自己破産をしても税金の支払い義務はある!滞納するとどうなるのか

自己破産

自己破産をしても税金の支払い義務はある!滞納するとどうなるのか

借金まみれでただでさえ生活が苦しい場合、様々な税金を払うことが難しいことも多いでしょう。

税金を払えずに滞納するとどうなるのでしょうか。また、自己破産で借金をなくしたとしても、税金は払わなければならないのでしょうか。

ここでは、自己破産と税金の関係について解説していきます。

1.税金を払えなくなると

自己破産と税金の関係について解説する前に、まず、税金を払えなくなるとどうなるかを説明いたします。

(1) 督促状

所定の期日までに払わない場合には、役所から督促状が届きます。

(2) 差し押さえ

役所から督促状が届いたのに、税金を支払わなかった場合には、財産を差し押さえられる可能性があります。
通常は、人にお金を払えと主張できる権利を持っている場合であっても、いきなり相手の財産を差し押さえることはできません。

まずは、裁判所に訴えを起こして、裁判に勝って、そのあとに差し押さえるという手続を踏む必要があります。

しかし、税金の場合、役所は、裁判を起こさなくても、いきなり財産を差し押さえることができます。

①差し押さえられる財産

差し押さえられる可能性がある財産には、不動産、預貯金などがあります。

②不動産差し押さえ後の流れ

不動産を所有している場合は、その不動産が競売(けいばい)にかけられます。そして、この競売によって得られた金額が未払いの税金に充てられます。

残った金額があれば、本人に返却されます。

2.自己破産後の納税

ここまでは、自己破産とは関係なく、税金を支払わないとどうなるかについて解説してきました。

次に、自己破産と税金の関係について解説いたします。

(1) 自己破産手続と税金

自己破産手続は、破産者の財産を換価処分(財産を現金に換えることです)して、それを債権者(お金を借りている相手方)に対して、各債権者の債権額に応じて分配するという手続です。

その後、免責手続により、お金を払わなければならないという責任が免除されます。

このように、自己破産というのは、あくまで、持っている資産をお金に換えて、債権者に配るというだけなのです。

ちなみに、税金は「優先的破産債権」と言い、仮に債権者に分配できるお金があった場合、優先的に支払われます。

(2) 免責手続と税金

ここまでで、自己破産手続後、免責手続を経て免責された場合には、お金を払わなければならないという責任が免除される、ということがお分かりいただけたかと思います。

では、免責手続を経て、免責された場合には、税金を払わなければならないという責任も免除されるのでしょうか?

破産法という法律に、以下のようにその答えが書いてあります。

(免責許可の決定の効力等)

第二百五十三条 免責許可の決定が確定したときは、破産者は、破産手続による配当を除き、破産債権について、その責任を免れる。ただし、次に掲げる請求権については、この限りでない。

一 租税等の請求権(共助対象外国租税の請求権を除く。)

簡単にいうと、「免責されたら、お金を払う義務はなくなります。でも、税金を払う義務はなくなりません。」と書いてあります。

残念ながら、税金は、自己破産しても、払わなければならないのです。

そして、税金を払わない場合には、最初に解説したとおり、財産が差し押さえられたのち、お金に換えられて、債権者たちに分配されることになります。

3.いつ払えばよいのか

(1) 期限

税金の種類によって、法定納期限、すなわち、支払うべき期限が決まっていて、この法定期限に払えばよいということになります。

この法定納期限までに払わないと、督促状が送られてきます。
この督促状にも、納付期限が書いてあり、期限までに払えないと、財産を差し押さえられる可能性があります。

(2) 分納

ただ、そうはいっても、自己破産するほど借金が多額で首が回らないのですから、役所の決めた期限どおりに税金を払っていくことは、現実には難しい場合がほとんどでしょう。

そのような場合には、役所に行き、担当者と話し合って、支払いが遅れている税金の分納(分割払いのこと)の計画を立てましょう。

同じ役所内でも、担当者によって、厳しさがまちまちのようですが、分納すること自体については、ほとんどの場合、認めてもらえます。

4.差し押さえ回避のための自己破産

自己破産して免責手続を経ても、税金は、支払わなければなりません。支払わないと、裁判を経ることなく、いきなり財産を差し押さえられる可能性があります。

差し押さえを回避するには、役所の担当者と話し合う必要があります。

その際、担当者に、「自己破産して借金をゼロにします。そうすれば、税金をなんとか分割で支払っていけます。なので、差し押さえは勘弁してください」などと説明するとよいでしょう。

つまり、税金の分納をして差し押さえを回避するためにも、自己破産する必要があるわけです。

5.税金滞納でお悩みなら泉総合法律事務所へ

消費者金融やクレジット会社からの借金以外にも税金支払いでお悩みの方は、弁護士に相談することをおすすめします。

泉総合法律事務所では、一般的な借金以外にも多額の税金滞納を抱えて困り果てていらっしゃった方々を自己破産手続で解決してきた実績が豊富にあります。

「税金滞納による差し押さえが心配」「借金返済で税金の支払いがままならない」とお悩みの方は、お早めに泉総合法律事務所にご相談ください。ご相談は何回でも無料です。

債務整理コラム一覧に戻る