自己破産 [公開日][更新日]

自己破産後でもキャッシング(借入)ができる?そのリスクと注意点

「自己破産してもキャッシング可能」や「ブラックでも審査に通るカード」などを売りにした会社が、インターネット上で広告をしているのを見かけたことはありませんか?

これらの会社から借りても本当に問題ないのか、と疑問に思う方もいらっしゃると思います。
実際のところ、自己破産後でも、このような広告をしている貸金業者からはお金を借りることができる場合があります。しかし、そうだとしても、一定のリスクが伴う可能性が高いです。

今回は、自己破産後のキャッシング問題について解説します。

1.自己破産後の借金は原則できない

自己破産以後はしばらく借金できない、というのは半ば常識となっていますが、それは貸金業界の中のルールであって、実は、自己破産直後の人にお金を貸してはいけないという法律は存在しないのです。

しかし、ほとんどの業者は自己破産直後の人にはお金を貸してくれません。
それは何故なのでしょうか?

実は、自己破産をしても法律上は融資を禁じられている訳ではありませんが、自己破産後、一定期間借金ができない理由が存在します。

その理由が、「ブラックリストへの登録」です。

自己破産から5~10年間は、信用情報機関に事故情報の記録が残ります。
各貸金業者は、自己破産をした人にお金を貸すのはリスクが高いという認識から、審査時にこの記録をチェックするのです。

このような理由から、自己破産直後に借金をすることは難しいです。
なお、ブラックリストについては以下をご参照ください。

[基礎知識]

ブラックリストとは

2.事故情報が消えても借入できない場合

自己破産から5~10年経過すると事故情報が消えますが、その後も必ず借りられるという保証はありません。

(1) 社内ブラック

信用情報機関のブラックリストを脱出した場合でも、社内ブラック扱いで融資を受けられないことはあります。

自己破産時に免責決定されたときの債権者が金融業者の場合は、その社内には借金を踏み倒した者として永久に社内データが残ります。これを「社内ブラック」といい、信用情報機関の事故情報が消えた後でもデータが消えることはありません。

社内ブラックに登録されると、以後その会社から融資を受けることは非常に困難です。ブラックリストの喪が明けてお金を借りるときは、自己破産時の債権者以外の会社からの借入を検討しましょう。

(2) 「ホワイト」にも要注意

ブラックリストの登録が消えても、審査に落ちることがあります。
その理由は、ブラックが終わると、信用情報機関の履歴がリセットされ、利用履歴が一切なくなるからです。

事故情報をブラックリストと言うのに対し、過去にブラックリストに載ってしまったことで信用情報機関に情報がない状態を「ホワイト」と呼びます。

信用情報機関に履歴がないのは「現金主義でカードを持っていない人」か「過去に金融事故を起こしブラックリストの喪が明けた人」のいずれかなので、実はいずれも審査では不利に働きます。

特に後者だと思われた場合、いきなりカードやローンの申し込みをしても通る可能性は低いでしょう。

そのため、ホワイトの人が借り入れをするには、ブラックの喪が明けたら、手始めに携帯電話の分割契約に申し込むことをおすすめします。
携帯の分割払いでもクレジットヒストリーを作ることは可能で、しかも審査に通りやすい点がメリットです。

携帯電話の審査にも落ちる場合はカードの申し込みをしてもまず審査に通らないので、カード申し込みの予行演習として試す意味でもおすすめです。

最低でも半年ほど支払いをすればホワイトの状態からは抜け出せるので、信用を作った段階で、自己破産で借金整理をした業者を除いて、クレジットカードやローンの申し込みをしてみましょう。

3.自己破産後に借入可能な場合

自己破産後をすると通常は新たな借入はできませんが、自己破産後でも利用できる金融機関は存在します。

自己破産後は大手の貸金業者は利用できませんが、規模の小さい消費者金融であれば利用できる可能性もあります。その理由は以下の通りです。

(1) 独自の審査基準があり、信用情報にとらわれない

規模の小さい消費者金融は利用者が少ないので、大手並みの審査基準を設けると顧客を確保することが難しいのが現実です。

そのため、独自の審査基準を設け、その基準に達していれば、仮にブラックリストに載っていても審査に通ることがあります。

実際に、中小の業者は、銀行カードローンや大手の消費者金融の審査に落ちた人が最後の砦として利用するような存在で、属性がよければ債務整理後に審査にパスすることもあるのです。

(2) 仕事があれば返済能力ありと考えている

規模の小さい消費者金融では、自己破産をした人でも仕事があれば借金を返済することは可能であると考え、返済能力に問題がなければ信用情報に関わりなく貸してくれる可能性があります。

(3) 自己破産直後であれば、他の債務を気にせずにすむ

自己破産の最大のメリットは借金が全て免責される点で、自己破産直後であれば他の債務は全くない状態になります。

自己破産をした人に貸すと「同じことを繰り返すのでは?」という不安もありますが、仕事に就いていて他に借金がないのであれば、実は貸倒れの心配が少ない状態とも言えます。

よって、信用情報に難ありでも、実質的なリスクは少ないと判断されれば、柔軟な対応をしてもらえる可能性は高いのです。

以上のような中小の消費者金融は、大手の業者に比べると利息は高めです。もちろん、高いと言っても法定利息の上限を超えた利息をとることはありません。

貸金業者が違法な利息をとると、行政処分の対象となり、金利が出資法の上限を超えると刑事罰の対象となるので、利息は最大でも20%以下です。

しかし、中小の業者の場合は上限金利一杯の設定にしていることが多く、利息の面でお得とは言い難い点はデメリットです。

【闇金などの悪徳金融業者】
自己破産をしても借入できる業者の中には、闇金などの悪徳金融業者も存在します。
最近では「ソフト闇金」なる業者も登場し、こちらはネットで大々的に宣伝しています。ソフトといっても闇金であることには変わりなく、従来型の闇金に比べて宣伝手法も洗練されているので、つい手が出やすい点も要注意です。
闇金の取り立ては非常に強気で、法律で禁じている脅しやいやがらせを伴った督促が行われています。
督促方法だけを見ても、闇金の利用は大きなリスクを伴うので、自己破産後にお金を貸してくれると言われても絶対に関わらないようにしてください。

4. 違法業者の見分け方

上記の通り、ヤミ金などの違法業者に借りるのはよくないですが、どのようにしたら違法業者かどうかを見分けることができるでしょうか。

(1) 法定外の金利

悪徳金融業者の特徴は利息が法外に高い点です。
トイチと呼ばれる10日で1割の利息をとることは有名で、中には10日で1割(トイチ)、10日で5割(トゴ)という利率も存在します。

正規の業者から10万円を借りた場合の法定利息は最大でも20%なので、1年後に返済しなければならないのは最高でも12万円です。

しかし、トイチで10万円を借りた場合、10日ごとに10%の利息が加算されるので、1年で3,142%の利息がつき、1年間後に返済しなければならない額は324.2万円です。

この差を見るだけでも、悪徳業者が如何に高額な利息をとっているかがお分かり頂けると思います。

よって、金利が法定利息を超えている場合は、正規の業者ではないと見て間違いないでしょう。

(2) 都道府県に貸金業者として登録していない

闇金は都道府県に貸金業者として登録をしていません。
貸金業者として登録済みの業者かどうかは、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で調べることができます。

また、闇金を含む悪徳業者については財務局や金融庁のHPに記載されているので、疑わしいかな?と思ったら確認することをおすすめします。

(3) 連絡先が固定電話でなく携帯電話になっている

闇金の特徴は連絡先が携帯電話になっている点です。

正規の業者は固定電話を設置することが義務付けられていますが、闇金のような違法な業者は身元がバレないように、固定電話、事務所を持つことなく営業をしています。

(4) 審査不要・ブラックOKなどと広告などに記載

審査不要、ブラックでもOKというキャッチコピーで募集している業者はほぼ闇金業者です。

普通に考えて、きちんとお金が返ってくるかどうかも分からない相手に対し、審査もせずに積極的にお金を貸したい人はいません。

もし、これから借り入れをしようとする業者に上記の特徴があり、ひょっとして闇金かな?と思ったら、絶対に関わらないようにして下さい。

闇金について詳しく知りたい方は、以下のコラムがオススメです。

[参考記事]

闇金被害は弁護士に相談を

5.債務整理のお悩みは泉総合法律事務所へ

自己破産をした人が借入をする場合、今本当にお金が必要なのかをもう一度考えてみましょう。
もし、借入をするなら、絶対に今度は滞納しないという決意が必要です。

万が一闇金に関わってしまったり、再度の借入をしなければならないほど生活が困窮したりしている場合、お早めに泉総合法律事務所までご相談ください。

泉総合法律事務所には、闇金でお金を借りてしまった方や、二度目の自己破産を検討したいという方も多数ご相談にいらっしゃいます。債務整理に関する様々なお悩みに、専門家が親身になって対応させて頂きます。

債務整理のご相談は何度でも無料となっておりますので、借金のお悩みはどうぞ安心してご相談・ご依頼ください。

債務整理コラム一覧に戻る