自己破産 [公開日][更新日]

自己破産に強い弁護士の選び方と相談する最適なタイミング

img_bankruptcystronglawyer_ver1.0
借金の額が増えすぎて自己破産する場合、どの弁護士を選ぶか、いつ相談するかは大切なポイントです。

しかし、弁護士に相談するのは一般人にとって何かと心理的なハードルが高いものです。

この記事では、弁護士の探し方や選び方、そしていつ相談すべきかなどについて述べていきます。

1.弁護士の探し方とメリット・デメリット

まずは「どうやって弁護士を探していいかわからない」という人のために、弁護士の探し方と、その探し方のメリット・デメリットを紹介していきます。

(1) 知人に紹介してもらう

手っ取り早いのは、過去に弁護士を使ったことのある知人や友人に、その弁護士を紹介してもらうことです。

過去に弁護士を利用したことがある知人や友人がいることが前提ですが、もし周りにそういった人がいるのであれば検討してみてください。

メリット:評判が聞ける

友人や知人を通じて、その弁護士の対応や評判、人となりを聞けるのは大きなメリットです。

予めどういった弁護士なのかを大まかにイメージしてから相談に行けるので心の準備ができますし、極端に対応の悪い弁護士に当たる可能性も少なくなります。

デメリット:借金がバレる

友人知人に弁護士の紹介を依頼すると、自分の借金がバレる可能性があります。

借金がバレなくても、何らかの法的トラブルを抱えていることはわかってしまいます。
「遺言書を作ってもらおうと思って…」などと、大したトラブルでないような嘘をついてごまかしてもいいのですが、そうすると友人知人が気を利かせて弁護士に「遺言書を作りたい人がおりまして…」を予め連絡してしまう可能性があります。

(2) 公共団体や弁護士会の無料相談

役所や弁護士会などが、時折弁護士による相談会を主催しています。そういったところで弁護士に相談してみるのもいいでしょう。

無料相談会であればお金をかけることなく弁護士に会うことができます。

メリット:対応に不満がある場合、紹介先に連絡を入れるだけで済む

もし対応してくれた弁護士に不満があった場合、相談会を主催した団体に連絡して苦情を言えば解決できます。

弁護士本人以外にも問い合わせ先があるというのは、そうでない場合に比べると安心感が違います。

デメリット:通り一遍の相談に終わる可能性が高い

無料相談会には多くの人が訪れます。

弁護士はそれらの相談を時間内に処理しなければいけないので、相談しても画一的な対応をされてしまうかもしれず、弁護士の対応を見極めることができないかもしれません。

(3) 法テラスを利用する

法テラスに相談すれば、自宅や勤務先の近くの弁護士から自己破産に慣れた人を紹介してもらえます。

メリット:無料で相談可能

収入が一定額以下などの条件を満たせば、法テラスを介すことで弁護士に無料で相談できます。

自己破産を考える人は収入や貯金が少ない場合が多いので、各条件を満たしている可能性があります。

デメリット:所属の弁護士にしか依頼できない

法テラスを利用すると、法テラスと提携している弁護士にしか依頼ができません。

近所に良さそうな弁護士がいても、その弁護士が法テラスと提携していない場合は依頼ができないのです。

(4) ネット上で探す

検索サイトで「弁護士 自己破産」などと検索すれば、たくさんの弁護士が見つかると思います。

弁護士の口コミなどを見つけられれば、より自分に合いそうな弁護士を選ぶことができます。

メリット:自分の好みで検索可能

検索ワードを変えることで、自分の好みにあった弁護士を見つけやすくなります。

居住地や勤務地に近い弁護士、自己破産の実績が多い弁護士、費用が安い弁護士など、思い通りに探すことができます。

デメリット:情報の信頼性の判断が難しい

ネットの口コミなどは個人の主観によるものが多いので、どこまで信用していいのかわかりません。

口コミを信じた結果「話が違う」ということにもなりかねませんので、最終的には自分の判断が大切です。

2.自己破産に強い弁護士の選び方

ここからは、自己破産に強い弁護士を選ぶ基準を挙げていきます。

(1) 自己破産で実績があるか

弁護士が自己破産の案件を扱ったことがあるか?あるとしたらどのくらいあるか?

これらは非常に大切です。自己破産に関する知識や対応スピードに関わってきます。

(2) 費用が明確か

お金に困って弁護士に相談する以上、費用が高すぎる弁護士は避けたいところです。

後から想定外の料金を請求されないように、料金体系が明確な弁護士事務所を選びましょう。

(3) 無料相談ができるか

いきなり料金を払って相談してしまうと、「この弁護士を変えたら料金がムダになってしまう」という心理が働いて、冷静な判断ができなくなってしまいます。

最低でも初回無料相談を実施している弁護士に相談し、対応などを確かめてください。

(4) 弁護士費用の分割払いが可能か

自己破産するために弁護士に相談する以上、弁護士費用にはこだわるべきです。

一括で支払えるとは限らないので、分割払いに対応しているかどうかは確認しておくといいでしょう。

(5) 弁護士費用が極端に相場より安くないか

弁護士費用にはこだわるべきですが、安すぎるとそれはそれで不安です。

あとから追加料金を請求されるケースもゼロではありませんし、何かしらの問題があるため格安の料金設定にしているのかもしれません。

3.自己破産を相談すべきタイミング

自分にあう弁護士がいたとして、どのようなタイミングで相談するといいのでしょうか?

答えとしては、「自己破産を考えるべきタイミングになったら、できるだけ早く」がベストでしょう。

では、自己破産を考えるべきタイミングとはいつなのでしょうか?

(1) 支払い不能状態となったとき

借金を返せる見込みがない、あるいは返しても返しても借金が減らないような状態のときは、支払い不能状態にあると言えます。

また、リストラで収入がない、病気で働けないような場合は現実的に借金を返済できません。

借金が減らなくなった、無理に返済すると生活が破綻するなどの場合は、自己破産を検討してみましょう。

(2) 生活保護を受給した後

生活保護を受給している人は、法テラスを通すことで弁護士費用の負担が軽減されます。

生活保護を受ける前に自己破産をするよりも、生活保護を受け取り始めてから自己破産した方がいいかもしれません。

(3) 退職金をもらう前

退職金をもらった後に自己破産すると、自己破産時に退職金が処分の対象になってしまいます。

退職金をもらう前に自己破産すれば、退職金の1/8または1/4が評価額となるので、退職金をもらった後で手元に残せるお金が増えます。

(4) 離婚しようと考えているとき

自己破産直前の離婚は、財産を隠す手段とみなされる可能性があります。

自己破産の半年以上前の離婚であれば財産隠しと思われる危険性が比較的少ないので、自己破産を考えているのであれば早めに離婚してしまうのも手です。

詳しくは弁護士に相談してみましょう。

4.まとめ

自己破産を考えたら、できるだけ早く弁護士に相談してください。

弁護士に相談すれば、実際に自己破産をするタイミングや、そもそも自己破産をすべきかどうかなど教えてもらえます。

「返済がきつい」「今月返済できないかも」と思ったら、とにかく弁護士に相談してみましょう。

泉総合法律事務所は何度でも相談無料なので、お気軽にお問い合わせください。自己破産に実績のある弁護士が親切に対応いたします。

債務整理コラム一覧に戻る