自己破産での免責審尋とはどういう手続きか?流れと内容、注意点

自己破産

自己破産での免責審尋とはどういう手続きか?流れと内容、注意点

【この記事を読んでわかる事】

  • 自己破産手続で行われる免責審尋とはどのような手続きなのか
  • 免責審尋ではどのようなことを尋ねられ、どう答えればいいのか
  • 免責審尋へ出向くにあたり注意すべきことは何か

 

自己破産をすると、免責審尋(めんせきしんじん)という期日が控えており、これには破産者本人が期日に裁判所へ出頭しなければなりません。

簡単に言えば裁判官との面談になるのですが、どのようなことを聞かれるのか分からず荷が重いという人も多いのではないのでしょうか。

このコラムでは、免責審尋について、弁護士が詳しく解説します。免責許可までの期間をどのように過ごすのか参考にしてください。

1.免責審尋とは

破産手続をするときには、破産審尋と免責審尋の2つの審尋があります。

審尋とは、民事の手続において、裁判所に対して自由に意見を言う機会を当事者(または代理人)や利害関係のある人に与えることです。

(1) 破産審尋

破産審尋は破産手続開始決定を出すために行うもので、この場合、地裁によっては資料のみで省略されたりすることもあります。

破産審尋が行われる場合には、破産者を審問するための期日が設定され自己破産に至った理由や債務状況などのヒアリングがなされます。裁判所にもよりますが、面接の所要時間は10~15分程度です。

自己破産の原因は人によって異なるので、少々突っ込んだ質問をされることもあります。

免責決定が受けられるか心配な人は、事前に弁護士と審尋までの期間に想定問答をシミュレーションしておくことで、安心して審尋に臨むことができます。

破産審尋のあとは破産手続開始の決定が下されますが、それで借金が免責される訳ではありません。免責の前にはもう一つ「免責審尋」があります。

(2) 免責審尋

免責審尋は、借金の免責を許可するために行います。免責審尋は破産手続の決定後に行われ、裁判所が問題なしと判断すれば免責許可が下ります。

免責審尋は審問の期日に本人が出席しなければなりませんが、全ての裁判所で行われている訳ではなく、一部の裁判所では行わないこともあります。

反対に、東京地裁のように全てのケースで免責審尋期日を実施している裁判所もあります。

また、免責審尋は債権者に配当できる財産が全くない「同時廃止」か、住宅など配当する財産がある「管財事件」かでも内容が変わります。たとえば、同時廃止のときには免責審尋を行わないところもあれば、同時廃止は集団審尋とするなど、取り扱いは千差万別です。

詳細は、自己破産をする裁判所の管轄内の弁護士に問い合わせをすれば分かります。免責審尋の内容が心配な人は弁護士に相談をしてください。

参考:自己破産における管財事件と同時廃止の違い。管財事件になる場合とは

2.免責審尋期日の流れ

次に、免責審尋期日の流れを解説します。

免責審尋が行われる場合は必ず出席しなければなりません。仕事の都合などで勝手に休むと、同時廃止であっても裁判官の心証が悪くなり、それが原因で免責不許可になる可能性もあります。

しかし、都合が悪い日を一方的に指定されるということもありません。免責審尋期日は弁護士も出席する必要があるので、事前に日程を弁護士と調整することができます。

そのため、仕事が忙しい人もそれほど心配する必要はありません。

(1) 免責審尋期日のタイミング

免責審尋は、破産手続の開始決定からおよそ2ヶ月後に行われます。

管財事件の場合は債権者集会の日に免責審尋も行われることが多いので、開始決定から2~3ヶ月後を目安に期日が設定され審問が行われます。

(2) 裁判所到着後にすること

免責審尋は弁護士と一緒に出席するので、裁判所に入る前に弁護士と待ち合わせをします。弁護士と一緒に裁判所に入ったら、整理券を受け取ります。

指定の時刻になると裁判官が入廷します。その後、裁判官から自己破産に関する話があり、簡単な質問に答えて終了です。ちなみに裁判所によっては、自己破産に関する話と簡単な質問の順番が前後することもあります。

免責審尋の時間はおよそ10~30分程度で終わります。集団審尋の場合は待ち時間もあるので、人数によっては終わるまでにもっと時間がかかることもあります。

免責審尋が終わって裁判所から出たら、弁護士と別れて、あとは免責決定を待つのみです。

(3) 審尋終了から免責決定までの期間

審尋終了から免責決定までの期間は約1週間ですが、裁判所によって免責決定までの期間は異なります。

免責決定の通知は、書面で郵送により送られてきます。免責の決定が下りると、約2週間後に自己破産情報が官報に掲載されます。

ただし、免責許可が下りても、決定から2週間以内は債権者が即時抗告できるため、この段階で確定はしません。

正式には決定から1ヶ月後の「免責許可決定の確定」をもって免責が決まります

3.免責審尋の内容

裁判所に出頭義務?自己破産での免責審尋とはどういう手続か

免責審尋では何を尋ねられるか不安になる人も多いと思います。しかし、免責審尋の内容は比較的形式的なものであり、大体は裁判官の言葉に誠実に返事をしていれば問題ありません

免責決定を受けられるか心配な人は審尋までの期間に事前に弁護士と受け答えのシミュレーションをしておきましょう。

免責尋問で聞かれる内容は、個人審尋か集団審尋かでも多少内容が変わります。個人審尋の場合は集団のときと比べ、プライバシーが保たれるため、より詳しく質問されることも予想されます。

集団審尋でも人数によって内容は異なり、東京地裁のように多くの人がいる場合は、ごく簡単な質問をされて終わりますが、他の裁判所ではもっと掘り下げて質問されることもあります。

ただし、免責審尋ではすでに申立書類に事情が記載されており、プライバシーの問題もあるため、一般的にはあまり踏み込んだ質問はなされません。

具体例としては、裁判官から以下のことを聞かれます。

「住所・氏名・本籍に違いはないか?」
「申立書類の内容に間違いはないか?」
「免責不可事由はないか?」

こうした質問に対しては

「はい、間違いございません」
「はい、相違ございません」

と答えれば大丈夫です。

地裁によっては、自己破産や免責について趣旨を理解しているか質問されることもあるようですが、特別難しいことを聞かれることはありません。通常はここで面接が終了します。

もし、債権者から異議が出ていたり、免責不許可事由があったりする場合は、裁判官がこのタイミングで代理人弁護士に対して反論書の提出を指示します。その場合、一般的には免責決定までの時間が通常よりも長くなります。

いずれにしても、同時廃止で免責不許可事由もない場合は、誠実に答えていればそれほど心配する必要もないでしょう。

4.免責審尋に行く際に気をつけること

最後に、免責審尋に行く際の注意点をお伝えします。自己破産で免責決定が認められるためには、破産手続に対して誠実な態度で臨むことが求められます。

免責審尋における態度も重要で、ここで心証が悪くなると、免責決定に影響を与える可能性もあります。

免責審尋で裁判官や債権者に良い印象を持ってもらうために、以下のポイントを押さえておきましょう。

①服装

免責審尋の服装は普段着で大丈夫です。しかし、スウェットスーツやサンダル履きなど、余りにも崩れた格好では心証を損なう可能性もあります。

また毛皮や貴金属、ブランド品で身を固めるのもNGです。あくまでも自己破産を申請する立場であることを念頭に、できるだけ地味な服装で行くことをおすすめします。

②持ち物

特に必要な持ち物はありませんが、弁護士との待ち合わせがあれば携帯電話は忘れずに持っていきましょう。裁判所の行き方が分からない人は地図も必携です。

また、もし事前に「出頭者カード」が送られてきている場合には、それも忘れずに持参します。

③遅刻厳禁

免責審尋では遅刻は厳禁です。免責許可決定は破産手続への協力状況や反省、態度なども総合的に考慮されるため、遅刻をすると今後の免責手続に影響を与えることもあります。

裁判官の心証を悪くしないためにも、遅刻や欠席は絶対にやめましょう。もし、当日やむを得ない事情やアクシデントが発生した場合は、必ず事前に弁護士に連絡を入れて、その後の対応を相談してください。

5.まとめ

自己破産をしたら免責審尋を受けることになりますが、不安に思うことはありません。審尋につきましても、不安がありましたら弁護士が丁寧にアドバイスします。債務整理・自己破産はお早めに専門家にご相談ください。

泉総合法律事務所の弁護士は、自己破産についても免責決定までの期間最後までしっかりサポートいたします。経験豊富な弁護士が借金解決のお手伝いをしますので、どうぞお早めに無料相談をご利用ください。

債務整理コラム一覧に戻る