個人再生 [公開日]

個人再生を依頼する際の弁護士の選び方のポイントとは?


弁護士として登録されている人の数は、2017年時点で38,980人いるそうです。

債務整理を行う場合は弁護士に相談し、依頼して手続きを代行してもらうのが一般的ですが、38,980人もいる弁護士の中から誰をどのような基準で選べばいいのでしょうか。

テレビをつければ過払い金の返還請求などを請け負っている弁護士のCMなどを日常的に見ることができますが、そういった事務所に依頼した方がいいのでしょうか?

それとも、ネットでひたすら弁護士を探したり、電話帳で地元の弁護士を見つけたりする方がいいのでしょうか?

この記事では、情報過多時代だからこそ迷ってしまう弁護士選びについて、債務整理の中でも特に個人再生の場合に絞って考えていきます。

1.個人再生を頼む弁護士選びのポイント

個人再生は他の債務整理に比べて手続きが複雑です。

そのため、個人ではなかなか実行できず、弁護士に依頼しなければスムーズにいかないことが多いのが実情です。

しかし弁護士と言っても千差万別です。間違った弁護士選びをすると思わぬストレスを抱えることになりかねません。

ここでは、個人再生をするときに弁護士を選ぶ場合のポイントを1つ1つご紹介します。

(1) 個人再生の実績が豊富

前述のように、個人再生は手続きが複雑なので、個人再生の案件を扱った経験が多いかどうかは大切な判断要素です。

弁護士であれば誰でも個人再生案件を扱うことができますが、「扱える」と「扱ったことがある」は大きな違いです。

「実際に個人再生を扱ったことがある」弁護士のうち、できるだけ多くの経験を持っている人を選んでください

多くの案件を扱っている人はそれだけ慣れているので、判断が早くて的確です。

そういった弁護士に依頼すれば早期に個人再生できるので、借金問題からいち早く解放されます。

(2) 弁護士報酬が明確か

弁護士に依頼するときに多くの人が気にするのが弁護士への支払いです。

個人再生をする人の多くは多額の借金に悩んでいるのが普通なので、弁護士費用がいくら掛かるのか不安な人も多くいます。

弁護士報酬はそれぞれの弁護士事務所によって違うので、一般人には相場を掴みづらいという事情があります。

また、一見するとわかりづらい料金体系を採用している弁護士事務所があることも確かです。

最終的に弁護士へいくら支払うことになるのかわからないと、心配で頼めないという人もいるでしょうし、なにより想定外の費用が発生する可能性もあります。

そういった不安を解消するには、弁護士報酬が明確に決められている弁護士事務所を選ぶのが一番です。

また、複数の弁護士事務所に相談し、見積もりを出してもらって各事務所を比較検討するのもいいでしょう。

(3) 対応のスピード

弁護士が個人再生に慣れていても、依頼した案件をいつまでも棚ざらしにしておくようでは意味がありません。

依頼を受けたらすぐに行動してくれる弁護士事務所を見つけ出すことが大切です。

すぐに行動してくれる事務所かどうかを判断するのは難しいのですが、どのくらいで対応してくれるかの目安を聞いてみると多少わかる可能性があります。

あまりに長い期間を見積もる弁護士は、あまり仕事が早くないかもしれません。

また、「早く解決してほしい」などと言って、急いでいることを告げてみるのも手です。そういったクライアントに難色を示す弁護士は、対応が遅いことがあります。

むしろ「急いでいるのであればできるだけ早く対応します」と前向きになってくれる弁護士の方が心強いでしょう。

(4) 事務所の立地

通信技術が発達して多くの仕事がリモートワーク化されている昨今ですが、それでも弁護士事務所の立地は大切です。

弁護士に依頼すると何度か弁護士事務所を訪れることになりますが、弁護士事務所が遠いとその度に行くのが億劫になってしまいますし、交通費もかかってしまいます。

弁護士の中には対応エリアを広く設定している人も大勢おり、「事務所のある県内ならどこでも対応」「関東すべて対応」などとしている場合がありますが、同じ県であっても行くのに1日かかるような場所は数多く存在します。

自宅や勤務先等から無理なく行ける場所に事務所を構えている弁護士の方が、こまめに打ち合わせができて安心です。

(5) 事務員に任せっきりにしないか

弁護士の中には、案件や書類作りを事務員に丸投げしている人もいます。自分は相談だけ受けて、その他はほぼ関与しないというパターンです。

こういった弁護士は、案件自体を軽視している可能性すらあります。

過剰に事務員が多い事務所や、弁護士ではなく事務員ばかりが対応してくる事務所は怪しんだほうがいいかもしれません。

(6) 説明をしっかりしてくれるか

弁護士の中には、たくさんの案件を手がけた経験があるため、案件処理が一種のルーティーンになってしまっている人がいる可能性があります。

相談者が切実に相談したとしても、弁護士が心の中で簡単に処理してしまうこともあり、相談者が本当に困っていることや本当に言いたいことが見逃されるかもしれません。

相談中に弁護士がなんとなく上の空だったり、早く話を切り上げようとしたりするような場合は要注意です。

反対に、目の前の相談者と真剣に向き合っている弁護士であればかなり安心できます。

2.非弁提携弁護士とは

個人再生などの債務整理だけでなく、法律業務を行う際には弁護士等の資格が必要です。資格がないのにこの業務を行うと、「非弁行為」といって罪に問われます。

また、弁護士でない人が弁護士から名義だけ借りて業務を行うことも禁止されています。

しかし、弁護士の中には悪徳業者から報酬を得るために名義貸しする人もおり、こういった悪い業者と提携している弁護士を「非弁提携弁護士」と呼びます。

非弁提携弁護士に引っかかると、依頼を放置されたり預けたお金を持ち逃げされたりする可能性があります

このような非弁提携弁護士を避けるにはどうすればいいのでしょうか?

(1) 業者から紹介される弁護士には注意

「債務整理を手伝います」などと謳っている業者はとりあえず怪しんでください。

こういった業者は「整理屋」などと呼ばれており、違法に法律業務を行っている可能性があります。

また、そういった業者が紹介する弁護士にも要注意です。

(2) 弁護士に会えず、事務員が担当している

弁護士が名義貸しをしている場合、弁護士がおらず、事務員しか事務所にいないことが大半です。

弁護士と会えないときや事務員しか応対してくれない場合は、非弁提携弁護士を疑いましょう。

(3) 料金が高い

料金がやたらと高い、または当初知らされていなかった料金を請求するような弁護士または業者は信用しないようにしましょう。

お金だけ取って何もしない可能性があります。

(4) 仕事が遅い

非弁提携弁護士や提携している業者は仕事が遅いことが多く、将来の見通しなども教えてくれないことがあります。

依頼者の催促や質問に応じず、いつまでに何をするかの見通しが立たず、のらりくらりと引き伸ばす弁護士や業者は信用してはいけません。

3.まとめ

弁護士に依頼した後であっても、不満がある場合は債務整理の途中で弁護士を変えることができます。

弁護士選びで悩んだ場合は、泉総合法律事務所のご利用をご検討ください。

泉総合法律事務所には個人再生はもとより、債務整理全般に強い弁護士が揃っています。ご相談者様にぴったりのサポートを提供させていただきますので、お気軽にご連絡・ご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る