ギャンブルが原因の借金も免除される!?裁量免責で自己破産

自己破産

ギャンブルが原因の借金も免除される!?裁量免責で自己破産

ギャンブルが原因で作った借金は、自己破産をしても借金免除にはならない(自己破産できない)」という噂をよく耳にします。しかし、これは誤りです。
ギャンブル(パチンコ・スロット・競馬など)で作った借金でも、自己破産手続をとれば免除になります。

とは言っても、自分の欲求や、遊び目的で作った借金が免除されることに違和感や抵抗感を覚える方も少なくないかと思います。

ここでは、「ギャンブルが原因なのに本当に自己破産できるのか?」「ギャンブルが原因による自己破産手続の注意点は何か?」などについて解説していきます。

1.免責不許可事由

自己破産手続では、「なぜ借金をしたのか?」という借金の理由が問われ、それについて正直に報告する必要があります。なぜなら、破産法の中で、「この理由で借金をしたなら免除にはしない」という項目がいくつか定められているからです。

その項目全てを「免責不許可事由」と言い、ギャンブル(パチンコ・スロット・競馬など)も免責不許可事由に該当します。

「え?じゃあ、免責不許可事由に該当したら、結局自己破産しても借金は免除されないの?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、ギャンブルで作った借金でも、自己破産手続をとれば免除になるという制度があります。その制度について、以下に説明します。

2.裁量免責

自己破産手続の一番の目的は、「借金を免除し、人生を再スタートさせること」とされています。たとえギャンブルが原因で借金を作った人でも、この目的に沿って借金が免除される旨がきちんと自己破産の法律に定められており、これを「裁量免責」と言います。

(1) 管財人(弁護士)

ギャンブルなどの免責不許可事由がある場合、自己破産手続は、裁判所が選任する弁護士を就けて進められます。

この弁護士を「管財人」と言い、管財人は自己破産する人がもうギャンブルをやっていないか、借金をしてまでギャンブルしたことを反省しているのかなどを調査し、問題がなければ借金の免除を認める報告を裁判所にしてくれます。

(2)「裁量免責」の条件

管財人は、どちらかというと債権者側(お金を貸した側)の立場の弁護士ですので、本当に借金を免除していいのか目を光らせています。

現在ギャンブルを止めている事実や、反省の態度などを確認するために、管財人は「家計全体の状況」と「反省文」これら2点の提出を求めてくるケースが多いです。

①家計全体の状況

「家計全体の状況」は、ギャンブルなどの遊興費の支出が抑えられており、自身の収入の範囲内で生活ができていることを示すことができるもので、「人生の再スタートのために借金を免除することが必要である」ことを管財人に理解してもらうための資料となります。

②反省文

「反省文」は、大袈裟ですがこれまでの過去の過ちを認め、お金を貸してくれた業者などに対する謝罪の意や、「二度とギャンブルをしないこと、借金をしないこと」との決意表明を示すための資料となります。

ちなみに、ギャンブルを止めていなかったり、反省の態度を示さなかったりした場合、借金の免除は間違いなく認められませんので、この点は注意が必要です。

3.ギャンブルはバレる?

自己破産する人の中には、ギャンブルをしたことを隠そうとする人がいます。
しかし、いくら隠そうとしても、ギャンブルが原因の借金はいずれバレてしまうことになります。

なぜなら、自己破産の依頼を受けた弁護士は、各債権者に対して受任通知を送り、借金の履歴を開示してもらうよう要求しますが、その履歴を見れば「いつ・いくら借りたのか」を確認することができるからです。

(1) なぜバレるのか

先ほども述べましたが、自己破産手続では「なぜ借金をしたのか?」という借金の理由を問われます。

自己破産手続の依頼を受けた弁護士は、各債権者から届いた履歴内容と、自己破産する人の当時の収入状況や生活状況についてのヒアリング内容をもとに、借金の理由に関する報告書を作成します。

この聞き取りの中で、ギャンブルしたことを打ち明けない人がいるのですが、生活費で借りたと嘘をついても、各債権者の履歴や過去の預金通帳などを見れば、「生活費で借りるわけがない」ということが分かってしまいます。

たとえば、本当はパチンコのために借金をしていたのに、生活費で借りたと嘘をつくケースです。預金通帳や源泉徴収票を見るかぎり、一定以上の収入を得ていたにもかかわらず、ほぼ毎日キャッシングをしている人がいます。
また、債権者から開示された履歴をさらによく見ると、同じ日に何回もキャッシングをしていることがあります。

想像してみてください。一定以上の収入を得ているのに生活費が不足し、生活費のために毎日何回もキャッシングするでしょうか?

(2) 隠した結果どうなるか

このような理由から、自己破産手続に精通している弁護士は、借金の理由に対する嘘は必ず見破ります。

弁護士に嘘をつくと、そもそもの信頼関係が破綻してしまいますので、最悪の場合その弁護士に自己破産手続をお願いすることもできなくなってしまいます。

また、裁判所や管財人へ嘘をつくことは、重大な免責不許可事由に該当しますので、借金の免除はほぼ認められないと言ってよいでしょう。

借金の原因がギャンブルでも、それを隠さず素直に打ち明けることが大切です。

4.まとめ

以上のとおり、ギャンブルで作った借金でも、自己破産手続をとれば免除になります。ですが、そのためには、

  1. 自己破産をお願いする弁護士などに借金の理由を正直に打ち明けること
  2. ギャンブルを止めること
  3. 借金をしてまでギャンブルをしたことを反省すること

これら3点がとても重要になります。

5.ギャンブルの借金解決は泉総合へ

泉総合法律事務所では、これまでギャンブルが原因で借金をした人から多数相談をいただいおり、自己破産手続によって解決した実績が豊富にあります。

借金問題でお悩みの方は、すぐに泉総合法律事務所までご連絡ください。借金問題に関する相談は何度でも無料ですので、安心してご連絡いただければと思います。

債務整理コラム一覧に戻る