個人再生 [公開日][更新日]

個人再生すると、いつからいつまでブラックリストに載ってしまう?

クレジットカード会社や金融機関の間で共有する情報のうち、特定の消費者が、借入金の返済困難な状況に陥ったという経済的信用状況の情報を「事故情報」といい、信用情報機関に事故情報が登録されることを俗に「ブラックリストに載った」などといいます。

ブラックリストに載ってしまうと、新たな借入ができなくなったり、新たにカードを作れなくなったりといった不利益を被ります。

債務整理を考える際に、いつブラックリストに掲載されてしまうか、そしてそれはいつまで続くのかを知っておくことは大切なことです。

そこで、個人再生とブラックリストの掲載の期間についてお話しします。

なお、ブラックリストについての基本は「ブラックリストとはそもそも何なのか?掲載されることの悪影響」のコラムをご覧ください。

1.個人再生とは

個人再生とは、裁判所に認可されることにより、金銭債務の残債務のうちの一定額のみ支払いをすれば、残債務の他の部分の支払いが免除されるというものです。

大幅な債務の圧縮が認められる反面、一定額を3年から5年で返済していく必要がある点が自己破産と異なります。

しかし、自己の財産を基本的に残すことができるのが個人再生の魅力です。

また、住宅を手放したくないときは、住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を付けることによりこれを実現できます。
ただし、住宅を残せる反面、住宅ローンは個人再生が認可された後も返済していかなければならないことを念頭に入れておく必要があります。

詳しくは以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

個人再生手続の概要やメリット・デメリットについて

2.信用情報を収集管理している機関

日本の信用情報機関としては、消費者金融系のJICC、クレジット会社・信販会社系のCIC、銀行系のKSCの三つがあります。

○○系といっても、加盟会員がそれに限定されている訳ではなく、また複数の機関に加盟している会員も存在します。
また、ブラックリストについては各機関の間で情報を共有しているので、債務整理した借入先とは異なる信用情報機関に加盟している会社だからといって借入れが可能になるわけではありません。

各信用機関には、自分の事故情報が登録されているかを情報開示してもらうことが可能です。

情報開示の手順につきましては、以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

「信用情報」の基礎知識~自分の信用情報を調べる方法とその手順

3.個人再生とブラックリスト

(1) 「いつから」ブラックリストに掲載されるか

ブラックリストに掲載されてしまうのは、信用情報機関が事故(個人再生の開始)の情報を得たときです。

つまり、個人再生手続きの開始決定の時に、信用情報機関は個人再生手続きの確定的に入ったことを知ることになりますから、この時から個人再生としてのリストに載ることとなります。

(2) 「いつまで」ブラックリストに掲載されるか

では、いつまで登録され続けるのでしょうか。

この点については、JICCとCICは裁判所の認可決定のときから5年です。
また、KSCは官報情報を10年間登録するので、貸付やカードを作るのにこの情報も判断要素としている会社との関係では、認可決定から10年間ブラックリストに載ることとなります。

よって、個人再生の場合、ブラックリストに載る期間は5年から10年と幅をもって見る他ありません。

信用情報機関 掲載期間
JICC 5年
CIC 5年
KSC 10年

(3) 事故情報が登録されることによるデメリット

事故情報が登録されると、新たな借入時の様々な審査に通らなくなってしまいます。その結果、新規でクレジットカードを作ることが困難になります。新規でなくとも、クレジットカードの更新も通らない可能性があります。

また、新たに借入をすることも困難ですし、自動車ローンや住宅ローンを組むことも難しいでしょう。

ブラックリストに掲載されることによるデメリットについて、詳しくは以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

ブラックリストとはそもそも何なのか?掲載されることの悪影響

4.まとめ

以上、個人再生とブラックリストに掲載されてしまう時期、期間について解説しました。

ブラックリストに掲載されることのデメリットは確かに大きいですが、それが一生続くわけではありません。個人再生の場合、5~10年で解除されます。

ブラックリスト状態を恐れず、傷が深くなる前にお早めに借金問題を解決することをおすすめします。

泉総合法律事務所では、経験豊富なスタッフが、借金の返済に困ったみなさんの相談にお答えしています。是非一度、無料相談をご利用ください。

債務整理コラム一覧に戻る