任意整理の一括返済・繰り上げ返済は可能?メリットやデメリットは?

任意整理

任意整理の一括返済・繰り上げ返済は可能?メリットやデメリットは?

任意整理をしたあとに、退職金や遺産相続などでまとまった資金ができた場合、債務の一括返済、繰り上げ返済はできるのでしょうか。

また、そうした場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

1.一括返済、繰り上げ返済とは?

最初に、任意整理についてのおさらいと、一括返済、繰り上げ返済について解説します。

(1) 任意整理

任意整理は債務者と債権者の二者間の交渉で、借金返済を無理のない範囲に減額をしてもらう制度です。

債務整理の中では最も多く利用されている制度で、その後は原則3年(最長5年)で減額後の借金を分割で返済します。

(2) 一括返済

一括返済は、借りたお金と利息を一括で返す制度です。返すときは返済日と返済方法を選んで実行します。

(3) 繰り上げ返済

一般的に繰り上げ返済とは、借金の一部または全額を返済することを言います。

一方、任意整理後の一括返済・繰り上げ返済とは、減額した借金の全額または一部を期限より早く返すことを意味します。

2.任意整理後の一括返済、繰り上げ返済は可能か

結論から言えば、任意整理後に一括返済・繰り上げ返済をすることは可能です。

しかし、実行するときには、注意すべき点があります。

(1) 債権者平等の原則は守る

任意整理後に一括返済・繰り上げ返済を行う場合には「債権者平等の原則」があるため、全ての債権者に対して平等に返済を行う必要があります。

そのため借入先が複数ある場合、A社だけ先に完済して、B社に返済を行わないことは禁じられています。

任意整理後に予定より前倒しで借金を返済する場合には、全ての債権者に対して平等に返済しましょう。

(2) 不当な交渉には要注意

任意整理後に一括返済・繰り上げ返済を行う場合には、債権者からの不当な交渉にも注意をする必要があります。

特に貸金業者からの持ちかけ話に関しては、内容を慎重に検討すべきです。

もちろん業者からの提案であっても、借りた側にとって有利な内容である場合もありますが、一方で不利な条件を提示される可能性も十分あり得るため注意が必要です。

(3) 完済以外はメリットなし?

任意整理で一括返済・繰り上げ返済をするときに、メリットがあるのは「完済」できるときです。

と言うのも、任意整理は将来利息をカットして3~5年の間に借金を返すという合意が多いので、その場合、早く返しても利息が安くなるといった経済的メリットはありません。

むしろ、一部返済の場合はまとまったお金を支払っても、翌月にまた決まった額を返済しなければならないで、経済的に苦しくなるという感覚になることが多いでしょう。

一括返済・繰り上げ返済を行うことは「期限の利益」を手放すことになるため、どちらかと言えば、債権者にとってメリットが大きい行為と言えます。

(4) 期限の利益の喪失とは

期限の利益とは、返済期日が定められていることによってお金を借りている人が受ける利益のことです。つまりは、返済期日が決められている場合、お金を借りている人はその期日が到来するまでの間、返済する必要がなく、返済を強要されることがないというメリットを受けられるのです。

一括返済・繰り上げ返済することはそのメリットを債務者自らが手放す行為であり、少なくとも貸し手側にとって困ることは何もありません。

そのため、一括・繰り上げ返済を行うときには、業者との合意は容易にできるケースが大半です。しかし、可能ならば専門家にきちんと相談したうえで慎重に行うことをおすすめします。

3.一括返済、繰り上げ返済のメリット・デメリット

次は、任意整理後に一括・繰り上げ返済を行ったときのメリット・デメリットについてご説明します。

(1) 一括返済・繰り上げ返済のメリット

①返済額を減らせる場合がある

任意整理をすると、利息や遅延損害金をカットして元本のみを分割返済する、という合意を結ぶことが一般的です。

そのため、借金を早く返しても利息を減らせるというメリットは期待できません。

しかし、一括・繰り上げ返済で借金を返すことで、元本を減額してもらえる可能性があります。

貸金業者は、任意整理後に債務者が支払い不能になることを恐れています。そのため、「1年後に100万円返してもらう予定だけど、1ヶ月後に80万円返してもらえるならその方がよい」と考える傾向にあります。

任意整理ですでに減額を行っているので、一括返済をしたからといって、大幅な減額とはなりません。しかし、場合によっては一括返済することで、返済額を1~3割程度減らしてもらえることもあります。

②精神的に安定できる

一括返済を行うことで、精神的な安定を手に入れられる点もメリットです。

借金を完済すれば、返済の心配がなくなります。家族にも安心感を与えることができ、借金生活による苦しみから完全に解放されます。

その解放感は、何ごとにも代えがたいものです。

(2) 一括返済・繰り上げ返済のデメリット

次は一括返済・繰り上げ返済のデメリットです。

①ブラックリストからは消えない

任意整理をすると借金が減額される代わりに、信用情報機関に事故情報が登録されることになります。

任意整理でブラックリストに載ると、5年間は情報が残るので、その間は新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ることはできなくなります。

また、仮に任意整理後に一括返済しても、一度載ってしまったブラックリストの情報はある一定期間、消えません。その間は新たな借入ができないため、入用の際には常に現金が必要となります。

そういった点を考慮すると、借金返済だけに手持ちのお金を使い果たしてしまうのは非常にリスクを伴います。

②生活が切り詰められてしまう可能性がある

生活をしていく上ではさまざまなことが生じます。

突然の冠婚葬祭、自動車の車検、家の修理代、電化製品の故障…その他の突発的な出来事を含めても、日常における緊急出費は避けて通れません。

任意整理後に一括・繰り上げ返済で、手元のお金を出し切ってしまうと、このように何かあったときには経済的に困窮します。

基本的に新たな借入はできないので、生活が切り詰められる余り、闇金業者に手を出してしまう人もいます。そうなったら一大事です。一括返済などしなければよかった…ということにもなりかねません。

そうしたことがないように、任意整理後に一括・繰り上げ返済をするときには、メリットとデメリットを天秤にかけて、今後の生活のこともよく考えてから行うべきです。

4.債務整理は早めのご相談を

任意整理後の一括返済、繰り上げ返済は可能です。

借金返済のプレッシャーから解放されるなどのメリットもありますが、場合によっては不利な条件での一括返済を求められてしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、一括返済によりお金を使い果たすことで、その後の生活が予想外に切羽詰まったものになってしまうリスクもあります。

そのため、任意整理後は臨時収入があったとしても、自身の身の丈にあった返済計画を心がけましょう。

債務整理についてお困りの方は、お早めに泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。一括返済、繰り上げ返済のメリット・デメリットなども含め、専門家がご相談者様一人ひとりに合った借金の解決方法をご提案させていただきます。

債務整理コラム一覧に戻る