個人再生 [公開日]

個人再生するとクレジットカードはどうなるの?

現代生活において、クレジットカードは私達の生活に重要な役割を担っています。
ネット通販等をするときはクレジットカードを使うことが多いですし、少し高価な家具や家電を購入するときもクレジットカードが大活躍します。

しかし、クレジットカードの使い過ぎが祟る等して、借金を返せなくなるケースも散見されます。

そういった場合は個人再生等の債務整理をすることで解決できますが、このとき気になるのが個人再生後のクレジットカードについてです。

はたして個人再生をした後でも、それまでと同じようにクレジットカードは使えるのでしょうか?
また、クレジットカードを新しく作るための申込みはできるのでしょうか?

1.個人再生後(借金返済中)のクレジットカード

裁判所に個人再生を認めてもらった後は、5分の1~10分の1程度に減額された借金を、毎月少しずつ、3年程度かけて返済することになります。

返済期間中にクレジットカードを申込みたいという人もいるかもしれませんが、実は、申込みをしてもかなりの確率で審査に落ちてしまいます

審査に落ちる理由は、個人再生をすると「ブラックリストに載った」状態になるからです。

では、ブラックリストとはどういうもので、どういった悪影響があるのでしょうか?

(1) ブラックリストへの掲載

現実に「ブラックリスト」というものは存在しません。

債務整理をするとその情報が「信用情報機関」という組織が持つ情報に登録されます。
そしてその情報は金融機関や貸金業者、クレジットカード会社等の間で共有されます。

これらの業者はお金を貸すときやクレジットカードを発行するときに信用情報機関の情報を参照します。

もし債務整理の履歴が見つかった場合、業者側は申込人の返済能力に問題があると判断し、融資やクレジットカードの発行を行いません。

このような状態を俗に「ブラックリストに載った」状態と呼ぶのです。

個人再生をするとブラックリストに載った状態になってしまうため、クレジットカードの審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

詳しくは以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

信用情報機関の違い(CIC・JICC・JBA)とブラックリストに掲載される影響

(2) 新規作成可能なクレジットカードはある?

ブラックリストに載った状態だとクレジットカードの審査に落ちやすくなりますが、絶対にカードを作れないというわけではありません。
ブラックリストは1つの審査基準であり、一部の業者はブラックリストをあまり重視しないとも言われています。

ネットで検索すれば審査がゆるいと言われているカードを見つけることができるので、そういったカードに申し込んでみるのも一案です。

ただし、クレジットカードの審査基準は公開されておらず、問い合わせても教えてもらえません。
審査がゆるいと噂されているカードであっても必ず審査に通るとは限らないのでご注意ください。

また、リボ払いであれば使えるカードもあります。
しかし、リボ払いは金利が高く、新たな借金問題の火種になる可能性があるのでおすすめできません。

リボ払いについては以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

債務整理・自己破産でリボ払いの借金地獄から抜け出す!

【個人再生の直前にカードを作ることはできるの?】
個人再生をする直前にカードの発行を申込むこと自体は可能です。
しかしこれをすると不当な行為とみなされて、個人再生手続に悪影響を及ぼすおそれがあります。
弁護士に相談しても止められる可能性があるので、申込みはしない方がいいでしょう。

2.今使っているカードはどうなるか

個人再生の前から使っているカードは個人再生をすると使えなくなります。

正確に言えば、債務者から依頼された弁護士が債権者(カード会社等)に「受任通知」を送り、それが債権者のところに到着した時点でカードが使えなくなるので、個人再生手続が始まるよりも前に、カードを使ったショッピングやキャッシングができなくなるのです。

たとえ普段使っていないカードであっても、所持しているカードはすべて使えなくなるので注意してください。

もしカードを使える状態であっても、お金を返せるあてもないのにカードを使って借金した場合は詐欺罪に問われる可能性があります。

個人再生をするのであれば、カードとは縁を切った方が無難です。

3.ブラックリスト情報の削除

ブラックリストから債務整理の情報が抹消されることを俗に「喪明け」等と言うようです。

喪明けまでの期間は個人再生をしてから5年~10年とされています。
個人再生は原則3年、長くて5年程度かけて借金を返済していくため、たとえ借金を完済していたとしても一定期間はブラックリストに情報が残ったままとなります。

この期間を短縮する方法はなく、ただひたすら待つしかありません。

弁護士に相談すれば喪明けの時期なども具体的に教えてくれるので、個人再生をするときに確認しておきましょう。

[参考記事]

個人再生すると、いつからいつまでブラックリストに載ってしまう?

4.クレジットカードを利用できない場合の対処法

個人再生後はクレジットカードを作れないとは言え、カードがないと不便に感じることも多いのが現実です。

クレジットカードの代替となるものは複数あるので、以下のようなものを利用して喪明けまでの期間を乗り切ってください。

(1) デビットカード

審査不要で作れるカードです。

デビットカードはクレジットカードと同じように使うことができますが、クレジットカードのように後払い形式ではありません。
デビットカードで決済すると紐づけされた銀行口座から即座にお金が引き落とされます。

銀行口座の残高以上の買い物ができないので、お金を使いすぎることがないというメリットがあります。

(2) プリペイドカード

こちらも審査不要で作ることができます。

後払いのクレジットカード、同時払いのデビットカードに対して、プリペイドカードはその名の通り先払い式のカードです。
予めチャージしておいた金額以上は使うことができないので、やはり使いすぎを防止することができます。

(3) 家族カード

家族の誰かが主契約者となって審査を通れば、主契約者の家族全員で使えるのが家族カードです。
主契約者以外は原則として審査がないのがメリットです。

デビットカードやプリペイドカードは一部の決済等で使えないこともありますが、家族カードはクレジットカードなので大抵の決済で使うことができます。

5.個人再生後の生活の不安は弁護士に相談!

弁護士は個人再生の手続そのものだけでなく、個人再生後の生活についても相談に乗ってくれます。
個別のケースに合わせて具体的なアドバイスをしてくれるので、不安に感じることは弁護士に質問して確認しておきましょう。

弁護士は依頼者の要望を叶えるため、そして不安を解消するために最適な債務整理を提案し、実行してくれます。

借金のことは、ぜひ一度泉総合法律事務所の弁護士に相談してください。長年の借金問題が、きっと良い方向に進むはずです。

債務整理コラム一覧に戻る