自己破産 [公開日]2018年6月21日[更新日]2021年1月20日

自己破産に強い弁護士の選び方・探し方

img_bankruptcystronglawyer_ver1.0

借金の額が増えすぎて自己破産を考えた場合、失敗せずに手続きを終えるためにも「どのような弁護士を選ぶか」「自己破産に強い弁護士に依頼できるか」は大切なポイントです。

しかし、弁護士に相談するのは一般人にとって何かと心理的なハードルが高いものです。「何を基準に選べば良いのか」「探し方自体が分からない」と言う方も多いでしょう。

この記事では、弁護士の探し方や選び方など、自己破産を頼む弁護士選びのポイント、そしていつ相談すべきかなどについて述べていきます。

1.弁護士の探し方

まずは「どうやって弁護士を探していいかわからない」という人のために、弁護士の探し方をご紹介していきます。

(1) 知人に紹介してもらう

手っ取り早いのは、過去に弁護士を使ったことのある知人や友人に、その弁護士を紹介してもらうことです。

過去に弁護士を利用したことがある知人や友人がいることが前提ですが、もし周りにそういった人がいるのであれば検討してみてください。

友人や知人を通じて、その弁護士の対応や評判、人となりを聞けるのは大きなメリットです。
予めどういった弁護士なのかを大まかにイメージしてから相談に行けるので、心の準備ができますし、極端に対応の悪い弁護士に当たる可能性も少なくなります。

しかし、友人知人に弁護士の紹介を依頼すると、自分の借金がバレる可能性があります。
借金がバレなくても、何らかの法的トラブルを抱えていることは分かってしまうでしょうから、その点は注意が必要です。

(2) 公共団体や弁護士会の無料相談

役所や弁護士会などは、時折弁護士による相談会を主催しています。そういったところで弁護士に相談してみるのもいいでしょう。

無料相談会であれば、お金をかけることなく弁護士に相談することができます。

しかし、無料相談会には多くの人が訪れます。
弁護士はそれらの相談を時間内に処理しなければいけないので、相談しても画一的な対応をされてしまうかもしれません。

(3) 法テラスを利用

収入が一定額以下などの条件を満たせば、法テラスを介すことで弁護士に無料で相談できます。

自己破産を考える人は収入や貯金が少ない場合が多いので、各条件を満たしている可能性があります。

なお、法テラスを利用すると、法テラスと提携している弁護士にしか依頼ができません。

自己破産の相談先については、以下のコラムで更に詳しく解説しています。

[参考記事]

自己破産を考えた時、どこに相談するべきか?

(4) ネット上で探す

検索サイトで「自己破産 弁護士」などと検索すれば、たくさんの弁護士が見つかると思います。

居住地や勤務地に近い弁護士、自己破産の実績が多い弁護士、費用が安い弁護士など、思い通りに探すことができます。口コミなどを見つけられれば、より自分に合いそうな弁護士を選ぶことができるでしょう。

ただし、ネットの口コミやランキングなどは個人の主観によるものが多いので、どこまで信用して良いのか分かりません。

口コミを信じた結果「話が違う」ということにもなりかねませんので、最終的には自分の判断が大切です。

2.自己破産に強い弁護士の選び方

ここからは、自己破産に強い弁護士の選び方をご紹介します。

(1) 自己破産の実績があるか

「弁護士が自己破産の案件を扱ったことがあるか?」「あるとしたらどのくらいの件数を解決してきたか?」というのは非常に大切です。

これは、自己破産に関する知識や対応スピードに関わってきます。

自己破産は裁判所を介す厳格で複雑な手続きです。準備するべき書類も多岐に渡ります。
経験豊富な弁護士の方が不備・失敗もなく、適切に手続きを進められるでしょう。

また、債務整理では、弁護士から受任通知が債権者に送られると、督促はストップします。これだけで精神的にかなり楽になるので、一刻も早く手続きを進めてもらうことが肝心です。

その後も何度か弁護士と打ち合わせする必要があるので、あまりに対応が遅いと不信感にもつながります。

(2) 費用が明確か

お金に困って弁護士に相談する以上、費用が高すぎる弁護士は避けたいところです。

かといって、「安いから」という理由だけで選ぶのは危険です。
あとから追加料金を請求されるケースも0ではありませんし、何かしらの問題があるため格安の料金設定にしているのかもしれません。

先述の通り、多少費用が高くとも自己破産の経験豊富な弁護士に依頼をする方が失敗もなく安心でしょう。

少なくとも、料金体系が明確な弁護士事務所・初回相談時に費用についてしっかりと説明をしてくれる弁護士事務所を選びましょう。

[参考記事]

自己破産の弁護士費用|相場はいくら?安く抑える方法は?

なお、最近は初回無料相談を実施している弁護士事務所も多いため、いくつかの弁護士事務所の無料相談を利用し、費用以外でも依頼者に対する態度・対応などを確かめることをお勧めします。

分割払いに対応しているかどうかも確認しておくと良いでしょう。

(3) 親身になって対応をしてくれるか

弁護士は「話をちゃんと聞いてくれる人」を選びましょう。
分からないことについて、納得できるように説明をしてくれるかどうかも大事なポイントです。

相談者の不安・質問を真剣に受け止めた上で、手続きに必要な情報を丁寧に聞き出し、納得できる説明をきちんとしてくれる弁護士は信頼できると言えます。

相手の人柄や仕事への姿勢は、実際に話をしてみないと分かりません。
まずは相談に行って実際に会ってみることが第一歩です。

(4) 事務所の立地

弁護士に依頼する場合は、事務所の立地も大事です。自宅からあまりにも遠い場合はおすすめできません。

全国対応、来所不要と謳う事務所もありますが、やはり依頼をする弁護士には一度会ってみることがお勧めです。

また、自己破産の際は破産者の住所を管轄する地方裁判所に申立をするので、弁護士事務所が遠ければ遠いほど、裁判所までの弁護士の日当や交通費負担も高額になります。
(こうした実費に関しては依頼者が支払わなければなりません。)

以上を踏まえると、絶対ではありませんが、できるだけお住まいに近い弁護士を探すことをおすすめします。
特に法テラスを利用したい場合については、たとえば県外が管轄裁判所の場合利用できません。

3.自己破産を相談すべきタイミング

自分に合う・依頼したいと思える弁護士が見つかったとして、どのようなタイミングで相談・依頼するといいのでしょうか?

答えとしては、「自己破産を考えるべきタイミングになったら、できるだけ早く」がベストでしょう。

借金が減らなくなった、無理に返済すると生活が破綻するなどの場合は、自己破産を検討してみましょう。

相談のタイミングについては、以下のコラムで詳しく解説しています。

[参考記事]

自己破産の申立のタイミング

4.まとめ

自己破産を考えたら、できるだけ早く弁護士に相談してください。
弁護士に相談すれば、実際に自己破産をするタイミングや、そもそも自己破産をすべきかどうかなどもアドバイスしてもらえます。

泉総合法律事務所は、借金問題については何度でも相談無料なので、お気軽にお問い合わせください。
自己破産に実績のある弁護士が親切に対応いたします。

相談は何度でも無料です。借金の悩みや不安についてお気軽に弁護士へご相談ください。
電話番号

受付時間: 平日9:0021:00/土日祝9:0019:00

債務整理コラム一覧に戻る