自己破産した場合、いつからいつまでブラックリストに載るのか?

自己破産

自己破産した場合、いつからいつまでブラックリストに載るのか?

自己破産をするとブラックリストに登録されてしまうと言われることがあります。

ここでは、ブラックリストとは何なのか、ブラックリストと言われるものにいつからいつまで、情報が登録されてしまうのかについて、説明していきます。

1.ブラックリストとは

「ブラックリスト」と一般的に呼ばれるものが実在するわけではありません。

「ブラックリスト」と言われるものは、信用情報機関が保有する契約者の情報のことをいいます。

信用情報機関とは、金融機関やクレジットカード会社が加盟する組織のことで、顧客の与信判断のために、顧客の信用情報が登録されるものです。

信用情報は、クレジットカードやローンを利用した際の契約内容や返済状況、債務残高などに関する情報をいいます。

信用情報機関には、代表的なものとして、JICC、CIC、全国銀行協会があります。信用情報機関ごとに、加盟している会社が異なります。

2.信用情報機関に登録される期間

各信用情報機関によれば、破産に関し、次のとおり登録するとされています。

JICC 破産申立 5年以内
CIC 異動(延滞・保証履行・破産)の有無 5年以内
全銀協 官報情報 破産手続開始決定等を受けた日から10年以内

信用情報機関にご自身のどの様な情報が登録されているかについては、開示請求をすることで確認することができます。

ご自身がどこの金融機関やクレジットカード会社から借入れをしているか覚えていない場合も、開示をすることで確認することができることがあります。

開示手続の方法は、各信用情報機関のホームページなどで確認をすることができます。

3.信用情報機関登録されるデメリット

信用情報機関に登録された場合、金融機関等の与信判断に引っかかり、クレジットカードの作成やローンを組むことができないことがあります。

他方、支払いを延滞されている場合は、延滞期間中その旨の情報が登録されることになります。

したがって、自己破産を避けたからといって、信用情報機関に信用を害する不利な情報が登録されないわけではありません。

そのため、早期に信用情報機関から不利な情報の登録を消したい場合は、破産申立をした方がよい場合もあります。

4.最後に

債務整理手続をとった場合に「ブラックリスト」に登録されることにご不安の方もいらっしゃると思います。

債務のお支払いにお困りの方は、ぜひ泉総合法律事務所にご相談ください。

「ブラックリスト」に関するご説明や、各債務整理の手段のメリット・デメリットについて、ご説明いたします。

債務整理コラム一覧に戻る