任意整理とはどんな手続で、何を和解するのか。盛り込む内容は?

任意整理

任意整理とはどんな手続で、何を和解するのか。盛り込む内容は?

債務整理の手段としては、自己破産、個人再生といった法的手続の他に、任意整理といって、交渉による解決方法も考えられます。

ここでは、任意整理の内容について解説していきます。

1.任意整理とは

任意整理とは、裁判所を通さず、弁護士などと債権者(お金を貸している側)が直接の交渉をして、従来の契約を見直し、新たな支払方法や条件などを決める和解契約を結ぶことを言います。

任意整理を弁護士などに依頼すると、弁護士などは、債権者に受任通知(債務整理の依頼を受けたことのお知らせ)を送り、債権者から取引履歴(依頼者の過去の取引の記録)を取り寄せます。

そして、取引履歴に基づき利息制限法で引き直し計算をしたうえで、和解案を提示し、交渉を行います。

その結果、内容に合意できれば、和解契約を締結し、債務者(お金を借りている側)は、それに基づく支払いを行っていくことになります。

2.任意整理の内容

(1) 受任通知

まず、任意整理を依頼すると、依頼後すぐに弁護士などが債権者に対し受任通知を送ることによって、ひとまず支払いをストップすることができ、督促も来なくなります。これは大きなメリットと言えるでしょう。

(2) 返済期間、利息の交渉

任意整理の交渉では、通常、現存する借金を、長期の分割払いにしてもらい、また、利息をカットしてもらうことを目指します。これが成功すると、毎月の支払額を減らすことができたり、支払をすべて元金に充てたりすることができるようになります。

毎月高額の返済を行い、その大部分を利息への支払いに充当しているような方の場合、これは非常に大きなメリットと言えます。

借金を支払い続けている人の場合、いつ支払いが終わるのか先の見えない不安を感じている人もいらっしゃいますが、和解契約ができれば、いつ支払いが終わるかも明確にできます。

(3) 和解書の内容

和解書には、毎月いくら払うのか、どういう方法で支払うのかといったことを記載します。

清算条項というものを和解書に記載し、和解契約で決めた内容の他に支払うものや請求するものがないことを明確にしておくのが通常です。

また、債務者にとっては喜ばしい条項ではないのですが、懈怠約款(けたいやっかん)と言って、支払いが遅れた場合には、期限の利益を失うという条項をつけるのも通常です。

つまり、支払いが遅れた場合には、一括で請求されてもやむをえないことになり、遅延損害金もつくようになるので、注意が必要です。

3.問題点

任意整理は裁判所を通さない交渉ですので、任意整理に応じてくれるかどうか、応じてくれる場合でも、どのような内容になるかは、債権者次第という面もあります。

たとえば、分割の回数について言えば、60回という長期の分割に応じてくれる債権者もいれば、24回や36回など、比較的短期の分割の和解にしか応じてくれない債権者もいます。一括での支払いにしか応じてくれない債権者もあります。

また、同じ債権者であっても、各人の取引の実績によって、どういった条件になるかが変わってくる場合もあります。

利息のカットについても同様で、利息をカットしてもらえるのか、どの程度カットしてもらえるのかといったことについては、債権者や取引実績によって変わってくる場合があります。

任意整理を多く扱っている専門家であれば、ある債権者とどのような内容の和解ができそうかについて、ある程度の見込みを立ててくれるでしょう。

そもそも、任意整理をするのに適しているのは、任意整理をすれば遅れずに支払っていくことができ、経済的に立ち直ることができるという方です。任意整理しても支払えないと見込まれる方は任意整理をしても借金問題の解決になりませんから、自己破産や個人再生を検討すべきだということになります。

そのためにも、どういった内容の任意整理になりそうか、特に、分割の回数や利息のカットについて、任意整理手続の経験豊富な専門家に見通しを立ててもらうべきでしょう。

4.任意整理を始めとする債務整理相談は泉総合法律事務所へ

ここまでお話してきたことは、任意整理の内容についての一般論です。

個々のケースでは、任意整理が可能かどうか、また、借金問題解決の手段として任意整理が適切かどうかなどを、専門家に判断してもらう必要があるでしょう。

その点、泉総合法律事務所には、任意整理によって借金問題を解決してきたという実績が豊富にあります。

そのため、任意整理での問題解決が適している状況がどのようなものであるかを熟知しておりますので、任意整理による借金問題の解決をご検討中の方は、是非とも当事務所にご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る