自己破産 [公開日]

自己破産と借金問題|自己破産後の借金・借り入れについて

自己破産をすれば借金がゼロになるため、払うことができなかった借金生活から解放されて新しい人生を歩めます。
しかし、自己破産は本当にすべての問題を解決できる、魔法のような制度なのでしょうか?

この記事では、自己破産をした後の借金問題について紹介していきます。

「借金に関する問題は本当に自己破産ですべて解決できるのか?」
「自己破産の後の生活が苦しいのだけれど、新たな借り入れはできるのか?」

今まさに自己破産の手続を行っている人や、自己破産後にお金を借りたいと考えている方には、特に読んでいただきたく思います。

1.自己破産後に借金はすべてなくなるか?

自己破産は自分が持つ一定以上の財産をお金に換えて、債権者への弁済に充てる債務整理です。
弁済しきれなかった債務については「免責」といって、借金を帳消しにしてもらえます。

つまり、自己破産をして免責を受ければ、借金がゼロになるのです。

しかし、「すべての借金」がゼロになるわけではありません。
非免責債権」といって、免責されない債権、ゼロにならない債権が存在します。

以下の債権が非免責債権です。

  • 税金や社会保険料等
  • 悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償
  • 故意や重い過失によって他人に加えて、生命や身体を害する不法行為に基づく損害賠償
  • 罰金等
  • 養育費や家族のための日常の生活費等
  • 従業員への給与等
  • 自己破産の際に債権者名簿に記載しなかった債務

非免責債権について、詳しくは以下の記事を参照してください。

[参考記事]

慰謝料・損害賠償…でも自己破産したい!免責される負債と非免責債権

2.自己破産後の借金

自己破産によって、非免責債権を除いた借金問題は解決します。
残る問題は自己破産後の生活です。

自己破産をしたことで「借金はもうこりごりだ」と思う人も多いかもしれませんが、現実問題として借金をしなければいけない事情に遭遇する可能性があります。

例えば、病気になってしまった、マイホームを建てたい、自動車を買いたい、事業を始めたい等の事情です。

マイホームを建てるには住宅ローンを組むことが普通ですし、自動車を買いたい場合も自動車ローンを利用することが多いでしょう。事業を始めるための事業資金を借金で賄う人もいるはずです。

では、自己破産後に借金はできるのでしょうか?

(1) 銀行、消費者金融、信販会社等からの借金は不可

自己破産をすると、銀行や消費者金融、信販会社等の債権者は、その情報を「信用情報機関」という組織に登録します。
信用情報機関の情報は銀行、消費者金融、信販会社等が各自で参照できるようになっています。

ローン等の申込みがあった場合、上記の金融機関等は信用情報機関の情報を調べます。

もし、自己破産を含む債務整理を行った履歴がある場合、その履歴がある人は「ブラックリスト」として金融機関全体に回り、金融機関等は「この人は弁済能力に疑問がある」と判断し、申込人にお金を貸しません。

ローンの審査に落ちる原因の一つが、自己破産を含む過去の債務整理を行ったという事故情報なのです。

クレジットカードを作るときにも同じような手順で審査が行われるため、自己破産後はクレジットカードも作れなくなります。

ブラックリストについては以下の記事を参照してください。

[参考記事]

自己破産した場合、いつからいつまでブラックリストに載るのか?

(2) 永久に借金できないの?

既に述べたように自己破産等をした情報は信用情報機関へと登録されますが、永久に登録され続けるわけではありません。一定期間を経過すれば情報が抹消されます。

どのくらいの期間抹消されるかは信用情報機関によって違います。

信用情報機関にはJICC、CIC、KSCの3つがあり、それぞれメインの金融機関や抹消までの期間が異なります。

  • JICC:消費者金融(抹消まで5年)
  • CIC:信販会社(抹消まで5年)
  • KSC:銀行(抹消まで10年)

5年から10年と長期にわたって登録されますが、この期間を超えれば問題なく借金ができると考えてください。

ただし、同じ金融機関等に再度ローンを申し込んだ場合は、この期間を過ぎていても断られることがあります。

信用情報機関とは別に、金融機関等は各組織内で独自に過去の取引を管理しており、過去の取引で自己破産等をされて債権を回収できなかった人へはお金を融通しなくなるからです。

もしローン等を申し込みたい場合は、過去に取引したことのない業者を選んだ方がいいでしょう。
なお、ローンを借りる際のポイントは以下の記事を参照してください。

[参考記事]

自己破産した場合、いつからローンが組めるのか

3.借金に代わる対応策

(1) デビットカード

自己破産をしたら、基本的に5年間は借金をできないと考えて、慎ましく生活を送るしかありません。

クレジットカードも使えないので、ネット通販等でカードが必要な場合はデビットカード等で代用しましょう。

(2)家族カード

自分のクレジットカードが使えない場合、家族カードを利用することは問題ありません。自己破産によって家族に影響しないからです。

ただし、家族カードの場合であっても引き落とし先口座が破産者の場合には家族カードも利用できません。

(3) 本人以外の名義でローンを組む

どうしても住宅ローンや自動車ローンを組みたい場合は、自分以外の家族の名義でローンを組むという方法があります。
ただし、この場合は、名義人に十分な収入があることが求められます。

また、自己破産した人は連帯保証人になれない可能性があるので、その場合は別途連帯保証人となってくれる人を見つけてお願いしなければなりません。

このように、自己破産後は借金をするためのハードルが高くなってしまいますが、絶対に無理と言うわけではないので、どうしてもお金が必要だという方は、名義人を別にする、親戚縁者を頼る等の方法を考えてみてください。

【すぐにお金を貸す業者は闇金の危険】
普通の業者からお金を借りられないからといって、すぐにお金を貸してくれるような業者には飛びつかないようにしましょう。その業者は闇金かもしれません。
闇金は、確かに審査が緩くてすぐにお金を借りられますが、金利が異常に高かったり取り立てが厳しかったりするので、大きなトラブルに発展する可能性が高いです。
闇金からの借金を返済する義務はありませんが、返済しないと何をされるかわかりません。様々な嫌がらせを受けることもありますし、何らかの犯罪に巻き込まれることも考えられます。
もし闇金と関わってしまった場合は、速やかに弁護士に相談しましょう。

4.自己破産の疑問は弁護士まで

自己破産でも免責されない「非免責債権」というものがあるので、自分が負っている債務に非免責債権が含まれているかどうかは、自己破産の前に必ず弁護士に相談して確認してください。
弁護士は、このような事柄についても、個別のケースに合わせて具体的に教えてくれます。

また、自己破産が後の生活にどのような悪影響を及ぼすのかも一緒に聞いておきましょう。
周囲の人々には話しにくい自己破産後のやりくりについての不安も、弁護士にならば相談できるかと思います。

弁護士は困った人の味方です。借金で困ったら迷うことなく、泉総合法律事務所の弁護士へご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る