割払いを認めてくれる法律事務所もありますので、家族に内緒のまま費用を用意しやすくなります(ちなみに、泉総合法律事務所では3~12回ほどの分割支払いが可能です)。

(2) 任意整理のリスク

①訴訟リスク

弁護士に依頼しても、業者が訴訟提起してくる場合があります。業者が訴訟提起すると、裁判所から直接訴状が自宅に届きます。

これを自分で受領すれば、家族に知られることはありませんが、家族が受領してしまうと、借金について知られる可能性があります。

②差し押さえリスク

業者が訴訟を提起した場合、借金している側が争っても勝てる裁判ではありません。そのため、訴状が届いてから数か月もすれば、判決がなされ、業者が財産(たとえば、銀行預金やお給料など)の差し押さえをしてくる場合があります。

このような差し押さえがなされると、給料以外は全て業者に持っていかれてしまいます。また、給料については4分の1程度を勤務先が直接業者に支払うことになってしまいます。

ちなみに勤務先に借金をしていることが知られてしまうことは言うまでもありません。

(3) 任意整理ができない場合

任意整理は、弁護士と業者の交渉により返済条件を定めるというものですので、減額できる金額や返済期間の設定に限界があります。

そのため、借金の金額が大きい場合や、そもそも毎月返済できる金額が少ない場合は、任意整理をしても、借金の解決ができない場合もあります。
そのような場合は、家族などに知られるリスクは高まりますが(覚悟を決めて打ち明けてもいいかもしれません)、自己破産や個人再生といった方法をとらざるを得ません。

3.自己破産・個人再生

(1) 自己破産・個人再生とは

自己破産も個人再生も、裁判所に対して申立を行う手続です。
しかし、この申立を行う際に提出する資料の中に、家族に知られないで集めることが難しいものがあります。

以下、自己破産・個人再生を行うリスクを紹介します。

(2) 提出書類のリスク

①家族の給与明細書

家計を一緒にしている人が、給料や年金などの収入を得ていれば、給与明細書や年金受給書などを提出しなければいけません。

②家族の通帳の写し

基本的に、家族の通帳の写しは絶対に提出しなければいけないものではありませんが、裁判所が必要と判断した場合は、家族の通帳の写しを提出することになります。

③家計全体の状況(家計収支表)

直近1~3ヶ月分は家計の状況(収入と支出)について表にまとめて提出しなければいけません。家計を一緒にしている人がいたら、その人にも協力してもらう必要があります。

④その他

他にも、裁判所が必要と判断し、提出を求められる資料の中に、誰にも知られぬまま収集することが難しい資料が含まれるケースもあります。

(3) 業者の選択が不可能

自己破産と個人再生の場合、全ての債権者を対象としなければいけません。そのため、勤務先や知人に保証人となってもらっていたり、勤務先や知人から借入があったりする場合は、もはや知られずに手続を進めることはできません。

さらに、自動車ローンを組んでいて、返済が終わっていないような場合は、業者に自動車を引き上げられてしまいます。

4.内緒の債務整理は泉総合法律事務所へ

このように、誰にもバレずに債務整理を行うには、任意整理が一番おすすめです。

しかし、任意整理では、限界もありますので、そのような場合は、家族に思い切って打ち明けて、家族の協力を得たうえで、自己破産や個人再生手続などの経済的再建を図る方が良いかもしれません。

泉総合法律事務所には、「家族や友人、勤務先に知られずに借金問題を解決したい」といったご相談が数多く寄せられます。上でも述べましたとおり、一概には全てのご希望を叶えられるとは言い切れませんが、当事務所の弁護士がご相談者様の状況に応じた最善の解決策をご提案いたします。

「できるかぎり内密のまま借金問題を解決したい」とお考えの方は、解決実績が豊富な泉総合法律事務所に是非ともご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る