任意整理 [公開日][更新日]

任意整理の一括返済・繰り上げ返済は可能?メリットやデメリットは?

任意整理の一括返済・繰り上げ返済は可能?メリットやデメリットは?

【この記事を読んでわかる事】

  • 任意整理をした後に、残務の一括返済、繰り上げ返済は可能か
  • 一括返済、繰り上げ返済をするべきなのはどんな時か
  • 一括返済や繰り上げ返済をすることでデメリットはあるのか

 

住宅ローンなどを繰り上げ返済したり一括返済したりするなどして早期に完済すれば、総負担額が少なくなることは広く知られています。

では、借金で生活が苦しくなって任意整理を行った後で、一括返済や繰り上げ返済をすることは可能なのでしょうか?

本記事では、任意整理後の残債務の一括返済、繰り上げ返済について、詳しく解説していきます。

1.任意整理とは

任意整理後の一括返済や繰り上げ返済について紹介する前に、まずは任意整理について簡単に触れておきます。

任意整理とは、借金の返済が不能になった債務者が債権者と交渉して行う債務整理の一手法です。

現実的に返済可能な額になるように、交渉によって以後の利息をカットしてもらったり借金の減額をしてもらったりします。

任意整理をすると、原則的に3年(最長で5年)かけて毎月一定額を返済することになります。

毎月の返済額は生活に大きな支障がでないラインに落とし込まれるので、債務者の負担はかなり軽減されます。

債務者と債権者が交渉する場合、債務者は通常弁護士に依頼して債権者との交渉をしてもらいます。

弁護士に任せておけば債権者が債務者に直接連絡をとることはなくなるので、煩わしい支払督促などもありません。

債務整理の方法には「自己破産」「個人再生」「特定調停」などがありますが、任意整理が行われるケースが最も多いです。

(1) 任意整理のデメリットは?

借金の減額や利息のカットなどメリットの多い任意整理ですが、デメリットも多く存在します。

任意整理をした事実は個人信用情報機関という組織に登録されます。

金融機関は人にお金を貸すときに、この個人信用情報機関に問い合わせをします。

この時点で任意整理をした事実が金融機関の知るところとなり、融資等を断られます。俗に言う「ブラックリストに載ってお金を貸してもらえない」という状態です。

お金を貸してもらえなくなるため、住宅を買うための「住宅ローン」や車を買うための「自動車ローン」は組めなくなります。

また、クレジットカードを契約するときの審査にも落ちるので、クレジットカードを持てなくなります。

さらに言えば、携帯電話やスマホの購入や保有にも問題が生じます。

携帯電話やスマホを買うときに分割払いを選択する人は多いと思います。

携帯キャリアは分割払い契約を行う際に個人信用情報機関へ問い合わせを行い、過去の任意整理の情報が残っていた場合は、分割払いを断られる可能性が高いです。

なお、既に持っている携帯電話やスマホの端末代金をクレジットカードカードで支払っていた場合、任意整理によってクレジットカードが使えなくなるため、支払方法の変更を余儀なくされます。

通話料金の未払い等にも要注意です。最悪の場合強制解約となるおそれがあります。

債務整理と携帯電話(スマホ)については「携帯料金を滞納するとどうなる?借金と携帯電話・スマホの関係」をご覧ください。

2.一括返済や繰り上げ返済とは

一括返済とは、その名の通り1回の支払いで債務全額を完済することです。

ここでは、元々分割払い契約を行っていた際に、残債務の全てを一気に返済することを指します。

完済してしまえば余計な利息などがかからないので、分割払いを続けるよりも総支払額を減らすことができます。

繰り上げ返済とは、分割払い契約を結んでいた場合に、毎月の返済に加えて借入金の一部(または全部)を別途返済することです。

毎月の支払いには元金充当分と利息充当分が含まれていますが、繰り上げ返済をした分は元金部分への返済に充当されます。

これによって利息の支払いを軽減でき、支払い期間を短縮したり総返済額を軽減したりする効果が得られます。

どちらも「早く借金生活から解放されるために、支払期日よりも早めに多くのお金を払う」という部分が共通しています。

3.任意整理後の一括返済や繰り上げ返済は可能?

任意整理の一括返済・繰り上げ返済は可能?メリットやデメリットは?

任意整理した後は、減額された債務を月々返済していきます。

この債務を一括払いや繰り上げ返済できる余裕があるのなら、金融機関の立場からすると「早く支払えるんだったら任意整理なんてするな!」と納得のいかない気持ちになるかもしれません。

しかし現実問題として、任意整理後に一括返済や繰り上げ返済をすること自体に何ら問題はありません

一括返済や繰り上げ返済を申し込んで断られることはありませんし、金融機関から前述のような嫌味を言われることもありません。むしろ喜んで応じてもらえることがほとんどでしょう。

任意整理をした後の債務は利息のカットが行われることが大半です。金融機関としては、利息の付かない借金は早く回収したいのです。

回収したお金を利息付きで他の人に貸すことができれば、その分利益になります。

さらに言えば、任意整理後に債務者が支払い不能になった場合、債権者は貸倒れになります。

早く返済してもらえば貸倒れのリスクも軽減されるので、一括返済や繰り上げ返済は金融機関から歓迎されるのです。

4.一括返済や繰り上げ返済のメリット

任意整理後の一括返済や繰り上げ返済には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

(1) 返済期間が短くなり、経済的な余裕が生まれやすくなる

借金がある限り、いつまで経っても家計の一部を借金の支払いに回さなければなりません。

一括返済をすれば、その時点で借金がなくなります。

繰り上げ返済をすれば借金を完済するまでの期間が短くなります。

借金を無事に完済すれば、その翌月からはそれまで借金の返済に充てていたお金を使えるようになります。

借金のない生活が早く訪れることで、少し早めにある程度豊かな生活を送れるようになるのです。

(2) 気分が楽になる

借金を抱えた生活は精神的に厳しいものです。借金の支払い分を確保するために会社や友人との付き合いを控えるようになったり、食費や光熱費を切り詰めたりする人も多くいます。

結婚を考えている人の場合、借金があるためにプロポーズに踏み切れない、またはプロポーズを受け入れづらいということもあるようです。

一括返済や繰り上げ返済によって借金を早期に完済できれば、借金の重圧から解放された生活を送れるようになります。

それまで我慢していたことをできるようになり、人生を楽しめる余裕が生まれやすくなります。

5.一括返済や繰り上げ返済のデメリットは?

メリットについては上記の通りですが、デメリットは意外と多くあります。

(1) 総支払額は変わらない

住宅ローンなどは一括返済や繰り上げ返済によって総支払額を減らすことが可能です。

しかし、任意整理後に一括返済や繰り上げ返済を行っても、総支払額を減らす効果は得られません

この違いは「利息」にあります。

住宅ローンの場合、一括返済や繰り上げ返済によって元本を減らすことで利息が軽減され、結果的に総支払額が減ります。

しかし、任意整理後の債務は、元々利息が免除されています。減らせる利息部分が存在しないので、総支払額は変わらないのです。

(2) 一時的に生活が苦しくなるおそれがある

無理して一括返済や繰り上げ返済を行うと、突発的にお金が必要になった場合に困ります。突発的な事態とは、冠婚葬祭が続いたり、突然事故に遭ったり、病気になったりするなどです。

うかつに一括返済や繰り上げ返済をすると、不測の事態への備えができなくなります。

もし次の支払日に返済が滞った場合、契約違反として督促が始まったり、一括返済を求められたりする可能性があります。

一括返済や繰り上げ返済は無理のない範囲で行いましょう。

(3) 債権者平等の原則を守る必要がある

任意整理後に一括返済や繰り上げ返済をする場合、全ての債権者を平等に扱う必要があります。

複数社からの借入がある場合、その中の1社にのみ優先して一括返済または繰り上げ返済を行うことはできないのです。

全ての債権者に平等に一括返済や繰り上げ返済を行わなければならないのですが、どうすれば平等でどうすれば不平等になるのか、一般人には判断できないことが多いでしょう。

こういった場合は一括返済や繰り上げ返済をしないのが無難です。

どうしても一括返済や繰り上げ返済をしたい場合は弁護士に相談しましょう。

(4) 期限の利益を自ら放棄することになる

「期限の利益」とは法律的な用語ですが、ここでは「約束した時期が来るまでは債務を返済しなくていい権利」程度に考えておくといいでしょう。

債務者は返済日が到来するまで返済の義務がなく、返済を強要されないというメリットを得られます。

一括返済や繰り上げ返済は、この期限の利益を債務者が手放す行為と言えます。

前もって「この日に一括返済します」と債権者に伝えたにも関わらず返済できなかった場合、それまで存在した期限の利益を放棄したうえで約束を破ったということになるので、大きな問題に発展しかねません。

こういった事態を避ける場合にも、一括返済や繰り上げ返済の場合には弁護士の知恵を借りたほうが無難です。

なお、任意整理の契約を締結するときには「2回以上返済が遅れた場合、債務者は期限の利益を喪失する」という決まりが盛り込まれることが大半です。

これは、2回以上支払いを滞納すると任意整理の内容が無効となり、残債務の一括返済や遅延損害金の請求を受ける可能性があるという意味です。

もし滞納しそうな場合は、必ず事前に弁護士に相談してください。何らかの対応を行ってくれます。

(5) 個人信用情報機関の情報は変わらない

早く借金を完済すれば、それだけ早く個人信用情報機関から任意整理の事実を削除される(ブラックリストから抹消される)と考えている人がいるようです。

しかし任意整理をした事実が削除されるのは、任意整理を行ってから5年以上経過してからです。

一括返済や繰り上げ返済を行ったからと言って、個人信用情報機関に保存された情報が変わることはありません

6.一括返済や繰り上げ返済後はどうなる?

ここまで見てきたように、一括返済や繰り上げ返済にはメリットよりデメリットの方が多いのが実情です。

ここからは、借金のパターン別に一括返済や繰り上げ返済後の状況を解説していきます。

(1) クレジットカード

借金を完済しても、個人信用情報機関に任意整理の情報が残っている限りクレジットカードを作ることができません。

デビットカードや家族カードは持つことができるので、カードを使いたい場合はそちらを利用してください。

(2) 住宅ローン

クレジットカードと同じ事情で、借金を完済しても5年程度は新しく住宅ローンを組むことはできません

もし新しく住宅を買いたい場合は、ローン契約の名義人を配偶者にするなどの手段が必要になります。

一括払いで住宅を購入するという手段もないわけではありませんが、お金に困った結果として任意整理をしている以上、あまり現実的な手段ではありません。

(3) 自動車ローン

クレジットカードや住宅ローンと同様に、自動車ローンも任意整理から5年程度は組めなくなります。

自動車が欲しい場合は一括払いになります。

激安の中古車を狙うか、現在所有している自動車を下取りに出して差額を現金で支払うなど工夫すれば、新しい自動車を入手できるかもしれません。

なお、カーリースの契約をする場合にも個人信用情報機関に紹介されるので、任意整理後5年間はカーリースも基本的に利用できません。

(4) 携帯電話・スマホ

任意整理後5年程度は分割払いで端末を購入することは基本的にできません。一括払いでの購入となります。

なお、既存の携帯電話やスマホの契約は任意整理後であっても通話料金を支払っている限りは継続されます。

7.まとめ

任意整理後の一括返済、繰り上げ返済は可能です。

借金返済のプレッシャーから解放されるなどのメリットもありますが、場合によっては不利な条件での一括返済を求められてしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、一括返済によりお金を使い果たすことで、その後の生活が予想外に切羽詰まったものになってしまうリスクもあります。

そのため、任意整理後は臨時収入があったとしても、自身の身の丈にあった返済計画を心がけましょう。

債務整理についてお困りの方は、お早めに泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。一括返済、繰り上げ返済のメリット・デメリットなども含め、専門家がご相談者様一人ひとりに合った借金の解決方法をご提案させていただきます。

債務整理コラム一覧に戻る