債務整理をすると結婚に不利!?婚約者に知られず債務整理したい!

自己破産

債務整理をすると結婚に不利!?婚約者に知られず債務整理したい!

「借金の返済が苦しくなっているから債務整理をしたい。でも、もうすぐ結婚するので、どうしたらいいだろう?」
と悩んでいるケースがあります。

債務整理を相手(婚約者)に知られたら、結婚が破談になってしまうかもしれません。そのため「どうしても、相手に知られないまま債務整理をしてしまいたい」と考える方は少なくありません。

そもそも、債務整理をすると、結婚に不利になるのでしょうか?また、具体的に、債務整理をすることで、結婚に対してどういった影響があるのでしょうか?
以下では「婚約者に知られずに債務整理をする方法」を始めとした、結婚と債務整理の関係について、弁護士が解説します。

1.債務整理は結婚に不利?

(1) 結婚制限はない

債務整理をすることによって、結婚に不利になることがあるのでしょうか?

実際には、そのようなことはありません。
まず、債務整理をしたことにより、法律上や制度上において、結婚を制限されることはありません。債務整理の中でもっとも制限の多い自己破産でも、手続中、手続後を問わず、いつでも自由に結婚することができます

(2) 原則相手には知られない

債務整理をしても、戸籍や住民表、運転免許証やパスポート、住民台帳カードやマイナンバーカード、健康保険証などの公的な書類において、何かしらの記載がなされることは一切ありません。

また、債務整理をしたことを配偶者に通知する制度もないので、結婚後に債務整理が判明することもありません。

以上のようなことからすると、ごく普通に生活をしていれば、債務整理をしたことが結婚相手に知られることはないと言えます。

2.債務整理がバレるケース

ただ、ケースによっては、結婚相手に債務整理を知られてしまうことがあります。
それは、以下のような場合です。

(1) 結婚相手と同居している

1つは、結婚相手と同居しているケースです。

弁護士に頼まず自分で債務整理をするときには、各債権者に対して通知を送り、取引履歴の送付を受けたり、交渉をしたりする必要があります。
個人再生や自己破産をするときには、大量の書類をそろえて裁判所に申立の手続をしなければなりません。作成が必要な書類も多いです。

このように、自宅に大量の貸金業者からの書類が届いているのを見られたら、同居している婚約者に債務整理を隠し通すのは困難です。住民票や給与明細、預貯金通帳などの書類を集めているのを不審に思われることもありますし、パソコンに向かって裁判所提出用の書類を作成しているのを見られて、債務整理がバレることもあるでしょう。

同居しているときに自分で債務整理を行うと、相手に知られずに手続を進めることは困難です。

(2) 興信所での調査

世間では、自分の結婚相手や子どもの結婚相手について、興信所を使って調査する人がいます。

興信所は借金の調査も行うので、身上調査(婚前調査)をされてしまうと、借金や債務整理について知られてしまうおそれがあります。

(3) 噂がまわってバレる

借金していることを本当に世の中の誰にも言っていないのであれば、あまり問題はありませんが、身近な一部の人には話している、ということもあります。たとえば、一番親しい友人、親兄弟など、「絶対大丈夫」と信頼している人には言ってしまうこともあるでしょう。

すると、そういった人の口から借金問題が広まってしまう可能性があります。

また、自分で意識しないうちに、SNSやブログなどで、つい借金や債務整理を感づかせるような書き込みをしてしまうこともありがちです。
すると、それを見た人が「借金しているのではないか?」と思い、いつの間にか噂が広まってしまうことが起こります。

このようなことから、結婚相手の耳にも借金や債務整理の噂が届いてしまうのです。

結婚相手に絶対知られたくないなら、借金問題については絶対に誰にも言わないこと、ネット上など気が緩みがちな場所でも不用意な発言をしないことが大切です。

3.債務整理を知られた場合の相手の反応

もし、債務整理を相手に知られてしまったら、結婚相手はどのような反応をすることが予想されるのでしょうか?

(1) 結婚が破談になる

借金問題のことを知ったら、結婚相手自身も結婚したくないと考えるかもしれませんし、相手の親は、ほとんど必ず結婚に反対するでしょう。

通常、親は、「自分のかわいい子どもを、借金を抱えている人とは結婚させたくない」と考えるからです。

(2) 躊躇されつつ結婚できる

結婚には躊躇されても、破談にはならないケースもあります。

たとえば、相手の親は結婚に反対しても、結婚相手自身は「それでもいい」と言ってくれることも考えられます。その場合、2人で相手の親を説得して、結婚することもできますし、相手の親の反対を押しきって、結婚してしまうこともあります。

(3) 結婚を普通に認めてもらえる

3つ目は、結婚に躊躇されることもなく、あっさりと認めてもらえるケースです。
相手や相手の親が借金に対してあまり抵抗がない考え方を持っている場合には、借金があっても、特に問題視されず、「別に良いよ」と言われて結婚できることもあります。

以上のように、債務整理を知られてしまったとしても、必ずしも結婚できなくなるわけではありません。また、以下の項でも説明をしますが、きちんと誠実に対応したら、債務整理のことを告げても結婚できることはよくあるので、不安になりすぎる必要はないのです。

4.債務整理による結婚相手への影響

債務整理による結婚相手への影響

債務整理をしてから結婚した場合、結婚相手にどのような影響があるのかが心配、という方もたくさんおられます。

以下では、債務整理による結婚相手への影響について、説明します。

(1) 直接的な影響は一切ない

債務整理による結婚相手に対する直接の影響は、一切ありません。

①借金支払いの請求は受けない

債務整理をしたからと言って、債権者から結婚相手に対し、借金返済の請求が来ることもありませんし、何の連絡もありません。
配偶者になったからといって、借金の支払い義務が発生することはないからです。

②個人信用情報にも影響はない

結婚相手の個人信用情報にも、影響はありません。
個人信用情報とは、個人の借金の利用状況についての情報です。個人信用情報に事故情報が登録されていると、ローンやクレジットカードを利用することができなくなります。

そして、債務整理をすると、本人の個人信用情報には事故情報が登録されてしまうので、その人は、以後数年間、ローンやクレジットカードを利用することができなくなってしまいます。

このように、個人信用情報に事故情報が登録されている状態のことを、一般に「ブラックリスト状態」などと言うことがあります。

ちなみに自身が債務整理をしたとしても、家族の個人信用情報にはまったく影響がありません。ですので、自分が債務整理をしても、結婚相手自身に借金の延滞や債務整理の履歴がなければ、結婚相手は自由にローンやクレジットカードを利用することができます。

信用情報について、詳しくは「自己破産したらクレジットカードはどうなる?今知っておくべきこと」をご覧ください。

③日常生活や仕事でも影響がない

その他、結婚相手の就職や旅行、引っ越し、生命保険への加入など、日常や仕事上のいろいろな場面で、何らかの制約を受けることは、一切ありません。

(2) 間接的な影響について

ただし、間接的な影響はいくつか考えられます。

①残債務の支払いが家計に負担をかける

債務整理の中でも、任意整理や個人再生をすると、手続後3年~5年程度の間、残った借金返済を継続しなければなりません。そのお金は、当然家計から支出することになるので、配偶者にも負担をかけることになります。

また、このとき、債務整理のことを相手に言っていないなら、配偶者に知られないように、上手にやりくりをする必要もあります。

②ローンが組めない

債務整理をすると、本人の個人信用情報には事故情報が登録されて、ローンやクレジットカードが利用できなくなってしまいます。

このことにより、たとえば住宅ローンを組んで家を購入しようとしても、それができない可能性がありますし、クレジットカードも作れないので不便な生活になる可能性があります。

ただ、先にも説明した通り、債務整理をしても、結婚相手の個人信用情報への影響はないので、配偶者自身に信用と十分な資力があれば、配偶者名義で住宅ローンや車などのローンを組むことはできますし、クレジットカードを発行することも可能です。

したがって、自分が一家の大黒柱でないかぎりは、債務整理によるブラックリスト状態について、さほど心配する必要はないでしょう。

5.バレずに債務整理をしたい場合

債務整理をすると、結婚が破談になる可能性があることは事実ですし、破談にならなくても、一定の障害になる可能性は高いです。
そこで、以下では、結婚相手にバレずに債務整理する方法をご説明します。

それは、弁護士に債務整理を依頼することです。

(1) 弁護士依頼のメリット

①督促が止まる

先にも少し説明しましたが、債務整理をするときには、債権者から大量の書類が届きますし、交渉などのやり取りが発生します。また、裁判所に提出する書類作成や、申立の手続などを行う必要もあります。

このようなことをしていると、結婚相手に債務整理がバレやすいです。

ここで、弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士に依頼した時点から、債権者からの督促もその他の連絡も一切なくなります。貸金業法上、弁護士が介入したあとは、債務者本人には督促できないことになっているためです。

銀行は貸金業者ではありませんが、同じように請求を止めます。債権者からの郵便も一切届かなくなるので、そういったものを見られて債務整理がバレてしまうおそれがなくなります。

②書類の作成

また、債務整理に必要な書類は、基本的に弁護士が作成します。依頼者は、弁護士から指示を受けた書類を集める必要がありますが、結婚相手から不審に思われることもさほどないでしょう。

このように、弁護士に依頼すると、別々に暮らしているケースだけではなく、結婚相手と同居している場合であっても、完全に秘密にしたまま債務整理を進めることが可能となります。結婚相手に知られずに債務整理をしたい場合、必ず弁護士に依頼すべきです。

6.結婚相手に債務整理を知られたときの対応方法

注意していても、何かの拍子に結婚相手に借金問題や債務整理について知られてしまうことがあります。

そういった場合の対処方法について、以下で説明します。

(1) 素直に認める

この場合、まずは借金をしていたことと債務整理をしたこと(していること)を、素直に認めましょう。誤魔化そうとすると、かえって不信を買います。

(2) 債務整理することの意味を伝える

そして、債務整理とはどのようなものかについて、分かりやすく説明をしましょう。

世の中の人は、「債務整理=借金まみれ」というイメージがあり、借金を放置しているのも債務整理したのも同じように悪いものと捉えていることが多いためです。

実際には、借金を放置しているのと、きちんと債務整理するのとでは大違いです。

借金を放置していたら、債権者から次々督促が来て、最終的には裁判を起こされて財産を取られてしまうので、生活が困窮してしまいます。これに対し、債務整理をすると、借金を減額するか、失くすかにより、きちんと借金が整理されるので、その後は生活を建て直して、まともな生活を送ることができます。

自己破産して借金がなくなっていたら、完全に新しいスタートを切ることも可能です。

(3) 結婚相手に不利益がないことを伝える

また、先にも説明したように、債務整理をしても、結婚相手には特に不利益はありません。

そこで、「債務整理をしたということは、結婚をして、新たな生活をスタートするため」であり「債務整理をしても、特段不利益がない」ことを、相手に説明して分かってもらいましょう。

また、戸籍に記載されるとか、結婚相手の就職が制限されるなどの誤解をされていることもあるので、そういったこともないのだと説明しましょう。

このように、誠実に対応したら、相手も応えてくれる可能性が高まります。

7.結婚前の債務整理も泉総合へ

以上のように、債務整理をしても結婚に悪影響はありませんし、借金を放置しておくよりも、債務整理をしてから結婚した方がむしろ誠実な対応と言えます。

借金があるけれど結婚を控えている、どうしよう……と迷われている方には、弁護士が直接アドバイスを行います。

泉総合法律事務所は、債務整理分野に非常に力を入れており、これまで多くの方の借金問題を解決に導いてきました。一人ひとりに合った債務整理方法を考え、親身になって対応しますので、お悩みごとがあれば是非ともお早めにご相談ください。

ご相談は何度でも無料です。

債務整理コラム一覧に戻る