個人再生後の債務の一括返済、繰り上げ返済は可能なのか?条件は?

個人再生

個人再生後の債務の一括返済、繰り上げ返済は可能なのか?条件は?

個人再生をしたあとにまとまった資金ができた場合、債務の一括返済、繰り上げ返済はできるのでしょうか?
その場合、どのようなことに注意したらよいのでしょうか?

ここでは、債務の一括返済、繰り上げ返済のメリット・デメリットをご説明したいと思います。

1.個人再生とは

「個人再生」とは、裁判所に申立をして借金を減額し、返済負担を減らす債務整理方法です。
自己破産と異なり借金の免除を受けるには、裁判所が認めた再生計画の返済を完了させる必要がありますが、任意整理に比べると返済総額を大幅に減額させることができます。

個人再生では、借金を「総額の5分の1(~10分の1)」または「100万円」まで減らし、それを3~5年(原則3年)で返済することで、それ以上の借金返済の義務を免除してもらえます。

借金の総額と最低弁済額は以下のとおりです。

借金総額 最低弁済額
100万円以上、500万円以下100万円
500万円超、1,500万円以下借金総額の5分の1
1,500万円超、3,000万円以下300万円
3,000万円超、5,000万円以下借金総額の10分の1

ただし、「清算価値保障の原則(※)」があるため、必ずしも上記の最低弁済額まで減額されるとはかぎりませんので、ご注意ください。

(※)清算価値保障の原則とは?
債務者が財産を所有している場合は、財産の総額分を債権者に対して最低限支払うことを定めたものです。
たとえば借金の総額が600万円の場合、財産がなければ弁済額は5分の1の120万円になります。

しかし、140万円の車を所有していた場合、車は財産とみなされますので、弁済額は140万円となります。

2.一括返済、繰り上げ返済とは

銀行や消費者金融などから借入(ローン)をした場合、あらかじめ決められた額を定期的に返済していくのが一般的です。
しかし、たとえば遺産を相続した、給料・ボーナスがUPした、宝くじが当たったなど、返済中に手元の資金に余裕ができる事柄がおこった場合、残りの借金の全てまたは一部をまとめて返済することが可能です。

このような返済方法を一括返済繰り上げ返済と言います。

3.個人再生開始後の一括返済、繰り上げ返済

個人再生とは、裁判所に許可された返済計画に従って、定期的に借金を返済していくものです。

個人再生開始後にまとまったお金が入ることになったら、一般のローンと同様に一括返済や繰上げ返済を行なうことは可能なのでしょうか?

法律上、個人再生において一括返済・繰上げ返済を禁止する規定はありません。したがって、まとめて返済することは可能です。

ただし、以降の条件を満たしている必要があります。

(1) 債権者平等の原則を守る

借金返済は「債権者平等の原則」を守り、全ての債権者に対して平等に行なわなければなりません。
つまり、複数社に返済する義務がある場合は、たとえお金に余裕ができても、一部の債権者だけ優先して返済を済ましてしまうことはできないということです。

たとえばA社に360,000円、B社に720,000円、C社に1,080,000円を3年(36回)かけて返済する計画がたてられていたとします。
月々の返済はA社10,000円、B社20,000円、C社30,000円になります。

24回支払ったあと120,000円の臨時収入があったので、繰上げ返済をしたいとしても、A社に全額支払ってA社のみを完済にしてしまうという方法はとれません。
この場合は「債権者平等の原則」に従い、A社に20,000円、B社に40,000円、C社に60,000円という返済額になります。

残金が少ないところには、さっさと支払ってしまった方が気が楽という考えもあるかと思います。しかし、再生計画を無視して特定の債権者を優遇するような偏った返済はできません。

(2)債権者から同意を得る

個人再生手続開始後の一括返済、繰り上げ返済では、債権者から同意を得る必要があります。
個人再生(再生計画)に基づく返済は一般のローンと異なり、債務に利息がつく仕組みではありません。

ですから、債務者としては、早く支払ってもらったからといって、損をするということはありません。むしろ、一括返済、繰上げ返済は歓迎されるでしょう。

ただし、その時期によっては、債権者から不信感を抱かれる可能性がないとも言えません。
したがって、一括返済、繰上げ返済を行なうタイミングには注意が必要です。

この点については、「個人再生手続開始後の一括返済、繰り上げ返済のデメリット」のところでご説明します。

4.個人再生手続開始後の一括返済、繰り上げ返済のメリット

(1) 心理的な負担から開放される

個人再生は自己破産のように借金がすぐに免責されるわけではありません。大幅に減額されると言えども、再生計画に基づく返済を完了させるまでは、支払い義務は残っています。

一括返済、繰り上げ返済ができれば、そのプレッシャーからも早く開放されます。

(2) 振込手数料が軽減される

多くの場合、借金の返済は銀行振込によって行なわれます。複数社に返済するのであれば、振込手数料もばかになりません。
一括返済や繰り上げ返済を行なえば、振込回数を減らせられるので、手数料を安く済ませることができます。

5.個人再生手続開始後の一括返済、繰り上げ返済のデメリット

(1) 財産隠しを疑われる

清算価値保障の原則」でご説明したとおり、個人再生の弁済額には債務者が所有している財産の額も影響してきます。

個人再生が開始されて間もない時点で、一括返済、繰り上げ返済を行なおうとすると、「本当はもっと財産を所有していたのではないか?弁済額を低くするために隠していたのではないか?」と疑われてしまうかもしれません。
そのような債権者からの疑念は、個人再生計画の取消しに繋がる可能性がありますから、十分に用心する必要があります。

たとえ、個人再生開始後すぐにまとまったお金が手に入ったとしても、一括返済、繰り上げ返済はせずに、計画通りに返済しておいた方がよいでしょう。

(2) 生活を切り詰めすぎてしまう

個人再生の目的は、健全な経済的再生です。
早く借金を返したいばかりに、生活を切り詰めすぎてしまっては元も子もありません。

6.借金のお悩みは泉総合法律事務所へ

手元の資金に多少の余裕ができたとしても、無理に一括返済、繰り上げ返済をしないほうが無難なケースもあります。
個人再生の一括返済、繰り上げ返済を検討されているのであれば、まずは個人再生手続に長けた弁護士に相談してみることをおすすめします。

泉総合法律事務所には、個人再生を含めさまざまな債務整理案件の解決実績が豊富にあります。借金問題でお悩みでしたら、お早めに当事務所の無料相談をご利用ください。最適な解決方法やご不明点などに関するアドバイスをさせていただきます。

債務整理コラム一覧に戻る