自己破産 [公開日]2018年6月21日[更新日]2020年10月19日

自己破産に強い弁護士とは?決め手は弁護士費用だけではない!

自己破産を成功に導くには、弁護士に依頼することが必須といえます。

[参考記事]

自己破産は自分でできる?失敗する?手続きや費用について

しかし、弁護士の法的サービスは、一般の方が普段から利用しているサービスではありません。そのため、「良い弁護士を選びたい」と思っても、判断基準が分からないことが多く、「報酬額の高い・低い」で選びがちです。

また、同様の理由で、「適正な報酬額」がいくらかということは、一般の方には少し分かり辛いものです。
特に、自己破産を依頼する場面では、お金に困っていることがほとんどなので、「できるだけ費用を節約したい」と考えてしまう方も多いでしょう。

しかし、自己破産は失敗することが許されないものです。「設定されている報酬額」だけで弁護士選びをすることはあまりおすすめできません。

今回は、自己破産を安心して依頼できる弁護士を見極めるポイントについて、特に費用面から解説します。

1.自己破産に強い弁護士の選び方

自己破産は、依頼人にとっては今後の人生を左右させる重大な出来事です。
それだけに、「安心して」「信頼して」任せることのできる弁護士を確実に選びたいものです。

では、自己破産に強い弁護士・得意な法律事務所の選び方はあるのでしょうか?

(1) 直接会って選ぶことが大切

ほとんどの依頼人の方は、弁護士と接すること自体が初めてでしょう。
常日頃から利用しているサービスではない限り、その善し悪しを経験則で判断することは難しいです。

そのような条件で、たとえば弁護士事務所のウェブサイトで示される情報だけで弁護士選びをすることは、リスクの方が多いと言えるでしょう。

したがって、「弁護士選び」を間違えないためには、まず直接会って相談してみることが何よりも大切です。

最近では、多くの弁護士事務所が債務整理の相談を無料で行っています。

「相談をしたら必ず依頼しなければならない」というわけではないので、無料相談を上手に利用することが、「良い弁護士に出会う」一番の近道といえるでしょう。

泉総合法律事務所も、借金問題に関する相談は何度でも無料で承っていますので、借金でお困りのこと・ご不安なことがあるときには、お気軽にお問い合わせください。

【法テラスや自治体主催の無料相談では弁護士を選べない】
「弁護士とはじめて接する機会」として「法テラスでの相談」や「お住まいの自治体が開催する無料相談会」を利用される方は少なくありません。しかし、これらの相談では、弁護士を選ぶことができません。
法テラス経由で弁護士を依頼するときには、法テラスが斡旋する弁護士に依頼するかどうかを決めるだけになってしまいます。また、自治体主催の無料相談会では相談をしてもらった弁護士に事件を依頼できない場合もあります。
仮に「良い弁護士に相談できた」と感じたときでも別の弁護士を探さなければならない場合が少なくありません。
自己破産を依頼することが前提となっている相談は、最初から個別の事務所に相談を持ち込んだ方が良い場合が多いでしょう。

(2) 相談の際に重視すべきポイント

実際の相談の場面で、弁護士を見極めるために重視すべきポイントとしては次の点を挙げることができます。

  • 弁護士が直接相談に応じているか
  • 不安に感じていること、わからないことについて丁寧に説明してくれるか
  • 「都合の良い話」だけでなく「デメリット」についても説明してくれるか
  • 「弁護士費用」についてわかりやすく説明してくれるか
  • 事件の見通しや処理方針について、具体的に説明してくれているか
  • 相性が合うか、話しやすいか

弁護士に相談される方は、様々な不安を抱えています。特に自己破産を念頭においた相談ではなおさらです。

自分の将来を決める手続きを任せるのであれば、「依頼人のわからないことや不安なこと」にきちんと向き合ってくれる弁護士を選んだ方が安心です。

また、デメリットを事前に説明・告知する、弁護士費用についても事前に説明してくれることは、依頼人を大切にしている証でもあります。

自己破産事件の経験が豊富な弁護士であれば、どのような事案であっても適切に見通しを立てることができるでしょう。
また、具体的な見通しを立てられる弁護士であれば、破産管財人などと交渉しなければならない場面でも安心して任せることができます。

ところで、事件の見通しを正しく立てるためには、相談前の準備も非常に重要です。
相談前に依頼人(相談者)が準備しておくべきことや、持参すべき資料などについて適切な指示があるかどうかも「安心できる弁護士」「信頼できる弁護士事務所」を選ぶ際の1つのポイントといえるでしょう。

2.「費用だけで弁護士を選んではいけない」理由

自己破産に強い弁護士を選ぶポイントは以上の通りです。
とはいえ、お金に困っているという現状、「出来るだけ費用を節約したい」と思うのは当然でしょう。

自己破産のときに発生する弁護士費用には、上限額などの決まりはありません。
(かつては、日本弁護士連合会(日弁連)が基準報酬額を定めていましたが、現在は廃止され、それぞれの弁護士が自由に設定することが原則となっています。)

そのため、実際の弁護士費用はさまざまです。

たとえば、手持ちの依頼事件が少なく「事務所経営のためにとにかく仕事を受任したい」と考える弁護士が、一般的な報酬相場額よりも低い報酬額を設定していることも珍しくなくなりました。

かといって、「高額な弁護士費用を要求する弁護士がその事件に精通している」とも限りません。「その内容の事件をできれば受任したくない」というときに、「報酬額を他の事務所よりも高く設定する」ということもあるからです。

一方で、弁護士の都合よりも「依頼人のために」弁護士費用が低く設定されている場合もあります。

「社会正義」を実現することを職業的使命とする弁護士とっては、弱者救済、被害者救済は当然に取り組むべき課題です。
そのため事案によっては、弁護士事務所の収入よりも「困っている依頼人を支援する」ことが優先される場合もあります。

更に、その分野の業務に精通していれば、他の事務所よりも低いコストで十分な業務を行える体制が整っていることも少なくありません。

たとえば、他の事務所では1日かかる業務を半日で処理できる事務所であれば、その業務にかかっているコストは半分ということができます。

他方で、「他の事務所では対応できない難しい事件でも対応できるから弁護士費用が高い」ということもあるかと思います。

以上のように、弁護士の能力は設定されている報酬額だけで計ることは難しいことが多いです。
「弁護士費用がいくらか」ということよりも、「なぜその報酬額なのか」ということに注目した方が、よい弁護士を見つけられる場合が多いでしょう。

3.依頼は「費用が一番安い」ではなく「自己破産に強い」弁護士へ!

自己破産をはじめとした債務整理は「どの弁護士に依頼しても結果が同じ」ではありません。
人生の再出発ともいえる重要な出来事である自己破産を任せる弁護士選びは、「弁護士費用の額」だけで安易に選ぶべきではないでしょう。

自己破産を検討しているときには、必ず弁護士と直接相談してから依頼するかどうかを検討することをおすすめします。

泉総合法律事務所にご相談いただければ、自己破産はもとより債務整理全般に強い弁護士が、適切なサポートを提供させていただきます。

債務整理に関する相談は何度でも無料となっておりますので、借金問題を抱えている方や債務整理を検討している方で、少しでも疑問がある場合、お早めに泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。

相談は何度でも無料です。借金の悩みや不安についてお気軽に弁護士へご相談ください。
電話番号

受付時間: 平日9:0021:00/土日祝9:0019:00

債務整理コラム一覧に戻る