個人再生後に一括返済、繰り上げ返済はできる?その条件は?

個人再生

個人再生後に一括返済、繰り上げ返済はできる?その条件は?

【この記事を読んでわかる事】

  • 個人再生後に臨時収入が入ったら、残債務の一括返済、繰り上げ返済はできる?
  • 残債務の一括返済、繰り上げ返済をするのに条件はある?
  • 一括返済、繰り上げ返済をする上での注意点とメリット、デメリット

 

個人再生が認可された場合は、減額された債務を一定期間内に分割で返済します。

しかし、その間にまとまったお金ができた場合、一括返済、繰り上げ返済をすることは可能なのでしょうか?

もしできるとしたら、どんなことに注意すべきなのでしょうか?

今回は、個人再生後の一括返済、繰り上げ返済の可否と、可能な場合のメリット、デメリットについて詳しく解説します。

1. 個人再生とは

「個人再生」は債務整理の一種で、借金を大幅に減額することができる制度です。

手続きするには裁判所に申立をする必要があり、認可後は減額後の残債務を計画通りに完済することが求められます。

個人再生は任意整理に比べて減額幅が大きいので、比較的借金額の大きい人に適しています。

減額幅は借金額によって異なり、負債が大きくなるほど減額幅も大きくなります。

具体的には借金額が500万円超えの場合は金額に応じて1/5から1/10に圧縮され、借金総額が500万円以下の場合は100万円になります。

100万円以下の借金については、減額はありません。

減額後の借金は原則3年(例外5年)で返済する必要があり、完済すれば借金は全て免除されます。

借金額に対する最低弁済額の目安は以下の通りです。

100万円以上、500万円以下 100万円
500万円超、1,500万円以下 借金総額の5分の1
1,500万円超、3,000万円以下 300万円
3,000万円超、5,000万円以下 借金総額の10分の1

個人再生の弁済額はこのように法律で定められていますが、「清算価値保証の原則」に反する場合は、上記の金額に減額されることはありません。

・清算価値保障の原則とは?

清算価値保証とは、債務者が財産を所有している場合には、その総額を支払いにあてることを定めたルールです。

例えば、借金額が600万円の人が個人再生する場合、財産がなければ最低弁済額は借金総額の1/5=120万円ですが、仮に150万円の車を持っていた場合は、車は財産とみなされるので、最低弁済額は150万円になります。

個人再生では、住宅ローンが残っている自宅はそのまま残すことはできますが、完済している場合は清算価値保証の原則が適用されます。

自宅の価値が上記の弁済額を上回る場合は、自宅の売却価格を含めた総財産額が最低弁済額となります。

2. 一括返済、繰り上げ返済とは?

一般的に銀行や消費者金融からお金を借りた場合、決まった額を定期的に分割返済していく人が大半だと思います。

しかし、返済途中で臨時収入が発生することもあります。

例えばボーナスや給料のUP、遺産相続、宝くじの当選など、思わぬことで手持ちの資金に余裕ができたときは、借金の一部や全額をまとめて返すことも可能です。

早く返すと相手に喜ばれそうですが、まとめて返済すると利息が減るので、業者側は一括、繰り上げ返済に関しては実は消極的です。

また、返済をしっかり行う優良顧客は逃したくないので、関係を長く保ちたいと考えます。

しかし、ほとんどの業者は一括返済、繰り上げ返済に対応しています。

資金の余裕のあるときに、無理のない範囲でまとめて返済を行うことは、利息軽減できるので、利用者にとってはメリット大です。

3.個人再生開始後の一括返済、繰り上げ返済について

個人再生でも一般のローン同様に、一括返済、繰り上げ返済を行うことは可能なのでしょうか?

結論から言えば、個人再生後の一括返済、繰り上げ返済は可能です。個人再生でまとめて返済することを禁止する規定は特にありません。

ただ、もし一括、繰り上げ返済を行う場合は、以下の条件を満たしている場合に限ります。

(1) 債権者平等原則を守る

借金返済では「債権者平等原則」のルールが適用されます。これは、全ての債権者に対して平等に行わなければならないという決まりです。

個人再生後も資金に余裕ができたからといって、一部の債権者の借金だけ優先的に返すことは禁じられています

借金の種類も、金額の多寡も関係なく、平等は返済を行わなければなりません。

例えばA社に720,000円、B社に1,080,000円、C社に1,440,000円を3年(36回)で返済する計画があったとします。

その場合、月々の返済はA社が20,000円、B社が30,000円、C社は40,000円です。

仮に24回の返済が終わった段階で、240,000円の臨時収入があった場合、A社だけ繰り上げ返済して借金を完済させたいと思ってもそれはできません。

繰り上げ返済を行うのであれば、債権者平等原則により、A社に40,000円、B社80,000円、C社120,000円の返済を行うのが妥当です。

残金が少なくなったら、早く払って借金をきれいにしてしまいたい、と考えることもあると思いますが、再生計画と無関係に一部の人を優遇して返済をすることはできないのです。

(2) 債権者から同意を得る

個人再生後の再生計画途中での一括返済、繰り上げ返済には債権者の同意が必要です。

一般的なローンの場合、貸金業者は一括返済に消極的な傾向がありますが、再生計画の返済は期間が長くなるほど利息がつく仕組みではないので、まとめて返されても債務者にとって損はありません。

どちらかと言えば、むしろ歓迎されるので、同意を得るのはそれほど難しいことではないでしょう。

しかし、一括、繰り上げ返済を行うタイミングによっては、債権者に不信感を抱かれることもあるので、その点は注意が必要です。

その理由は一括返済のデメリットのところで詳しく解説します。

4.個人再生手続開始後の一括返済、繰り上げ返済のメリット

個人再生後の債務の一括返済、繰り上げ返済は可能なのか?条件は?

(1) 心理的な負担から開放される

個人再生後は自己破産のように全額免責される制度ではありません。

認可後は計画通りに滞りなく返済しなければならないので、完済するまでのプレッシャーは決して少なくありません。

そんな中、一括や繰り上げで返済できれば、心理的な負担を減らすことができます。これは想像以上に大きなメリットです。

(2) 振込手数料が軽減される

個人再生後の返済は、銀行振り込みによって行われるケースが大半です。債権者が複数であれば、毎月の手数料だけでもばかになりません。

しかし、一括、繰り上げ返済を行えば、振り込み回数を減らすことができるので、手数料軽減につながり、経済的にも楽になります。

5.個人再生手続開始後の一括返済、繰り上げ返済のデメリット

(1) 財産隠しを疑われる

個人再生では、清算価値保証の原則があるので、まとまった財産がある場合は最低弁済額が高くなる可能性があります。

先ほど個人再生後の一括返済、繰り上げ返済はタイミングが重要、というお話をしましたが、これは場合によっては財産隠しを疑われる危険があるからです。

特に気を付けたいのは、個人再生直後の一括、繰り上げ返済です。借金返済するお金がないから個人再生したのに、認可直後に一括返済できるのは誰が見ても不自然です。

仮にそうしたことがあれば、債権者から「本当はもっと財産があったのでは?」と思われる可能性があります。

そうした疑いをもたれた場合は、最悪、再生計画の取り消しをされる可能性もあります。

そのため、特に個人再生直後は、仮に臨時収入があっても一括、繰り上げ返済するのはおすすめできません。

しばらくの間は計画通りに返済し、適切な時期にまとめて返済するのがベストです。

(2) ブラックリストにはのったまま

個人再生で一括返済、繰り上げ返済をしても、ブラックリストの情報が消えることはありません。

事故情報は再生手続きから5~7年は残るので、早く返済してもその間は借入やクレジットカードを作ることはできません。

(3) 生活を切り詰めすぎてしまう

個人再生後に一括返済、分割返済をすると、生活が厳しくなる可能性があります。

個人再生後は新たな借入、クレジットカードの作成もできないので、現金のみで全てのやりくりをしなくてはなりません。

そのため、生活費は余裕を持たせる位でないと、いざというときに困窮します。

個人再生の本来の目的は、経済的な再建をはかることにあります。早く借金を切りたい余りに、生活に困ってはもとも子もないので、無理をして返済することはおすすめできません。

6.借金のお悩みは泉総合法律事務所へ

個人再生後は、臨時収入などで資金に余裕ができたとしても、無理に一括返済、繰り上げ返済する必要はありません。

むしろ、タイミングによっては、あらぬ疑いをかけられることもあるので、十分に注意して下さい。

しかし、一括、繰り上げ返済すると精神的には楽になるので、もし早く借金を返してしまいたいと考える場合は、個人再生に詳しい弁護士に相談をすることをおすすめします。

泉水綜合法律事務所は、個人再生の解決実績が豊富にあります。債務整理のスペシャリストの弁護士が、それぞれの方の話を丁寧に伺い、ベストの解決策を提案します。

借金トラブルは早く対処するに越したことはありません。対処が遅れるほど深刻化するので、早めに手を打つことが事態打開の鍵になります。

当事務所では無料相談も行っておりますので、借金問題にお困りでしたら、ぜひ一度お気軽にご利用下さい。

一人で悩まずに専門家と一緒に解決していきましょう。

債務整理コラム一覧に戻る