自己破産 [公開日][更新日]

自己破産に強い弁護士を見極めるポイント|弁護士費用の注意点


自己破産を成功に導くには弁護士に依頼することが必須といえます。

しかし、弁護士の法サービスは、普段から利用しているサービスではありません。そのため、「良い弁護士を選びたい」と思っても判断基準がわからないことが多く、「報酬額の高い・低い」で選びがちです。

また、同様の理由で、「適正な報酬額」がいくらかということは、一般の方には少しわかりづらいものです。

特に、自己破産を依頼する場面では、お金に困っていることがほとんどなので、「できるだけ費用を節約したい」と考えてしまう方も多いでしょう。

ウェブなどで「どこの事務所が一番安いのだろうか?」と比較してみた方もいらっしゃると思います。

しかし、「設定されている報酬額」だけで弁護士選びをすることはお勧めできない場合が少なくありません。

自己破産は失敗することが許されないものです。自己破産を依頼する弁護士は、慎重に選びたいものです。

そこで、今回は、自己破産を安心して依頼できる弁護士を見極めるポイントについて解説します。

1.「費用だけで弁護士を選んではいけない」理由

自己破産のときに発生する弁護士費用には、上限額などの決まりはありません。

かつては、日本弁護士連合会(日弁連)が基準報酬額を定めていましたが、現在は廃止され、それぞれの弁護士が自由に設定することが原則となっています。

そのため、実際の弁護士費用はさまざまです。

(1) 「弁護士費用の金額=弁護士の能力」であるとは限らない

実際に設定される弁護士費用の金額は、それぞれの事務所の事情や思惑に左右されることが少なくありません。

たとえば、手持ちの依頼事件が少なく「事務所経営のためにとにかく仕事を受任したい」と考える弁護士が、一般的な報酬相場額よりも低い報酬額を設定していることも珍しくなくなりました。

また、「高額な弁護士費用を要求する弁護士がその事件に精通している」とも限りません

弁護士の中では「その内容の事件をできれば受任したくない」というときに、「報酬額を他の事務所よりも高く設定する」ということも珍しくないからです。

(2) 「困っている人」を助けたいからこそ弁護士費用が安い場合もある

弁護士の都合よりも「依頼人のために」弁護士費用が低く設定されている場合もあります。

「社会正義」を実現することを職業的使命とする弁護士とっては、弱者救済、被害者救済は当然に取り組むべき課題です。

そのため事案によっては、弁護士事務所の収入よりも「困っている依頼人を支援する」ことが優先される場合もあります。

(3) 「精通しているから費用が低い」、「難しい案件にも対応できるから費用が高い」ことも

その分野の業務に精通していれば、他の事務所よりも低いコストで十分な業務を行える体制が整っていることも少なくありません。

たとえば、他の事務所では1日かかる業務を半日で処理できる事務所であれば、その業務にかかっているコストは半分ということができます。

他方で、他の事務所では対応できない難しい事件でも対応できるから弁護士費用が高いということもあるかと思います。

以上のように、弁護士の能力は設定されている報酬額だけで計ることは難しいことが多いのです。

「弁護士費用がいくらか」ということよりも、「なぜその報酬額なのか」ということに注目した方が、よい弁護士を見つけられる場合が多いと思われます。

2.自己破産を安心して任せられる弁護士を見極めるためのポイント

自己破産は、依頼人にとっては今後の人生を左右させるだけの重大な出来事です。

それだけに、「安心して」、「信頼して」事件を任せることのできる弁護士を確実に選びたいものです。

(1) 直接会って選ぶことが大切

弁護士選びで最も難しいことは、ほとんどの依頼人の方にとっては、「弁護士と直接接することがはじめて」であることです。

たとえば、日頃から利用しているサービス・専門家ではない、その善し悪しを経験則で判断することが難しいのです。

そのような条件で、たとえば弁護士事務所のウェブサイトで示される情報だけで弁護士選びをすることは、リスクの方が多いと言えるでしょう。

したがって、「弁護士選び」を間違えないためには、まず直接会って相談してみることが何よりも大切です。

(2) 法テラスや自治体主催の無料相談では弁護士を選べない

「弁護士とはじめて接する機会」として「法テラスでの相談」や「お住まいの自治体が開催する無料相談会」を利用される方は少なくありません。

しかし、これらの相談では、弁護士を選ぶことができません

法テラス経由で弁護士を依頼するときには、法テラスが斡旋する弁護士から依頼する弁護士に依頼するかどうかを決めるだけになってしまいます。

また、自治体主催の無料相談会では相談をしてもらった弁護士に事件を依頼できない場合がほとんどです。

仮に「良い弁護士に相談してもらった」と感じたときでも別の弁護士を探さなければならない場合が少なくありません。

自己破産を依頼することが前提となっている相談は、最初から個別の事務所に相談を持ち込んだ方が良い場合が多いでしょう。

(3) 個別事務所の無料相談を上手に活用する

最近では、多くの弁護士事務所が、自己破産(債務整理)の相談を無料で行っています。

相談をしたら必ず依頼しなければならないというわけではないので、無料相談を上手に利用することが、「よい弁護士に出会う」一番の近道といえるでしょう。

当事務所も、借金問題に関する相談は、無料で行っていますので、借金でお困りのこと、ご不安なことがあるときには、お気軽にお問い合わせください。

(4) 「良い弁護士」を見極めるために相談で重視すべきポイント

実際の相談の場面で、弁護士を見極めるために重視すべきポイントとしては次の点を挙げることができます。

  • 「弁護士」が直接相談に応じているか
  • 「依頼人の話」をよく聴いてくれるか
  • 不安に感じていること、わからないことにじっくりつきあってくれているか
  • 「都合のよい話」だけでなく、「デメリット」についても丁寧に説明してくれるか
  • 「弁護士費用」についてわかりやすく説明してくれるか
  • 事件の見通しや処理方針について、具体的に説明してくれているか
  • 相性が合うか

①「弁護士」が直接相談に応じてくれているか

「弁護士が相談にのってくれるのは当たり前なのでは?」と思う人もいるかもしれません。

もし、あなたが相談に訪れた事務所で「事務局長」といった肩書きの担当者が相談を実施したときには注意が必要です。相談を弁護士以外の者が行うことは、日弁連が定めたルールにも抵触する行為です。

このような事務所には、自己破産や債務整理の依頼をしないようにしましょう。

②しっかり話を聴いてくれるか(相談で置き去りにされていないか)

弁護士に相談される方は、必ず色んな不安を抱えています。特に自己破産を念頭においた相談ではなおさらです。

自己破産は、依頼人のこれからの生活を大きく左右させる重大な手続きです。わからないことや不安なことは、遠慮なく弁護士に相談すべきでしょう。

弁護士の中には、「相談者の話を聴くよりも、弁護士自身が話(説明)をする」ことを優先する弁護士も少なくありません。

自分の将来を決める手続きを任せるのであれば、「依頼人のわからないことや不安なことにきちんと付き合ってくれる弁護士を選んだ方が安心な場合が多いでしょう。

③案件処理で生じるデメリットもきちんと説明してくれるか

自己破産すれば、いくつかのデメリットが生じます。これは法律などで決まっている制度的なことなので仕方のないことです。

弁護士に依頼した後に「こんなはずではなかった」という事態になることは絶対に回避されなければなりません。

デメリットを事前に説明・告知することは、依頼人を大切にしている証でもあります。

④発生する費用についてわかりやすく説明してくれるか

自己破産の依頼をされる方にとって弁護士費用の支払いは重要な関心事です。

また、はじめて弁護士を利用する方でしょうから、「弁護士費用は仕組みがわかりづらい」と感じることも少なくないと思います。さらに、「弁護士費用の支払いに不安がある」という場合もあるでしょう。

「お金の話」は、つい遠慮してしまいがちですが、後のトラブルを回避するためにも、わからないこと、不安なことは、相談の場面で気軽にお問い合わせください。自己破産を安心して任せられる弁護士であれば、「わかりやすく」、「丁寧」に説明してくれるはずです。

⑤具体的な見通しを立てられているか

実際の自己破産では、「同時廃止となるのか、管財事件となるのか」、「免責を得られる可能性はどれくらいか」といったことが依頼人にとって最大の関心事となります。

また、管財事件となったときには、財産の処分や免責不許可事由の調査への対応もしなければなりません。

これらのポイントについて具体的な見通しをもって説明してくれる弁護士かどうかも、弁護士選びの重要なポイントです。

実際の自己破産はさまざまなケースがありますが、自己破産事件の経験が豊富な弁護士であれば、どのような事案であっても適切に見通しを立てることができるでしょう。

また、具体的な見通しを立てられる弁護士であれば、破産管財人と交渉しなければならない場面でも安心して任せることができます。

ところで、事件の見通しを正しく立てるためには、相談前の準備も非常に重要です。

相談前に依頼人(相談者)が準備しておくべきことや、持参すべき資料などについて、適切な指示があるかどうかも「安心できる弁護士」、「信頼できる弁護士事務所」を選ぶ際の1つのポイントといえるでしょう。

3.まとめ

自己破産をはじめとした債務整理は「どの弁護士に依頼しても結果が同じではありません

人生の再出発ともいえる重要な出来事である自己破産を任せる弁護士選びは、「弁護士費用の額」だけで安易に選ぶべきではないでしょう。

また、自己破産では、依頼人にとって「都合の悪いこと」や「格好の悪いこと」も弁護士に伝えていただく必要があります。

その意味では、依頼人にとって「話しやすい」「相性のよい」弁護士であるかどうかも、弁護士選びの大切なポイントといえます。

自己破産を検討しているときには、必ず弁護士と直接相談してから、慎重に依頼するかどうかを検討するようにしましょう。

泉総合法律事務所にご相談いただければ、自己破産はもとより債務整理全般に強い弁護士が、適切なサポートを提供させていただきます。

債務整理に関する相談は何度でも無料となっておりますので、借金問題を抱えている方や債務整理を検討している方で、少しでも疑問がある場合、お早めに泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。

債務整理コラム一覧に戻る