自己破産 [公開日]

自己破産したら携帯電話やスマホは使えなくなるの?

自己破産をすると、財産はすべて没収されて一文無しとなるようなイメージを持っている方も多いと思います。
確かに、自己破産では一定の財産以外が処分され、債権者に配当されてしまいます。しかし、処分されない財産もあるのです。

さて、現代社会において、既に携帯電話やスマートフォンは生活必需品となっています。
自己破産をする際には、携帯電話も取り上げられてしまうのでしょうか?

ここでは、自己破産をしたときの携帯電話事情について解説していきます。

1.自己破産と財産の処分

自己破産とはそもそも、自分が持つ財産を処分してお金に換え、それを債権者への弁済に充て、それでも残った借金は帳消しにしましょうという制度です。

このときに処分する財産ですが、「一定以上の財産」に限られることになっています。

自己破産は債務者を救うための制度です。それにも関わらず、破産申立人の全財産を処分してしまっては、申立人はその日から生活に困ってしまい救われるどころの話ではありません。

このため、処分するのは「一定以上の財産」とされています。

持ち家や土地等は処分しなければならない可能性が高いですし、自動車も多くのケースで処分の対象になります。

もし、持ち家や自動車にローンが残っている場合は、ローンの債権者がそれらを競売にかけたり、回収したりしてしまうので、どのみち処分は免れません。

一方で、例えば99万円以下の現金は手元に残せますし、生活に必要な家具家電等も手元に残せます。
簡単に言えば、お金に換えたときに20万円未満のものは処分しなくてもいいと考えてください。

携帯電話(スマホ)の場合、20万円もするものはなかなか見当たりません。

それでは、携帯電話は処分しなくてもいいのでしょうか?
実は、携帯電話については本体代金の分割払いや通信料があるため、少し判断が難しい部分があります。

次の章で解説していきます。

2.自己破産後の携帯電話の利用

自己破産後の携帯電話の扱いは、本体代金を支払済か支払継続中か、そして通信料の滞納があるかないかで変わってきます。

1つずつ見ていきましょう。

(1) 本体代金支払済みで、通信料の滞納がない

この場合は自己破産後も問題なく携帯電話を使い続けることができます

もちろん、通信料は自己破産後も支払い続けなければなりませんが、通信料は生活に必要な費用とされているので支払っても他の債権者を害することはありません。

ただし、通信料をクレジットカードで支払っている場合は要注意です。
自己破産をするとクレジットカードの契約が解除されるため、支払いに使っていたカードが使えなくなります。

従って、通信料の支払方法をコンビニ払いや銀行口座払い等に切り替える必要があります。

(2) 本体代金を支払い中の場合

携帯電話の本体代金を分割払いしている人も多いかもしれませんが、分割払いとは「借金して携帯電話本体を購入し、その借金を分割で返済している」という形になります。

結局は借金であるため、延滞や滞納をしていない場合でも自己破産で整理される借金の対象となります。

この場合は、自己破産をすると借金を回収できなくなった携帯電話の会社が携帯電話の契約を解除するため、携帯電話を継続して使うことはできません

これを嫌って分割払いの残金を一括払いした場合、「偏頗弁済」と言って特定の債権者にえこひいきした返済となる可能性があり、自己破産の手続に悪影響を及ぼすおそれがあります。

ただし、家族等が本体代金をまとめて支払ってくれた場合は、継続して使うことができる可能性もあります。

(3) 通信料の滞納がある場合

滞納した通信料は携帯会社に対する債務であり、自己破産で免責されるものです。

携帯会社は債権を回収できなくなるため、やはり携帯電話の契約を解除します。
結果として携帯電話は使えなくなってしまいます

この場合も、家族等が代わって支払ってくれた場合は、携帯電話を継続して使うことができることがあります。

3.携帯電話の新規契約はできるの?

自己破産をすると、携帯電話の継続使用ができなくなるケースがあることはお分かりいただけたと思います。

では、携帯電話を新しく契約することはできるのでしょうか?

(1) 本体代金一括払いならOK

自己破産をすると、俗に言う「ブラックリスト」に登録されてしまうため、借金ができなくなります。

携帯電話の分割払いは既に述べたように借金なので、携帯会社は分割払いの契約をする前に契約の相手がブラックリストに載っていないか照会を行います。

もし、そこでブラックリストに載っていることが判明した場合、携帯会社は「この人は返済能力に問題ある」と判断するため分割払いの契約を断ります。

分割払いができないため、残る選択肢は一括払いとなります。
一括払いであれば問題なく携帯電話の契約が可能なので、新しく携帯電話を持ちたい場合は一括払いで手に入る機種を選んでください。

[参考記事]

ブラックリストとはそもそも何なのか?掲載されることの悪影響

(2) 同じキャリアとの契約は避けるべき

たとえ一括払いであっても、同じキャリアと契約することはできない可能性が高いです。

ブラックリストとは別に、キャリアはキャリアで独自に「支払いに問題がある人」を管理しています。
過去に滞納や未払いを起こした人とはキャリアが契約したがりません。

以前契約していたキャリアと別のキャリアを選択した方が無難です。

(3) 時間経過で分割払いも可能になる

いつまでも分割払いができないというわけではありません。

ブラックリストに登録された状態は5年~10年経てば解除されるので、そうすれば問題なく分割払いで携帯電話を購入することができますし、回線契約も締結することができます。

ただし、この場合も自己破産のときに使っていたキャリアからは契約を断られてしまう可能性があります。

4.機種変更・名義変更・名義変更

機種変更、キャリアの乗り換え、MNP等についても、借金扱いとなる本体代金の分割払いは利用できません。
現金一括払いならば可能なので、そちらを選択するといいでしょう。

名義変更も可能は可能なのですが、自己破産の直前直後に行うと財産隠しを疑われて免責に悪影響が出ることがあります。

名義変更のタイミングについては、弁護士に相談すると管轄裁判所での扱い等を考慮してアドバイスしてくれることがあるので、念を入れて確認しておくことをお勧めします。

5.不安なことは弁護士にご相談を

自己破産すると、携帯電話の契約に様々な支障が生じます。
しかし、弁護士に相談することで予め対策を取ることができますし、安心もできます。

自己破産をするときには不安がいっぱいだと思いますが、わからないことは泉総合法律事務所の弁護士にどうぞご相談ください。

当事務所では、借金問題に関する相談は何度でも無料となっております。

債務整理コラム一覧に戻る